矢文とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 郵便 > 書状 > 矢文の意味・解説 

や‐ぶみ【矢文】

文書矢柄(やがら)に結びつけたり蟇目(ひきめ)の穴に入れたりして、射て飛ばすもの。

矢の催促のふみ。次々と送ってくる手紙

「赤き心の―に似たれど」〈人・辰巳園・四〉


矢文

読み方:ヤブミ(yabumi)

矢に結んで敵陣などへ飛ばす文書


矢文

読み方:やぶみ

  1. 劇場隠語無心言ふこと。

分類 東京芸能

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

矢文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/28 08:50 UTC 版)

矢文(やぶみ[1])は、手紙弓矢を用いて遠くから放ち、文書を送る手段の一つ。手紙を矢柄(やがら)に結びつける方法の他、蟇目(ひきめ)の穴の中に入れて射て飛ばしたり、(やじり)に直接文を刺して、それを放つ場合もある。


  1. ^ 『広辞苑 第六版』岩波書店一部参考。
  2. ^ また、手投げ槍の場合、その重さから体力がいる点(矢だけを弦によって射る弓の方が体力はいらない)や材質の無駄遣いになりかねない(槍一本分の木材から矢が数本作れる点が挙げられる)等、不便であり、運用上、弓矢の方が利便性がある。投げやすいように改良された槍を用いるやり投の記録を見てわかるように、鍛えていても滅多に100mに達しない。
  3. ^ 本間重氏が矢に直接文を刻んて船上で放った例が見られる(備考も参照)。参考・『日本武術神妙記』 2016年 p.365
  4. ^ 『新訂 総合 国語便覧』 第一学習社 初版1978年 p.36
  5. ^ 弓矢は放物線を描く軌道は可能でも、伝書鳩のような障害物(流動体を含む)を避ける能力はないため。
  6. ^ パンフレット『国宝三十三間堂』によれば、一昼夜118.22mの距離を真っ直ぐ射続ける「通し矢」で和佐大八郎という18歳の少年が、総矢13053本中8133本を通したとされ、体力と精神力と腕に覚えがある者で、約120m6割の命中率(62%以下の命中率)。文を送る相手を選ばないのであれば、120mの距離は問題ない。備考として、現代製のアーチェリー・フライト競技で、1854.40m(1.8km以上)という飛距離の記録が1971年にH=ドレイクによって達成されており、障害物(流動体を含む)が無ければ、現代では1km先でも届く。
  7. ^ まず、木簡の場合、長文は無理といえる(紙のように薄くする必要があるが手間がかかる)。
  8. ^ 律令時代に矢文が行なわれていた場合、漢文ということになる。
  9. ^ 網野善彦 『海と列島の中世』 講談社学術文庫 2003年 ISBN 4-06-159592-X
  10. ^ 今谷明 『戦国時代の貴族』 講談社学術文庫 2002年 ISBN 4-06-159535-0
  11. ^ 『歴史人 5 2013 №32』 p.75
  12. ^ 中里介山 『日本武術神妙記』 角川ソフィア文庫 2016年 p.365


「矢文」の続きの解説一覧



矢文と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「矢文」の関連用語

矢文のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



矢文のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの矢文 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS