スフィンクスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > スフィンクスの意味・解説 

スフィンクス【Sphinx】

読み方:すふぃんくす

【一】

[一]ギリシャ神話で、胸から上は女、下はライオンで、翼をもった怪物テーベ近くに現れ通行人に「朝は四本足、昼は二本足、夕は三本足で歩く生き物は何か」という謎をかけ、答えられない者を殺していたが、オイディプスが「それは人間だ」と解いたとき、谷に身を投げて死んだという。

[二]古代エジプトアッシリアで、神殿王宮墳墓守り神として作られた、顔が人間でからだがライオン石像

【二】家猫一品種。カナダ原産全身被毛とひげがないのが特徴体つき細めで、耳が大きい。

スフィンクスの画像

スフィンクス 【Sphinx】

古代エジプトアッシリアなどで、支配者象徴として神殿王宮墳墓などの入口設けた人面獅身の石像巨大なものもある。②ギリシア神話で、女面獅身の怪物テーベ付近岩上で、通る人に「朝は四脚、昼は二脚、夕は三脚のものは何か」となぞをかけ、解き得ない者を殺していたが、オイディプスに「それは人間である」と答えられて、海に身を投げて死んだという。

スフィンクス

作者堀田善衛

収載図書堀田善衛全集 6 スフィンクス・19階日本横丁
出版社筑摩書房
刊行年月1993.10


スフィンクス

作者E.A.ポー

収載図書世界文学セレクション36 12 ホーソン・ポー 〔新装版
出版社中央公論社
刊行年月1994.3

収載図書新・ちくま文学 2 奇想天外
出版社筑摩書房
刊行年月1994.10

収載図書ポー名作
出版社中央公論新社
刊行年月2001.12
シリーズ名Chuko on demand books


スフィンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 15:47 UTC 版)

スフィンクス(Sphinx)は、エジプト神話ギリシア神話メソポタミア神話などに登場する、ライオンの身体と人間の顔を持った神聖な存在あるいは怪物。古典ギリシア語ではスピンクスΣφίγξ, Sphinx)といい、スフィンクスとはこの英語読み(または現代ギリシャ語読み)である。


  1. ^ 佐藤喜代治他編著、『漢字百科大事典』p1241、明治書院、1996年


「スフィンクス」の続きの解説一覧

スフィンクス(Sphinx)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 19:42 UTC 版)

博物誌」の記事における「スフィンクス(Sphinx)」の解説

毛が褐色で胸に一対乳房がある。(第8巻3021)章第72節)

※この「スフィンクス(Sphinx)」の解説は、「博物誌」の解説の一部です。
「スフィンクス(Sphinx)」を含む「博物誌」の記事については、「博物誌」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スフィンクス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「スフィンクス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

スフィンクスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スフィンクスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスフィンクス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの博物誌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS