エジプト神話とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > エジプト神話の意味・解説 

エジプト神話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 13:57 UTC 版)

エジプト神話(エジプトしんわ、英:Egyptian mythology)とは、古代エジプトより興った当時のエジプト人の世界観を示す手段としてエジプト固有の神々の行動を記した神話をまとめたものである。同神話が表している信仰は、古代エジプトの宗教の重要な部分である。エジプトの文学や芸術、特に短編小説や賛美歌、儀式文書、葬礼文書、神殿の装飾といった宗教的素材にエジプト神話が頻繁に現れる。これら原資料が神話の完全な記述になっていることは稀で、短い断片だけを記したものが多い。


注釈

  1. ^ 人間の世界において、マアトを更新する役割を担ったとされるのがエジプトの王ファラオである[1]
  2. ^ 一緒に描かれたホルスとセトは、どちらの神もいずれの地域のために立ち上がることが可能だが、上エジプトと下エジプトのペアを表したものである。彼らはどちらも国の両半分にある都市の守護者だった。 2つの神々の間の対立は、エジプト史の始まりにおける上エジプトと下エジプトの統一に先行する推定された対立を暗示するものだった可能性がある。もしくは第2王朝の末期近くにおけるホルスおよびセトの崇拝者間の明白な対立と関連があった可能性がある[14]
  3. ^ 創設者(establisher)は比喩的に「産みの親」と表現されるため、マアトはラーの娘と解釈される。同神話上では、太陽神がマアト(この世界を統べる秩序)を創って確立した。
  4. ^ この訳語は、永井正勝「大英博物館所蔵の神官文字パピルス写本「BM 10682」 に関する書誌学的及び文字素論的所見」108頁に基づく[105]。ちなみに虚偽が弟ゲレグ、真実が兄マアト。より単純化して「マアトとゲレグ」の話と紹介しているものもある。

出典

  1. ^ マアトとは」コトバンク、世界大百科事典 第2版の解説より。2019年5月30日閲覧。
  2. ^ Anthes 1961, pp. 29–30.
  3. ^ a b David 2002, pp. 1–2.
  4. ^ O'Connor 2003, pp. 155, 178–179.
  5. ^ Tobin 1989, pp. 10–11.
  6. ^ a b c Morenz 1973, pp. 81–84.
  7. ^ a b Baines 1991, p. 83.
  8. ^ Frankfurter 1995, pp. 472–474.
  9. ^ Pinch 2004, p. 17.
  10. ^ Assmann 2001, pp. 113, 115, 119–122.
  11. ^ Griffiths 2001, pp. 188–190.
  12. ^ Anthes 1961, pp. 33–36.
  13. ^ Pinch 2004, pp. 6–7.
  14. ^ Meltzer 2001, pp. 119–122.
  15. ^ a b c Bickel 2004, p. 580.
  16. ^ Assmann 2001, p. 116.
  17. ^ Meeks & Favard-Meeks 1996, pp. 49–51.
  18. ^ Baines 1996, p. 361.
  19. ^ Baines 1991, pp. 81–85, 104.
  20. ^ a b Tobin 2001, pp. 464–468.
  21. ^ a b Bickel 2004, p. 578.
  22. ^ Pinch 2004, pp. 1–2.
  23. ^ Assmann 2001, pp. 80–81.
  24. ^ Assmann 2001, pp. 107–112.
  25. ^ a b Tobin 1989, pp. 38–39.
  26. ^ a b c d e f Baines 1991, pp. 100–104.
  27. ^ Baines 1991, pp. 104–105.
  28. ^ Anthes 1961, pp. 18–20.
  29. ^ a b c Tobin 1989, pp. 18, 23–26.
  30. ^ Assmann 2001, p. 117.
  31. ^ a b Tobin 1989, pp. 48–49.
  32. ^ Assmann 2001, p. 112.
  33. ^ Hornung 1992, pp. 41–45, 96.
  34. ^ Vischak 2001, pp. 82–85.
  35. ^ Anthes 1961, pp. 24–25.
  36. ^ Allen 1988, pp. 62–63.
  37. ^ Traunecker 2001, pp. 101–103.
  38. ^ David 2002, pp. 28, 84–85.
  39. ^ Anthes 1961, pp. 62–63.
  40. ^ Allen 1988, pp. 45–46.
  41. ^ Tobin 1989, pp. 16–17.
  42. ^ Traunecker 2001, pp. 10–11.
  43. ^ a b c Traunecker 2001, pp. 1–5.
  44. ^ Bickel 2004, p. 379.
  45. ^ Baines 1991, pp. 84, 90.
  46. ^ ピラミッド・テキスト」コトバンク、世界大百科事典 第2版の解説より。
  47. ^ Pinch 2004, pp. 6–11.
  48. ^ Morenz 1973, pp. 218–219.
  49. ^ Pinch 2004, pp. 37–38.
  50. ^ Ritner 1993, pp. 243–249.
  51. ^ Pinch 2004, p. 6.
  52. ^ a b Baines 1996, pp. 365–376.
  53. ^ Pinch 2004, pp. 35, 39–42.
  54. ^ Tobin 1989, pp. 79–82, 197–199.
  55. ^ Pinch 2004, p. 156.
  56. ^ Allen 1988, p. 3-7.
  57. ^ Allen 2003, pp. 25–29.
  58. ^ Lesko 1991, pp. 117–120.
  59. ^ Conman 2003, pp. 33–37.
  60. ^ a b Meeks & Favard-Meeks 1996, pp. 82–88.
  61. ^ Lurker 1980, pp. 64–65, 82.
  62. ^ O'Connor 2003, pp. 155–156, 169–171.
  63. ^ Hornung 1992, pp. 151–154.
  64. ^ Pinch 2004, p. 85.
  65. ^ Baines 1996, pp. 364–365.
  66. ^ a b c Tobin 1989, pp. 27–31.
  67. ^ a b Assmann 2001, pp. 77–80.
  68. ^ Pinch 2004, p. 57.
  69. ^ David 2002, pp. 81, 89.
  70. ^ Dunand & Zivie-Coche 2004, pp. 45–50.
  71. ^ Meeks & Favard-Meeks 1996, pp. 19–21.
  72. ^ Allen 1988, pp. 8–11.
  73. ^ Allen 1988, pp. 36–42, 60.
  74. ^ Pinch 2004, pp. 66–68.
  75. ^ a b Assmann 2001, pp. 116–119.
  76. ^ Feucht 2001, p. 193.
  77. ^ Baines 1996, p. 364.
  78. ^ Hornung 1992, p. 96.
  79. ^ a b Pinch 2004, pp. 91–92.
  80. ^ Hornung 1992, pp. 96–97, 113.
  81. ^ Tobin 1989, pp. 49, 136–138.
  82. ^ Pinch 2004, pp. 183–184.
  83. ^ Hart 1990, pp. 52–54.
  84. ^ Quirke 2001, pp. 45–46.
  85. ^ Hornung 1992, pp. 95, 99–101.
  86. ^ Hart 1990, pp. 57, 61.
  87. ^ Hornung 1982, pp. 162–165.
  88. ^ Dunand & Zivie-Coche 2004, pp. 67–68.
  89. ^ Meeks & Favard-Meeks 1996, pp. 18–19.
  90. ^ te Velde 2001, pp. 269–270.
  91. ^ Ritner 1993, pp. 246–249.
  92. ^ Ritner 1993, p. 150.
  93. ^ Roth 2001, pp. 605–608.
  94. ^ Assmann 2001, pp. 49–51.
  95. ^ O'Rourke 2001, pp. 407–409.
  96. ^ Baines 1991, p. 101.
  97. ^ Morenz 1973, p. 84.
  98. ^ Tobin 1989, pp. 90–95.
  99. ^ Baines 1991, p. 103.
  100. ^ Wilkinson 1994, pp. 27–29, 69–70.
  101. ^ Quirke 2001, p. 115.
  102. ^ Wilkinson 1994, pp. 11–12.
  103. ^ Andrews 2001, pp. 75–82.
  104. ^ Lurker 1980, pp. 74, 104–105.
  105. ^ 永井正勝「大英博物館所蔵の神官文字パピルス写本「BM 10682」 に関する書誌学的及び文字素論的所見」、筑波大学『文藝言語研究. 言語篇』59巻、2011年3月31日、107-125頁。
  106. ^ Baines 1996, pp. 367–369, 373–374.
  107. ^ Baines 1996, pp. 366, 371–373, 377.



「エジプト神話」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エジプト神話」の関連用語

エジプト神話のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エジプト神話のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエジプト神話 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS