微笑とは? わかりやすく解説

び‐しょう〔‐セウ〕【微笑】

読み方:びしょう

[名](スル)ほほえむこと。ほほえみ。「―を浮かべる」「やさしく―する」

[補説] 書名別項。→微笑


びしょう〔ビセウ〕【微笑】

読み方:びしょう

近藤啓太郎小説昭和49年1974)刊。癌(がん)に侵された妻の闘病最期の日々を描く。テレビドラマ化もされた。


み‐しょう〔‐セウ〕【微笑】

読み方:みしょう

びしょう(微笑)」に同じ。「拈華(ねんげ)―」


微笑

読み方:ビショウ(bishou), ミショウ(mishou)

ほほえむこと


微笑

作者並木洋明

収載図書ショートショートの広場 '86
出版社講談社
刊行年月1986.7


微笑

作者D.H.ロレンス

収載図書ロレンス短編集 新版
出版社新潮社
刊行年月2000.9
シリーズ名新潮文庫


微笑

作者諸田玲子

収載図書昔日より
出版社講談社
刊行年月2005.4

収載図書昔日より
出版社講談社
刊行年月2008.12
シリーズ名講談社文庫


微笑

作者為平友美

収載図書フーコー短編小説傑作選 16
出版社フーコー
刊行年月2005.5


微笑

作者小山正孝

収載図書稚兒ヶ淵小説集
出版社潮流
刊行年月2005.12


微笑

作者呂赫若

収載図書台湾新報青年版」作品集
出版社緑蔭書房
刊行年月2007.2
シリーズ名日本統治期台湾文学集成


微笑


微笑

作者浜崎勢津子

収載図書帰宅
出版社マルニ
刊行年月2008.8


微笑(ほほえみ)

作者夢野久作

収載図書夢野久作全集 3
出版社筑摩書房
刊行年月1992.8
シリーズ名ちくま文庫


微笑

作者瀬戸内晴美

収載図書風のない日々
出版社新潮社
刊行年月1986.7

収載図書風のない日々
出版社新潮社
刊行年月1990.3
シリーズ名新潮文庫


微笑

作者横光利一

収載図書昭和文学全集 第5巻
出版社小学館
刊行年月1986.12

収載図書機械 春は馬車に乗って 36改版
出版社新潮社
刊行年月2003.3
シリーズ名新潮文庫

収載図書機械 時間
出版社フロンティアニセン
刊行年月2005.3
シリーズ名第2刷 (フロンティア文庫)

収載図書中河与一/横光利一
出版社新学社
刊行年月2006.1
シリーズ名近代浪漫派文庫


微笑

作者夢枕獏

収載図書歓喜月の孔雀舞
出版社新潮社
刊行年月1987.11

収載図書歓喜月の孔雀舞
出版社新潮社
刊行年月1990.4
シリーズ名新潮文庫

収載図書歓喜月の孔雀舞
出版社徳間書店
刊行年月2004.9
シリーズ名徳間文庫


微笑

作者阿刀田高

収載図書愛の墓標
出版社光文社
刊行年月1989.2

収載図書愛の墓標
出版社光文社
刊行年月1991.11
シリーズ名光文社文庫


微笑

作者L.ムニャチコ

収載図書遅れたレポート
出版社岩波書店
刊行年月1990.6
シリーズ名同時代ライブラリー


微笑

作者小島信夫

収載図書殉教・微笑
出版社講談社
刊行年月1993.12
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書アメリカン・スクール 改版
出版社新潮社
刊行年月2008.1
シリーズ名新潮文庫


微笑

作者芥川龍之介

収載図書太平洋沿岸地区集―房総文芸選集 1
出版社あさひふれんど千葉
刊行年月1995.6

収載図書芥川龍之介全集 第13巻 侏儒の言葉 湖南の扇
出版社岩波書店
刊行年月1996.11


微笑

作者内海隆一郎

収載図書人びと坂道
出版社弥生書房
刊行年月1995.11


微笑

読み方:ビショウ(bishou)

作者 芥川竜之介

初出 大正14年

ジャンル 小説


微笑

読み方:ビショウ(bishou)

作者 伊藤整

初出 昭和22年

ジャンル 小説


微笑

読み方:ビショウ(bishou)

作者 近藤啓太郎

初出 昭和49年

ジャンル 小説


微笑

読み方:ビショウ(bishou)

作者 鷹野つぎ

初出 大正12年

ジャンル 小説


微笑み

(微笑 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 09:17 UTC 版)

ほほえみ(漢字表記では「微笑み」あるいは「頬笑み」、: sorriso: sourire: smile)とは、ほほえむことで[1]、ほほえむとは声をたてずに、にこりと笑うこと[2]。「微笑(びしょう)」とも。また、ほほえんでいる顔は笑顔(えがお)とも呼ばれる。近代では、"微笑の笑み"という言葉も存在している。


注釈

  1. ^ 相対的に言うと、人は怒っている時には普段よりも眼の端が上がる傾向がある。だからこそ「あなた彼に何を言ったの? 彼、ブリブリ怒って、眼がつりあがっていたわよ。」などと言うのである。
  2. ^ TEDで嘘について講演した女性も同様の指摘した(2015年1〜2月放送)。
  3. ^ Eテレ 『100分de名著』「武士道」内で紹介されている。1990年代に海外の戦争で亡くなった日本人男性の遺族が見せた話が語られている。

出典

  1. ^ 広辞苑「ほほえみ」
  2. ^ 広辞苑「ほほえむ」
  3. ^ 参考:読売新聞2001年11月16日(金曜)付、記事に猿の微笑写真も載せられている。
  4. ^ 参考:朝日新聞2010年12月3日(金曜)付、記事を一部参考。
  5. ^ 前野隆司 『脳はなぜ「心」を作ったのか -「私」の謎を解く受動意識仮説-』 筑摩書房 2004年 ISBN 4-480-84265-9 p.69
  6. ^ 同書 p.69
  7. ^ 読売新聞2001年11月16日(金曜)付、記事に写真も載せられている。
  8. ^ “乗客への「笑顔」サービス拒否、昇給闘争でキャセイ航空労組”. CNN (CNN). (2012年12月15日). http://www.cnn.co.jp/business/35025805.html 2012年12月15日閲覧。 



微笑(ほほえみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 17:13 UTC 版)

CITY (漫画)」の記事における「微笑(ほほえみ)」の解説

CITY南高校サッカー部部員地の顔が笑顔ポジションサイドバック番号3番何年留年しているらしい

※この「微笑(ほほえみ)」の解説は、「CITY (漫画)」の解説の一部です。
「微笑(ほほえみ)」を含む「CITY (漫画)」の記事については、「CITY (漫画)」の概要を参照ください。


微笑(えみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/27 03:43 UTC 版)

ウダウダやってるヒマはねェ!」の記事における「微笑(えみ)」の解説

凪の一味で、ニット帽かぶった初老の男性戦闘スペシャリストで、元は世界的な殺し屋。亜輝と直巳を完全に圧倒して直巳を死亡寸前まで追い詰めたが、亜輝と直巳の信頼関係感化されて凪を裏切りネコリンダたちを引き取ってタンカー脱出した作中強者の中で敗北描写がないほぼ唯一の人物

※この「微笑(えみ)」の解説は、「ウダウダやってるヒマはねェ!」の解説の一部です。
「微笑(えみ)」を含む「ウダウダやってるヒマはねェ!」の記事については、「ウダウダやってるヒマはねェ!」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「微笑」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

微笑

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 02:15 UTC 版)

名詞

びしょうみしょう

  1. ほほえむこと。ほほえみ

成句

動詞

活用

サ行変格活用
微笑-する

翻訳


「微笑」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「微笑」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



微笑のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの微笑み (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのCITY (漫画) (改訂履歴)、ウダウダやってるヒマはねェ! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの微笑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS