徐晃とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 人名 > 三国志小事典 > 徐晃の意味・解説 

徐晃Xu Huang

ジョコウ
ジヨクワウ

(?~227
魏使持節右将軍平陽壮侯

字は公明河東郡楊県の人。

はじめ郡役人となり、車騎将軍楊奉付き従って賊討伐功績立て騎都尉に任じられた。長安李傕郭汜抗争が始まったので、天子を奉じて洛陽帰るようにと進言すると、楊奉はそれに従い、天子黄河渡って安邑まで来たとき都亭侯に取立てられた。洛陽到着するまたもや韓暹董承連日抗争繰り返したので、曹操帰服するように楊奉勧めた。楊奉はそれに従おうとしたが気が変わり曹操において楊奉討伐し、徐晃は曹操降伏する。

徐晃は曹操の兵を与えられ、命令を受けて巻・原武の賊を討伐し、裨将軍に任じられた。呂布征討では別働隊を率いて趙庶雛らを降伏させ、河内では史渙とともに眭固を斬った。また曹操に従って劉備撃破し、また従って顔良を破って白馬陥落させ、さらに進んで延津文醜撃破した。偏将軍昇任する。曹洪とともに〓彊の賊祝臂を撃ち破り、史渙とともに故市で袁紹軍の輜重車攻撃し、最大戦功挙げたので都亭侯に取立てられた。

曹操が鄴を包囲し、邯鄲を破ると、易陽県韓範が城を挙げて降伏すると偽り、城に立て籠もって抵抗した。徐晃は曹操から攻略の命を受け、城下から矢文を放って得失説くと、韓範後悔して徐晃に降った。徐晃は「いま易陽を滅ぼせば、二袁に荷担している諸城必死になって抵抗するでしょう易陽降伏を許すべきです」と進言すると、曹操はこれに同意した。別働隊として毛城を攻撃したが、伏兵用いて敵の三陣営を破った。また曹操従軍して南皮袁譚撃破し、平原逆賊討伐した。蹋頓征伐にも従軍して横野将軍に任じられた。

荊州平定従軍し、別働隊として樊に駐屯中廬臨沮宜城の賊を討伐した。満寵とともに漢津で関羽を撃ち、曹仁とともに江陵周瑜攻めた。建安十五年(二一〇)、太原郡叛乱鎮圧にあたり大陵包囲して陥落させ、指導者商曜を斬った。

韓遂馬超らが叛乱すると、汾陰駐屯して河東鎮め、このとき牛酒を拝受して先祖の墓を祭った。曹操潼関到着すると、黄河を渡れないことを心配して徐晃に尋ねた。徐晃は「賊軍別働隊蒲阪守備させておらず、彼らに考えがないことが分かります。私に精鋭お貸しくだされば、蒲阪津渡って陣営を築き、敵の背後分断いたします」と答えた。徐晃は歩騎四千人与えられ、蒲阪津を渡った。まだ塹壕木柵完成しないうちに、賊の梁興が歩騎五千人で夜襲掛けてきたが、徐晃はこれを撃退した。かくて曹操黄河を渡ることができ、馬超らを撃ち破る。

徐晃・夏侯淵は隃麋・汧の氐族を平定しながら安定曹操合流することとなった。しかし曹操が鄴に帰還することとなり、徐晃・夏侯淵は鄜・夏陽残りの賊を平定した。徐晃は梁興を斬り、敵に属していた三千戸を降伏させた。張魯征討にも従軍し、別働隊として櫝・仇夷の氐族たちを討伐、彼らを全て降伏させた。平寇将軍に進められる。将軍張順を賊の包囲から救い、陳福らの三十ヶ所陣営攻撃全て撃ち破った。

曹操が鄴に帰還すると、徐晃・夏侯淵漢中陽平駐屯して劉備を防いだ。劉備陳式十余りの部隊派遣して馬鳴閣の街道断ち切ったが、徐晃は別働隊を率いてこれらを破った。陳式らの軍勢谷間落ち多く死者出した。曹操報告を受けて喜び、徐晃に仮の節与えて「馬鳴閣は漢中要害であり劉備内外断ち切ろうとしたが、将軍一挙に敵の作戦阻止した。善のなかの善である」と布告出した。曹操は自ら陽平出陣して、漢中軍勢引き揚げさせた。

関羽包囲された曹仁救援すべく宛城駐屯する。このころ漢江があふれたため于禁らは水没した。関羽樊城曹仁襄陽呂常包囲した。徐晃の手勢は新たな降伏者ばかりで、関羽と戦うことは困難だったので、陽陵陂まで陣を進めた。曹操将軍徐商呂建らを徐晃のもとに派遣して、ともに進撃するよう命じた。

関羽軍は偃城に布陣した。徐晃は到着してすぐ塹壕の道を造り、敵の背後断ち切るように見せかけた。かくて敵は陣営焼き払って退却した。徐晃は偃城を手に入れ両面に陣を連ねてゆっくりと前進し、関羽包囲網まで三丈のところまで近づいた。曹操前後して殷署朱蓋十二営の軍兵を徐晃に派遣した。

敵は囲頭と四冢に陣営出していたが、徐晃は囲頭を攻撃すると宣言しながら実際には四冢を攻撃した。関羽は自ら歩騎五千を率いて四冢に駆け付けたが、徐晃はこれと戦って撃破した。そのまま追撃し、彼らに続いて包囲陣に突撃して、それを破った。敵のなかにはに身を投げて死ぬ者もいた。

曹操布告に言う。「賊軍包囲して塹壕逆茂木を築くこと十重であった。将軍攻撃しては全て勝利し、敵包囲網陥れ多数の首を斬った。わしは三十年余りも兵を用い、また古代の戦上手も聞き知っているが、長駆して敵包囲網突撃した者はいなかった。しかも樊城襄陽戦況は、戦国時代の燕が斉の莒・即墨包囲したときより困難だった。将軍功績孫武司馬穰苴より勝れている」。

徐晃は摩陂に凱旋した。曹操七里先まで出迎え大い宴会催した曹操は杯をかかげて徐晃に酒を勧め、「樊城襄陽を保てたのは将軍功績だ」と彼をねぎらった。このとき諸将軍勢集結しており曹操諸軍視察したところ、いずれも兵卒たちが持ち場離れ見物していたが、徐晃の軍営だけは将兵整然と陣に着いていて動かなかった曹操は「徐将軍には周亜夫風格がある」と感嘆した。

徐晃の人柄は慎重でつつましく出陣ときには遠くまで間者出しておき、勝てない場合のことを想定したあとで戦いを始めた。敗走する敵を追撃するときは兵士食事の暇もなかった。彼はつねづね嘆息して「古人明君巡り会うことが苦難であったが、私には幸運にもそれができた。手柄立てて力を尽くなければならず、我が身名声心配するつもりはない」と言っていた。ついに交友を広げたり、力ある者に頼ったりすることはなかった。

曹丕王位につくと右将軍拝命し、逯郷侯に封じられた。曹丕帝位につくと楊侯に進められる。夏侯尚とともに上庸劉備軍を撃ち破った。陽平鎮撫を命じられ、陽平侯に移封となった。明帝曹叡即位すると、呉の諸葛瑾襄陽で防いだ。二百加増され、都合三千一百戸となる。病が重くなり、その季節の衣服を着せて葬るよう遺言した。太和元年(二二七)に亡くなり、壮侯と諡された。

上庸劉備軍を退けたのち陽平を守ったというのであるから、東郡陽平解することは適当でない《集解》。おそらく西城郡平陽誤りだろう。

参照殷署 / 于禁 / 袁紹 / 袁譚 / 夏侯淵 / 夏侯尚 / 郭汜 / 関羽 / 韓遂 / 韓暹 / 韓範 / 顔良 / 史渙 / 司馬穣苴 / 朱蓋 / 周亜夫 / 周瑜 / 祝臂 / 徐商 / 諸葛瑾 / 商曜 / 眭固 / 曹叡 / 曹洪 / 曹仁 / 曹操 / 曹丕 / 孫武 / 張順 / 張魯 / 趙庶 / 陳式 / 陳福 / 董承 / 蹋頓 / 馬超 / 文醜 / 満寵 / 楊奉 / 李傕 / 雛 / 劉協天子) / 劉備 / 呂建 / 呂常 / 呂布 / 梁興 / 安定郡 / 安邑県 / 囲頭 / 〓彊侯国 / 易陽県 / 燕 / 宛県 / 偃城 / 延津 / 河内郡 / 河東郡 / 夏陽県 / 漢江 / 漢津 / 邯鄲県 / 漢中郡 / 宜城侯国 / 仇夷 / 莒県 / 鄴県 / 荊州 / 巻県 / 汧県 / 原武県 / 呉 / 黄河 / 江陵県 / 故市 / 四冢 / 上庸郡 / 襄陽郡 / 斉 / 即墨県 / 太原郡 / 大陵県 / 中廬侯国 / 長安県 / 潼関 / 櫝 / 南皮県 / 白馬県 / 馬鳴閣 / 樊城 / 鄜 / 汾陰県 / 平原国 / 沔 / 蒲阪県 / 蒲阪津 / 摩陂 / 毛城 / 渝麋侯国(隃麋) / 楊県 / 陽平 / 平陽県?(陽平侯国) / 陽陵陂 / 雒陽県(洛陽県) / 県 / 臨沮県 / 逯郷 / 右将軍 / 王 / 横野将軍 / 騎都尉 / 郷侯 / 県令 / 侯 / 車騎将軍 / 将軍 / 壮侯 / 都亭侯 / 裨将軍 / 平寇将軍 / 偏将軍 / 諡 / 仮節(仮の節) / 親兵親衛隊) / 氐族 / 二袁


徐晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/30 16:06 UTC 版)

徐 晃(じょ こう、169年 - 227年)は、中国後漢末期から三国時代にかけての武将。に仕えた。公明(こうめい)。司隷河東郡楊県(現在の山西省臨汾市洪洞県)の人。子は徐蓋。孫は徐覇。『三国志』魏志「張楽于張徐伝」に伝がある。


  1. ^ 「武帝紀」によると建安4年(199年)夏4月の出来事。「于禁伝」によると、史渙と共に射犬の眭固を攻撃したのは曹仁と于禁。「楽進伝」によると楽進も従軍。
  2. ^ 「武帝紀」建安4年(199年)12月にある、劉備が沛で曹操に反乱を起こした事件。「武帝紀」によると建安5年(200年)春正月。「楽進伝」によると楽進も従軍。
  3. ^ 「武帝紀」によると建安5年(200年)2月の出来事で、劉備の降将関羽と呂布の降将張遼が先鋒を務めた。
  4. ^ 「武帝紀」によると建安5年(200年)2月の出来事。「荀攸伝」によると、曹操が荀攸の進言に従い、計略により文醜の軍を混乱させていた。
  5. ^ 本来の文字は「氵」+「隱」
  6. ^ 「武帝紀」によると、建安5年(200年)8月から冬12月の間に起きた戦い。「荀攸伝」によると、徐晃の抜擢は荀攸の進言によるもの。
  7. ^ 「夏侯淵伝」
  8. ^ 「武帝紀」によると、建安15年(210年)秋7月の出来事。朱霊が同行。
  9. ^ 「趙儼伝」によると曹仁の軍事に参画するため趙儼が同行。
  10. ^ 「武帝紀」によると建安24年(219年)8月の出来事。
  11. ^ 董昭伝」によると、この時、曹操は孫権に命じて関羽の背後を脅かす計画を立てていたが、董昭の進言により、その計画を城中だけでなく関羽の陣営にもわざと漏らすことにしたため、徐晃に命令を出し、両方の陣地に孫権からの手紙を射込ませたという。
  12. ^ 徐晃と関羽とは旧知であったため、決戦前に言葉を交わしたという(蜀志「関羽伝」が引く『蜀記』)
  13. ^ 「曹仁伝」では、曹仁はこの功績で車騎将軍から大将軍に昇進したとあり、「文帝紀」では曹仁の大将軍の任命時期は黄初2年(221年)夏4月。


「徐晃」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「徐晃」の関連用語

徐晃のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



徐晃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
むじん書院むじん書院
Copyright (C) 2022 mujin. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徐晃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS