超音戦士ボーグマンとは?

超音戦士ボーグマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/23 15:58 UTC 版)

超音戦士ボーグマン』(ちょうおんせんしボーグマン、Sonic Soldier Borgman)は、1988年4月13日から12月21日まで、日本テレビ系列の毎週水曜日17:00-17:30に放送されたテレビアニメ


  1. ^ 本来、アニスへ組み込まれたボーグマンシステムは彼女専用ではなく、奇跡的に一致したものである。
  2. ^ ただし、その後もこのユニットは結成されている。
  3. ^ 「テレビ局ネットワーク」『アニメディア』1988年12月号、学研、 79 - 81頁。
  4. ^ 「テレビ局ネットワーク」『アニメディア』1988年10月号、学研、 80頁。
  5. ^ このソニックシステムのために用意されたバンクシーンは光の明滅がかなり激しく、ポケモンショック発生以降のCS放送における放送では画面を暗くする修正が加えられている。
  6. ^ 本編中のリョウたちのブレスレットの効果音、もしくは、玩具のブレスからのビープ音に反応し特殊な発光パターン、GWを駆動させる。
  7. ^ 菊池のスケジュールが取れなかった分については彼による作画監修か、アニメ本編の作画監督や原画マンによる描き下ろし。
  8. ^ 全裸姿については、リョウとの肉体関係を示唆した絵柄すら存在した。また、菊池の画集『Zwei』の40ページによれば、水の無いプールの底に全裸で横たわったアニスを描いた『月刊ニュータイプ』1988年12月号付録のポスターは賛否両論となり、小さい子から疑問に思う投書が届いたという。
  9. ^ これらの版権イラストやフィギュアについては、後年に発売された菊池の各画集(『The NEXT GENERATON』 (ISBN 4-8291-9104-X)、『STUDIO TRON ART BOOK 1993』 (ISBN 4-8291-7254-1)、『Zwei』 (ISBN 4-8291-9116-3))で紹介されている。
  10. ^ ただし、アニスについては東宝からキャラクター使用許可が下りず、「ライカ」という別ヒロインへ変更されている。


「超音戦士ボーグマン」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「超音戦士ボーグマン」の関連用語

超音戦士ボーグマンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



超音戦士ボーグマンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの超音戦士ボーグマン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS