鷲とは? わかりやすく解説

わし【×鷲】

読み方:わし

タカ目鳥のうち、大形のものの総称。翼が大きくて風に乗って飛びくちばし・つめは先が曲がって鋭く小獣などを捕食する。イヌワシ・オオワシ・オジロワシなど。《 冬》「大いなる古創顔にこれの―/誓子

[補説] 書名別項。→鷲


わし【鷲】

読み方:わし

川田順歌集昭和15年1940)刊。本作翌年刊行の歌文集国初聖蹟歌」により、昭和17年1942)、第1回帝国芸術院賞(現、日本芸術院賞受賞


作者田中貢太郎

収載図書日本の怪談 2
出版社河出書房新社
刊行年月1986.12
シリーズ名河出文庫


作者岡本綺堂

収載図書
出版社光文社
刊行年月1990.8
シリーズ名光文社時代小説文庫

収載図書怪奇伝奇時代小説選集 12 血塗りの呪法 他9編
出版社春陽堂書店
刊行年月2000.9
シリーズ名春陽文庫

収載図書鷲―怪談コレクション 新装版
出版社光文社
刊行年月2006.7
シリーズ名光文社時代小説文庫


作者小川国夫

収載図書跳躍台
出版社文芸春秋
刊行年月1990.10


作者辻井喬

収載図書虹の岬
出版社中央公論社
刊行年月1998.2
シリーズ名中公文庫


読み方:しうり

  1. 一般警察官。〔朝鮮人隠語
  2. 一般警察官を云ふ。

分類 朝鮮人


読み方:しうり

  1. 警察署。〔朝鮮人隠語

分類 朝鮮人隠語

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ワシwashi

ワシタカ目鳥のうち、大型のもの

季節

分類 動物


読み方:ワシwashi

作者 小川国夫

初出 昭和63年

ジャンル 小説


読み方:ワシwashi

作者 川田順

初出 昭和15年

ジャンル 歌集


読み方
すさき
すざき
わし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/14 07:19 UTC 版)

(わし)とは、タカ目タカ科に属するのうち、オオワシオジロワシイヌワシハクトウワシなど、比較的大きめのものを指す通称である。タカ科にて、比較的大きいものをワシ、小さめのものをタカ(鷹)と呼ぶが、明確な区別はなく、慣習に従って呼び分けているにすぎない。


  1. ^ 相馬 拓也 『鷲使いの民族誌-モンゴル西部カザフ騎馬鷹狩文化の民族鳥類学』ナカニシヤ出版、2018年2月。 


「鷲」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/10/05 02:14 UTC 版)

発音(?)


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「鷲」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



鷲と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鷲」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
96% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鷲のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鷲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS