諸葛亮とは?

しょかつ‐りょう〔‐リヤウ〕【諸葛亮】

181234中国三国時代の、蜀漢(しょっかん)の丞相琅邪(ろうや)(山東省)の人。字(あざな)は孔明劉備(りゅうび)に仕え赤壁の戦いで魏(ぎ)の曹操を破った。劉備没後その子劉禅補佐出師(すいし)の表を奉って漢中出陣五丈原で魏軍と対陣中に没した。

諸葛亮の画像

諸葛亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 02:22 UTC 版)

諸葛 亮(しょかつ りょう、拼音: Zhūgě Liàng ジューガー・リャン、181年 - 234年)は、中国後漢末期から三国時代蜀漢武将軍師)・政治家孔明こうめい


注釈

  1. ^ 後世において孫盛は、この言「事業が成就しなければそれはそれでしかたがない。どうして彼らに屈服できようか」をまことに壮烈であって、臆病者の心をも奮い立たせると評し、魏に降伏した劉禅や譙周を批判している。
  2. ^ 諸将は皆、馬謖ではなく魏延・呉懿を推挙したが、諸葛亮は聞き容れなかった。
  3. ^ この戦いは、王平の張郃撃退と追撃時の戦死を除くと勝敗優劣は『三国志』本伝に書かれておらず、蜀軍が撤退した理由も兵糧不足とある。習鑿歯の『漢晋春秋』では、蜀軍が魏軍の郭淮・費曜・司馬懿を破ったとしている。経緯は異なるが『蜀記』にも蜀軍が魏軍に大勝した話が書かれている。『晋書』では、魏軍が蜀軍を撃退、追撃して大勝したとしている。『漢晋春秋』に書かれた戦いは『三国志』蜀書王平伝にもあるが、王平伝では王平が張郃を撃退したこと、司馬懿が諸葛亮を攻撃したことには触れているがその勝敗は書かれていない。『三国志』後主伝・諸葛亮伝・張郃伝また『魏略』『太平御覧』では、蜀軍を追撃した魏の張郃が射殺されたことのみ言及され、勝敗には触れていない。この戦いの後、魏では蜀軍を撤退へ追い込んだ功により官位の引き上げが行われ、蜀漢で官位の引き下げは行われていない。
  4. ^ また「諸葛亮の行軍は安定・平静で行動しやすく、堅固・慎重で進退自在であり、法令は明快にして信賞必罰を旨としていたため、士卒は勇んで戦った。諸葛亮が行軍中に作った軍営・井戸・かまど・厠・砦などは立派で規則に適い、撤退する時はそれらをすっかり取り去っていった。また諸葛亮は役所・宿場・橋・道路の修築を好んだが、(袁子によれば)諸葛亮は国家の根幹を確立することで末端も治まるとの方針に基づいてこれらの工事を奨励した。諸葛亮の統治により、田畑は開墾され、武器の性能は良くなった」とも評している。
  5. ^ 南宋の安子順は李密の陳情事表、韓愈の祭十二郎文と並んで古文の三大傑作としている。
  6. ^ 諸葛亮が陸中にいた際、よく口すさんでいた詩『梁父吟』は諸葛亮の作という説もある。

出典

  1. ^ 『校補襄陽耆旧記』(中華書局、2018年)巻2・人物「蒯欽」の記述より。
  2. ^ 魏志「明帝紀」所引の『魏略』より。蜀志「費詩伝」では、諸葛亮は孟達に誠実な心がないと思っていたため、救助しなかったとある。
  3. ^ 「魏延伝」の記述より。『魏略』によると、この時魏延は長安を急襲する作戦を提案している。
  4. ^ 呉の張儼『黙記』、習鑿歯『漢晋春秋』より。
  5. ^ 狩野直禎 1976, p. 89.
  6. ^ a b c 狩野直禎 1976, p. 91.
  7. ^ a b 狩野直禎 1976, p. 92.
  8. ^ 渡邉義浩 1998, p. 7.
  9. ^ a b 今鷹真・小南一郎・井波律子 1982, p. 373.
  10. ^ 今鷹真・小南一郎・井波律子 1982, p. 374.
  11. ^ 渡邉義浩 1998, p. 8-9.
  12. ^ a b 渡邉義浩 1998, p. 9.
  13. ^ 狩野直禎 1976, p. 103-105.
  14. ^ 狩野直禎 1976, p. 94.
  15. ^ 『三国志』蜀書諸葛亮伝の注に引く孫盛の『異同記』によれば、蜀(益州)の長老が「陳寿が諸葛亮の子の諸葛瞻の部下だったとき、諸葛瞻から恥辱を受けた。陳寿はそのことを根に持って、諸葛瞻は政治の乱れを矯正できなかったと『三国志』に書いた」と語ったという。
  16. ^ 渡邉義浩 1998, p. 10.
  17. ^ 渡邉義浩 1998, p. 7-9.
  18. ^ a b 渡邉義浩 1998, p. 11.
  19. ^ 渡邉義浩 1998, p. 13-15.
  20. ^ 渡邉義浩 1998, p. 15-18.
  21. ^ 渡邉義浩 1998, p. 23-24.
  22. ^ 渡邉義浩 1998, p. 31-32.
  23. ^ 土屋文子「現代中国の諸葛孔明批判」『歴史読本 特集 三国志 七人の軍師』1993年4月号、新人物往来社、 152-157頁。
  24. ^ 『演義』の版本として現在最も通行している毛宗崗本では、この部分は削除されている。
  25. ^ (リレーおぴにおん)私の三国志:2 諸葛姓に誇り、家系図1万3000人/諸葛坤亨さん朝日新聞』朝刊2020年9月15日(オピニオン面)同日閲覧
  26. ^ 諸葛八卦村 -浙江省観光局公式ページより。一部修正。
  27. ^ プレミア音楽朗読劇『VOICARION Ⅹ 大阪歴史絵巻~孔明最後の一夜~』”. 東宝. 2021年1月18日閲覧。





諸葛亮と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「諸葛亮」の関連用語

諸葛亮のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



諸葛亮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの諸葛亮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS