納豆とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > > 納豆の意味・解説 

なっ‐とう【納豆】

よく蒸し大豆納豆菌加え適温の中で発酵させた食品。粘って糸を引くので糸引き納豆ともいい、関東以北でよく用いる。《 冬》「—の糸引張って遊びけり/一茶

蒸し大豆に麹(こうじ)を加え塩水漬け発酵させてから乾燥させた食品浜納豆大徳寺納豆寺納豆などがある。《 冬》

関西地方で)甘納豆のこと。

納豆の画像
納豆の画像

なっ‐とう【納豆】

〔名〕

細菌酵素利用した大豆加工食品で、乾燥した塩辛納豆と、糸引納豆との二種がある。なっと。

(イ) 塩辛納豆蒸し大豆こうじ菌接種してこうじ豆を作り塩水にひたして発酵させてから乾燥したもの。古くから寺院食物として作られ、浜名納豆一休納豆大徳寺納豆唐納豆寺納豆などの称がある。→寺納豆

新猿楽記(1061‐65頃)「精進物者、〈略〉春塩辛納豆

(ロ) 糸引納豆は蒸し大豆藁苞(わらづと)などに包み適温の中で、納豆菌繁殖させて発酵させたもの。豆の表面粘りと独特の風味があり、醤油辛子加え練り、飯にかけたり納豆汁にしたりして食べる。まめなっとう。《季・冬

俳諧虚栗(1683)下「落葉をくだくや納豆打つ寒夜〈才丸〉」

② (寺納豆が、檀家への年玉として贈られたところから) 寺の年玉また、寺からの歳暮

雑俳柳多留‐二四(1791)「納豆へちりにくはしき所化付き

甘納豆(あまなっとう)をいう。


なっとう 【納豆】

大豆塩辛く煮て発酵させた納豆(糸引き納豆は別)は、中国の寺で作られたといい、日本でも大寺作り寺納豆の語がある。また納所の語と関係あるのではとの説もある。→ 納所

納豆

読み方:ナットウ(nattou)

煮たり蒸したりした大豆納豆菌発酵させた加工食品

季節

分類 人事


納豆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 05:18 UTC 版)

納豆(なっとう)は、よく蒸した大豆納豆菌によって発酵させた発酵食品。一般的に「糸引き納豆」を指す[3]。菓子の一種である甘納豆とは異なる。 日本固有と思われがちだが、類似の食品は様々な地域に存在する(「アジア」「アフリカ」参照)。


注釈

  1. ^ 「納豆」「納豆売り」「納豆汁」は三冬・生活の季語。ただし、「納豆造る」は晩夏・生活に分類される季語である。齋藤慎爾・阿久根末忠編『必携季語秀句用字用例辞典』(柏書房、1997年 ISBN 9784760114566)p.798。
  2. ^ 平城京跡から出土した700年頃の木簡に記載があるという。cf. 納豆の歴史について納豆学会
  3. ^ 納豆についての記録は、柴村盛方『飛鳥川』(1810年)、白峯院『明和誌』(1822年)、喜多村信節嬉遊笑覧』(1830年)、山田桂翁『宝暦現来集』(1831年)など多数の随筆で確認できる[23]
  4. ^ 学費と生活費を納豆売りで得ていた苦学生、1人で子供を抱えて納豆を売る女性、親を養いつつ納豆売りをする少女など、文学作品には納豆売りが数多く描かれた[24]
  5. ^ GHQの栄養部長ハーブ大佐、アップルトン
  6. ^ 乾燥納豆給与による卵黄中のコレステロール低減] 「13週目には納豆を与える水準にしたがって卵黄中コレステロールが低くなり、3%区では20%以上の低下がみられる」[46]
  7. ^ 東北地方 納豆の好きな女性には、肌のきれいな美人が多いという意味。
  8. ^ 「まず納豆になにも加えずに練る。白い糸状のものがたくさん出て納豆が固くなり練りにくくなったら、醤油を少量たらしてまた練る。練る、醤油を入れる作業を数回繰り返す。糸がなくなってどろどろになったところに辛子や薬味を入れてかき混ぜる」北大路魯山人『魯山人味道』(中公文庫、1980年4月10日 ISBN 412202346-7)p.170
  9. ^ 江戸後期の作家式亭三馬の『浮世風呂』(1809年)には、納豆の売り声が記録されている[64]寺田寅彦は随筆「物売りの声」(1935年)で、納豆屋の「ナットナットー、ナット」という売り声が最近聞かれなくなったと書いている[65]
  10. ^ 岩手県一関市、宮城県栗原市は、江戸時代にはいずれも仙台藩に属した。年間を通じて餅を食べる風習は、本来は仙台藩の農政に由来する[73]
  11. ^ 設問内容に「嫌いだが食べる」という項目があるのに対し、「好きだが食べない」という項目が無いので好き・嫌いの比率は得られるが、食べる・食べないの比率は得られない。また調査対象がPotora会員に限られ、回答の有効性に懸念が残る。また回答数は3,827件ではあるが、県単位の回答数では十分でない可能性があり、県別の結果の信頼性には疑問が残る。納豆は好きですか?”. 2012年12月8日閲覧。
  12. ^ プラスチック袋は通気性があり、日本の土嚢袋に似ている[101]
  13. ^ ペー・ンガピは、ミャンマーの市場では中国語表記で「豆瓣醬」とも書かれている[137]
  14. ^ パルキアは、日本でアフリカイナゴマメとも呼ばれる[147]。ジュラ語ではネレ、モシ語ではドアーガと呼ぶ[148]
  15. ^ パルキアの莢の中に入っているパルプ状の果肉は甘く、種とは別に食用にする[148][150]

出典

  1. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版) (PDF)
  3. ^ a b 伊藤寛記「浜納豆」『日本釀造協會雜誌』Vol.71 (1976) No.3 P.173-176, doi:10.6013/jbrewsocjapan1915.71.173
  4. ^ 7月10日は「納豆の日」約9割の医師が健康のために納豆を食べている?”. ファイナンシャルフィールド (2020年7月10日). 2020年11月23日閲覧。
  5. ^ 『雑学大全480』(東京書籍、2007年ISBN 978-4487799473)p.480
  6. ^ a b c 鈴木晋一『たべもの史話』(小学館ライブラリー、1999年 ISBN 9784582828399)pp.60-63
  7. ^ 納豆の日”. 八幡屋. 2021年3月3日閲覧。
  8. ^ 納豆について”. タカノフーズ. 2021年3月3日閲覧。
  9. ^ a b 食卓の定番「納豆」の歩んできた道”. JBPRESS 食の研究所. 2021年3月3日閲覧。
  10. ^ 石塚 2016, pp. 70–72.
  11. ^ 中山誠二「縄文時代のダイズの栽培化と種子の形態分化」 (pdf) 『植生史研究』第23巻第2号、2015年2月、 33-42頁、 NAID 40020390985
  12. ^ a b 横山 2014, pp. 37–38.
  13. ^ a b 小松本ほか 2019, p. 3.
  14. ^ a b 小松本ほか 2019, pp. 5–6.
  15. ^ a b 小松本ほか 2019, pp. 3, 5.
  16. ^ 第2群 豆・豆製品 ナットウ - KNUダイエット・食品データベース[リンク切れ]女子栄養大学 食材百科事典)
  17. ^ 横山 2014, pp. 43–44.
  18. ^ a b c d 堀田国元、佐々木博「近代納豆の幕開けと応用菌学」『化学と生物』Vol.49 (2011) No.1 P.57-62, doi:10.1271/kagakutoseibutsu.49.57
  19. ^ a b 横山 2014, pp. 44–45.
  20. ^ 石塚 2016, pp. 105–106.
  21. ^ 石塚 2016, pp. 57–58.
  22. ^ 横山 2014, pp. 38–39.
  23. ^ a b 石塚 2016, pp. 51–58.
  24. ^ 石塚 2016, pp. 170, 175–176, 181, 185.
  25. ^ 石塚 2016, pp. 181, 185.
  26. ^ 石塚 2016, pp. 196–197.
  27. ^ 矢部規矩治「納豆ノ研究」『東京化學會誌』Vol.15 (1894) P.196-205, doi:10.1246/nikkashi1880.15.196
  28. ^ 半澤洵:『北海道農会報』18(4), 159 (1918).
  29. ^ 半澤編 1926.
  30. ^ a b c 太田輝夫「納豆とコールドチェーン」『コールドチェーン研究』Vol.6 (1980-1981) No.3 P.110-114, doi:10.5891/jafps1975.6.110
  31. ^ 納豆のテレビ報道に関しまして 全国納豆協同組合連合会 - ウェイバックマシン(2014年11月5日アーカイブ分)
  32. ^ 『発掘! あるある大事典II』でねつ造 関西テレビ,番組を打ち切り”. NHK. 2021年6月30日閲覧。
  33. ^ 文部科学省五訂増補日本食品標準成分表
  34. ^ 河村一「納豆菌ノ赤痢菌ニ對スル拮抗作用ニ就テ」『日本傳染病學會雜誌』Vol.10 (1935-1936) No.9 P.948-955, doi:10.11552/kansenshogakuzasshi1926.10.948
  35. ^ a b 櫻田穆:「チフス」の納豆菌療法の意義『日本傳染病學會雜誌』Vol.11 (1936-1937) No.7 P.755-761,doi:10.11552/kansenshogakuzasshi1926.11.755
  36. ^ 納豆菌 日本ナットキナーゼ協会(2021年5月16日閲覧)
  37. ^ 須見洋行、大杉忠則「納豆および納豆菌中の抗菌成分ジピコリン酸」『日本農芸化学会誌』Vol.73 (1999) No.12 P.1289-1291, doi:10.1271/nogeikagaku1924.73.1289
  38. ^ H. Sumi, H. Hamada, H. Tsushima et al. "A novel fibrinolytic enzyme (nattokinase) in the vegetable cheese Natto; a typical and popular soybean food in the Japanese diet" Cellular and Molecular Life Sciences (CMLS) 43 (10), 1987年10月, pp.1110-1111
  39. ^ Sumi, H. et al. "Enhancement of the fibrinolytic activity in plasma by oral administration of nattokinase" Acta Haematol 84 (3), 1990, pp.139-143
  40. ^ ビタミンK2量を向上させる「ほね元気」が納豆で初の特定保健用食品に ミツカン(2021年5月16日閲覧)
  41. ^ カルバイタル[リンク切れ]味の素
  42. ^ おなか納豆[リンク切れ]旭松食品
  43. ^ 石川篤志, 岸幹也, 山上圭吾「納豆、大豆が健常成人の食後血糖値に与える影響」『生活衛生』第53巻第4号、大阪生活衛生協会、2009年、 257-260頁、 doi:10.11468/seikatsueisei.53.257ISSN 0582-4176NAID 130004448982
  44. ^ NHKテレビ『ためしてガッテン』2003年03月12日放送
  45. ^ 浜島健治「いわゆる納豆菌(Bacillus subtilis)の免疫調節能」『横浜医学』第34巻第3号、横浜市立大学医学会、1983年6月、 139-142頁、 ISSN 03727726NAID 40003710533
  46. ^ 乾燥納豆給与による卵黄中のコレステロール低減 農業・食品産業技術総合研究機構(畜産草地研究所 2006年の成果情報)2021年5月16日閲覧
  47. ^ 納豆百科事典 繊維質: 整腸効果。粘着物質。吸水率。タンパク質。ビタミン。 - ウェイバックマシン(2015年3月7日アーカイブ分)
  48. ^ Q.納豆を毎食一パック食べているが、健康上問題はないのか?よくあるご質問とその回答 納豆学会(最終更新日2002年11月13日)2021年5月16日閲覧
  49. ^ 歯周病と納豆菌, http://ega-dental.net/topics/dr/topics47.html ][リンク切れ]
  50. ^ 螺良修一 (2011), “歯周病にも効果あり (2011年 減農薬大特集 納豆菌で減農薬)--(人間の体にもいい)”, 『現代農業』 90 (6): 118-120 
  51. ^ 虫歯の自然治癒に納豆の有効性, http://www.ts-remy.com/science/tooth-decay-science/natto/ ][リンク切れ]
  52. ^ 納豆粘質によるミュータンス菌抑制効果, http://www.j-tokkyo.com/2007/A23L/JP2007-117064.shtml 
  53. ^ ナットウ(ナットウ菌) - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所
  54. ^ ワーファリン錠添付文書2014年7月改訂(第22版) エーザイ株式会社
  55. ^ “「ワラ納豆」を食べてみた 手間を裏切らぬ濃厚な味”. 『日本経済新聞』NIKKEI STYLE. (2015年3月27日). http://style.nikkei.com/article/DGXMZO84828100V20C15A3000000?channel=DF260120166493&style=1 
  56. ^ 「納豆発祥の地」石碑”. 横手市観光協会ホームページ. 2017年6月12日閲覧。
  57. ^ “わらづと納豆 危機 コメ農家の機械化、高齢化 手刈りが減少”. 茨城新聞. (2016年1月19日). http://this.kiji.is/62003576353768956 2016年1月19日閲覧。 
  58. ^ “わら納豆安定供給へ、水戸市・生産者ら協議会”. 『日本経済新聞』ニュース. (2017年6月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17377320W7A600C1L60000/ 
  59. ^ a b c d 「ネバネバ納豆 糸引く魅力」朝日新聞』朝刊2021年5月16日(扉面)同日閲覧
  60. ^ 半澤洵、田村芳祐「納豆生成菌に關する研究(第六報)」『日本農芸化学会誌』 Vol.10 (1934) No.5 P.520-521, doi:10.1271/nogeikagaku1924.10.520
  61. ^ 『日本経済新聞』朝刊2018年2月24日「窓」(社会面)2021年5月16日閲覧
  62. ^ 読売テレビ『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』2010年5月20日放送回[信頼性要検証]
  63. ^ 納豆自販機について”. 納豆工房せんだい屋. 2019年11月4日閲覧。
  64. ^ 石塚 2016, pp. 95–96.
  65. ^ 石塚 2016, p. 103.
  66. ^ 簡単・便利、そして楽しさを追求した容器の革新 「パキッ!とたれ」”. ミツカン. 2020年8月22日閲覧。
  67. ^ 粒の大きさで選ぶ”. タカノフーズ. 2018年1月3日閲覧。
  68. ^ 農産物規格規程”. 農林水産省 (2013年3月29日). 2018年1月3日閲覧。
  69. ^ リサーチデータ”. 全国納豆協同組合連合会 (2005年). 2018年1月3日閲覧。
  70. ^ 雪国の醗酵文化が生んだ熟成・麹納豆「雪割納豆」を紹介すっからなっす!! おきたま新聞(2015年4月21日)2021年5月16日閲覧
  71. ^ このごろのお餅(その1)-日本経済新聞 文化部編集委員 野瀬泰申”. 日本経済新聞. 2018年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月9日閲覧。
  72. ^ 納豆餅 いま、山形から…山形県メールマガジン第281号”. 山形県. 2018年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月9日閲覧。
  73. ^ a b 餅をいつでもおいしく食べる知恵 岩手・一関の食文化”. 日本経済新聞 (2017年12月29日). 2018年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月9日閲覧。
  74. ^ 「納豆嫌い」の和歌山に「納豆集落」があった! 京都から伝来か産経新聞』2016年3月1日
  75. ^ 鳥取県倉吉市 行政サイト トップページ
  76. ^ 学校給食レシピ|豊田市ホームページ
  77. ^ ケンミンの秘密 | カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW(2010年7月1日放送)
  78. ^ 北大路魯山人『魯山人味道』中公文庫、p.171, ISBN 9784122023468
  79. ^ 横山 2014, p. 60.
  80. ^ 新国 1996.
  81. ^ 横山 2010.
  82. ^ 島田 1986.
  83. ^ 世界の臭い食べ物
  84. ^ En Buenas Manos "El Natto"
  85. ^ 韓経:韓国の食卓に定着する納豆” (日本語). 中央日報. 2018年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月13日閲覧。
  86. ^ 納豆市場が急拡大 ヘルシー志向の高まりで=韓国」『朝鮮日報』。2018年4月13日閲覧。オリジナルの2018-4-13時点におけるアーカイブ。
  87. ^ 納豆にも国際規格? 類似品対策、道険しく|くらし&ハウス|NIKKEI STYLE」『日本経済新聞』。2018年4月13日閲覧。オリジナルの2018-4-13時点におけるアーカイブ。
  88. ^ 総務省統計局 家計調査(二人以上の世帯) 品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(平成27年(2015年)~29年(2017年)平均)
  89. ^ 納豆ごはん専門店 令和納豆
  90. ^ 統計アラカルト”. 熊本県. 2020年7月5日閲覧。
  91. ^ 「納豆:関西では今や夕食のおかず」MSNニュース:2004年4月※夙川学院短期大学(兵庫県)による2004年のアンケートと、2003年家計調査の20年前との比較。
  92. ^ a b 原 1990.
  93. ^ 原 1990, p. 679.
  94. ^ 横山 2014, p. 61.
  95. ^ 横山 2014, pp. 61–62.
  96. ^ 横山 2014, p. 62.
  97. ^ 横山 2014, pp. 62–63.
  98. ^ 横山 2014, pp. 64–65.
  99. ^ 横山 2014, p. 65.
  100. ^ 横山 2014, pp. 66–67.
  101. ^ a b 高野 2020a, p. 38.
  102. ^ 横井 2014, p. 286.
  103. ^ 横山 2010, p. 91.
  104. ^ 吉田 2000, pp. 77–78.
  105. ^ 高野 2020a, pp. 378–381.
  106. ^ 吉田 2000, pp. 77–79.
  107. ^ 高野 2020a, p. 370.
  108. ^ 吉田 2000, pp. 81–84.
  109. ^ a b 新国 1996, p. 237.
  110. ^ 吉田 2000, p. 64.
  111. ^ 新国 1996, pp. 237-.
  112. ^ 高野 2020a, p. 237.
  113. ^ 吉田 2000, pp. 74–75.
  114. ^ 高野 2020a, pp. 227–228, 251.
  115. ^ 吉田 2000, pp. 76–77.
  116. ^ 高野 2020a, pp. 244–245.
  117. ^ 高野 2020b, p. 104.
  118. ^ 島田 1986, p. 105.
  119. ^ 高野 2020b, p. 144.
  120. ^ 吉田 2000, p. 67.
  121. ^ 横山 2012, pp. 132–148.
  122. ^ 高野 2020a, p. 49.
  123. ^ 高野 2020a, pp. 42–43.
  124. ^ 高野 2020a, p. 39.
  125. ^ 横井 2014, pp. 147–148.
  126. ^ 高野 2020a, pp. 44–48.
  127. ^ 横井 2014.
  128. ^ 横井 2014, p. 148.
  129. ^ 吉田 2000, p. 74.
  130. ^ 横井 2014, p. 92.
  131. ^ 今津屋 2016, p. 36.
  132. ^ a b 横井 2014, pp. 112–113.
  133. ^ 横井 2014, pp. 110–112.
  134. ^ 横山 2014, p. 55.
  135. ^ 高野 2020a, pp. 73–75, 79–80.
  136. ^ 高野 2020a, pp. 73–74, 161–162.
  137. ^ 横山 2014, p. 79.
  138. ^ 高野 2020a, pp. 311–312.
  139. ^ a b 高野 2020a, pp. 324–327, 336.
  140. ^ 吉田 2000, p. 71.
  141. ^ 高野 2020a, pp. 166–168.
  142. ^ 横井 2014, pp. 224–225.
  143. ^ 小松本ほか 2019, p. 5.
  144. ^ 横山 2014, pp. 58–59.
  145. ^ 横山 2014, pp. 55, 59.
  146. ^ [1][2]
  147. ^ 吉田 2000, p. 79.
  148. ^ a b c 川田 1991, p. 38.
  149. ^ 原 1990, p. 681.
  150. ^ 吉田 2000, pp. 79–80.
  151. ^ 川田 1991, pp. 38–39.
  152. ^ a b 吉田 2000, pp. 79–81.
  153. ^ 高野 2020b, pp. 35–40.
  154. ^ 高野 2020b, pp. 49–50.
  155. ^ 原 1990, p. 680.
  156. ^ 高野 2020b, pp. 318, 328.
  157. ^ 高野 2020b, p. 61.
  158. ^ 川田 1991, p. 36.
  159. ^ 清水 2020, p. 30-31.
  160. ^ 高野 2020b, pp. 182–184, 201.
  161. ^ 清水 2020, p. 31.
  162. ^ 高野 2020b, pp. 207, 223–224.
  163. ^ 高野 2020b, pp. 249, 274.
  164. ^ 昭文社-なるほど知図帳2009「世界」51ページ。上記データを監修した小泉武夫教授(東京農業大学)の使用済み靴下は 120 Au だった。
  165. ^ マーケティング情報パック:納豆の市場規模、メーカーシェア2013年
  166. ^ 石塚 2016, pp. 128–129.
  167. ^ 石塚 2016, pp. 108–109.
  168. ^ 石塚 2016, p. 143.



納豆

出典:『Wiktionary』 (2014/05/05 12:45 UTC 版)

名詞

なっとう

  1. 甘納豆」の略語
  2. 煮た大豆納豆菌繁殖させて作る食品。(冬の季語)

翻訳

関連語




納豆と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「納豆」の関連用語

納豆のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



納豆のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの納豆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの納豆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS