王位とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > > 王位の意味・解説 

おう‐い〔ワウヰ〕【王位】

読み方:おうい

王の位。帝位。「―継承

将棋八大タイトルの一。王位戦勝者タイトル保持者となる。


王位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/12 06:45 UTC 版)

王位(おうい)




「王位」の続きの解説一覧

王位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/25 08:07 UTC 版)

トゥドハリヤ4世」の記事における「王位」の解説

大王ハットゥシリ3世息子として生まれ、兄がいたにもかかわらず父の跡を継いでヒッタイト大王となった。しかし父王の時代アナトリア南部のタルフンタッシャで副王封じられていた、トゥドハリヤ従兄弟にあたるクルンタ勢力拡大して大王位の正当な後継者であることを主張しており、トゥドハリヤ4世はその対応に苦慮した。トゥドハリヤ自身、父がクルンタの兄に当たるムルシリ3世から王位を奪ったことに批判的で、父の側について王に背いたマストゥリという人物批判していたからである。トゥドハリヤクルンタ双方互いに神々の前で友好誓約することとし、その誓約文書として残したこの時条約文を記した青銅板がハットゥシャ遺跡スフィンクス門の近く発見されている。 一方クルンタが「大王」を名乗る印影ハットゥシャ発見されており、短期間にせよ何らかの形でクルンタハットゥシャヒッタイト大王として君臨したことは否定しがたい。それがトゥドハリヤ治世中に起きたのか、それともトゥドハリヤ死後起きたのか、この青銅誓約の前か後か、また戦闘伴ったか否かなど、依然両者の関係には解明すべき問題が多い

※この「王位」の解説は、「トゥドハリヤ4世」の解説の一部です。
「王位」を含む「トゥドハリヤ4世」の記事については、「トゥドハリヤ4世」の概要を参照ください。


王位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 11:29 UTC 版)

ルイージ・ディ・ターラント」の記事における「王位」の解説

1350年ハンガリー王ラヨシュ1世は再び侵攻行いルイージジョヴァンナ1世ガエータ逃亡せざるを得なくなった。ルイージ教皇助けを借りてかろうじてハンガリー軍倒した。しかし、教皇は「女王囚人召使いのように扱った」としてルイージ非難しジョヴァンナ権利のもとでのみルイージが王位を保持するという事実をルイージ受け入れ場合にのみルイージ王として認めることに同意したその後まもなく次女フランチェスカ生まれたルイージ1352年3月20日または23日教皇から正式にナポリ王国共同統治者として認められ5月25日または27日ペンテコステ日にジョヴァンナ1世の隣でナポリ王として戴冠受けた夫婦唯一生存していた子供フランチェスカこのころ死去しこの後ジョヴァンナ二度と妊娠しなかった。ルイージ戴冠式際に騎士団(L' ordre du Nœud ou ordre du Saint-Esprit au Droit Désir)を創設したが、これは自身ジョヴァンナ傷ついた評判向上させるめであったとみられる1356年にはルイージジョヴァンナメッシーナシチリア王として戴冠受けたが、1285年バルセロナ家により奪われ以来ナポリシチリア別の王国として支配されており、ルイージらもシチリア手に入れることはできなかった。 支援者であった教皇クレメンス6世の死はルイージジョヴァンナ打撃与えた次の教皇インノケンティウス6世は、毎年教皇庁支払うべき税金払わなかったとして、ルイージジョヴァンナ破門した。この問題は1360年アヴィニョン教皇のもとを訪れることで解決したルイージ1360年シチリア王フェデリーコ3世退位させ、シチリア手に入れようと、貴族らが反乱を起こす前に島の大部分首都パレルモを含む)を占領したものの、最終的に失敗終わったナポリでは、ルイージジョヴァンナ両方親族であり、ルイージ支配快く思わないアンジュー=ドゥラッツォ家との対立直面し従兄弟グラヴィーナルイージプッリャ反乱起こした

※この「王位」の解説は、「ルイージ・ディ・ターラント」の解説の一部です。
「王位」を含む「ルイージ・ディ・ターラント」の記事については、「ルイージ・ディ・ターラント」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「王位」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

王位

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 06:49 UTC 版)

名詞

(おうい)

  1. 国王地位

 

関連語


「王位」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



王位と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「王位」の関連用語

王位のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



王位のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの王位 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトゥドハリヤ4世 (改訂履歴)、ルイージ・ディ・ターラント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの王位 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS