メッシュとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > メッシュ > メッシュの意味・解説 

メッシュ【(フランス)mèche】

読み方:めっしゅ

毛髪一部分染めること。また、染めた部分


メッシュ【mesh】

読み方:めっしゅ

網の目また、網目状編んだもの。網目織り。「—の靴下

篩(ふるい)の目、または粉体粒の大きさを示す単位。1平方インチ当たりの篩の目の数で表す。

「メッシュ」に似た言葉

メッシュ

【英】mesh

四角マス目のこと。一つひとつマス目が等面積となるため、国勢調査結果などを比較するのが容易となる。ある都市の地図の上に1キロメートル間隔で直線を縦横に引くと、1平方キロメートルマス目いくつもできることになるが、このマス目を1キロ・メッシュという。このメッシュごとに人口世帯数記入し色別塗り分けると、その都市の人口分布状態が一目でわかることになる。出店戦略を理手案するのにこのメッシュ手法用いることが多い。

メッシュ

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

メッシュ(グリッド) supporting grid,specimen grid


メッシュ

ふるいや、各種金網網目大きさのこと。


メッシュ

名前 Meche

メッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 06:45 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

メッシュ

mesh

Mesh

mèche

  • メッシュ (髪型) - 髪型の一つ。
    • 男性においてはフォーマルなシルエットの中に櫛で編み目のような規則的な模様をつけていくスタイル。また、ヘアカラーにおいて、髪の一部を別の色に染色、脱色したものもメッシュとよぶ。フランス語のmècheに由来する。

MeSH

  • MeSH - Medical Subject Headings。米国国立医学図書館(NLM)が定める生命科学用語集(シソーラス)である。

MESH

その他



メッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 04:41 UTC 版)

腕時計」の記事における「メッシュ」の解説

キメの細かい帯状パーツ絡み合わせ作られる加工難しく廃れていたが、装着感に優れクラシカルことから近年人気復活してきている。

※この「メッシュ」の解説は、「腕時計」の解説の一部です。
「メッシュ」を含む「腕時計」の記事については、「腕時計」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「メッシュ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「メッシュ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



メッシュと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

メッシュのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



メッシュのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2022 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
Red cloudRed cloud
Copyright©2022. Red cloud Co.,Ltd All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメッシュ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの腕時計 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS