犬神とは? わかりやすく解説

いぬ‐がみ【犬神】

読み方:いぬがみ

俗信で、人にとり憑(つ)いて害をなすという動物霊の霊とされる中国・四国・九州の諸地方伝わる。


犬神

読み方:イヌガミ(inugami)

人につき害を与えとされる小動物霊、またはその俗信


いぬがみ 【犬神】

四国などに分布する俗信で、これにとり憑かれると、異常な精神状態になるという。などの霊とされる

犬神

作者小酒井不木

収載図書人工心臓
出版社国書刊行会
刊行年月1994.9
シリーズ名探偵クラブ

収載図書小酒井不木集―恋愛曲線
出版社筑摩書房
刊行年月2002.2
シリーズ名ちくま文庫

収載図書小酒井不木探偵小説全集 第2巻 短篇集 2 オンデマンド版
出版社本の友社
刊行年月2004.1


犬神―野狗

作者蒲松齢

収載図書聊斎志異
出版社岩波書店
刊行年月2002.5
シリーズ名岩波文庫


犬神

読み方:イヌガミ(inugami)

初演 安永5.11(江戸森田座)


犬神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 09:04 UTC 版)

犬神(いぬがみ)は、狐憑き、狐持ちなどとともに、西日本に最も広く分布する憑き物(つきもの)。近年まで、大分県東部、島根県四国の北東部から高知県一帯においてなお根強く見られ、キツネの生息していない四国を犬神の本場であると考える説もある。また、犬神信仰の形跡は、島根県西部から山口県九州全域、さらに薩南諸島より遠く沖縄県にかけてまで存在している。宮崎県熊本県球磨郡屋久島ではなまって「インガメ[1][2]種子島では「イリガミ」とも呼ばれる[1]。漢字では「狗神」とも表記される[3]


注釈

  1. ^ なお、この場合は、犬神、蛇神、猿神の起源として語られる鵺は「頭がサル、体が犬、尾が蛇」の妖怪であり、通常の描写とは若干異なる。

出典

  1. ^ a b 日野 2006, p. 234
  2. ^ a b c 大藤 他 1955, pp. 108–130
  3. ^ 浅井了意『伽婢子・狗張子』藤堂憶斗訳、鈴木出版〈江戸怪談集〉、2001年、139頁。ISBN 978-4-7902-1101-3
  4. ^ a b c d e 石塚 1977, pp. 56–59
  5. ^ 『妖怪の本 異界の闇に蠢く百鬼夜行の伝説』中村友紀夫他編、学習研究社〈New sight mook〉、1999年、38-39頁。ISBN 978-4-05-602048-9
  6. ^ a b c 多田 2008, pp. 296–298
  7. ^ a b c 吉田 1978, pp. 32–34
  8. ^ 大藤時彦他『綜合日本民俗語彙』第 2巻、民俗学研究所編、柳田國男監修、平凡社、1955年、764頁。NCID BN05729787
  9. ^ 小松 2015, pp. 68
  10. ^ 『憑物』喜田貞吉編、山田野理夫補、宝文館出版、1975年、192頁。NCID BN02663117
  11. ^ 木村小舟他『大語園』第1巻、巖谷小波編、名著普及会、1978年、446-447頁。NCID BN02844836


「犬神」の続きの解説一覧

犬神(いぬかみ もしくは いぬがみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 02:46 UTC 版)

いぬかみっ!」の記事における「犬神(いぬかみ もしくは いぬがみ)」の解説

現実伝承上の犬神とは微妙に意味合い異なり人の姿をとることも出来巨大な化生その本性は「破邪顕正」(邪を破り正しき顕す、つまり「正義を行う」こと)と言われ川平家の犬神たちのように霊能力を持つ血族との盟約関係を持つ群れ存在複数確認されているとされ、川平以外にも犬神使い」は存在し原作内では東家などが名前だけ挙げられている。犬神使いを含む「人間」善し悪し判断する基準として、少なくとも容姿二の次であり性格や言動重視し潔癖な正義感であることが理想当初、薫の犬神たちが啓太物凄く嫌っていたのは彼が犬神の倫理基準反することばかりしているからであった

※この「犬神(いぬかみ もしくは いぬがみ)」の解説は、「いぬかみっ!」の解説の一部です。
「犬神(いぬかみ もしくは いぬがみ)」を含む「いぬかみっ!」の記事については、「いぬかみっ!」の概要を参照ください。


犬神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 07:09 UTC 版)

戦神 -いくさがみ-」の記事における「犬神」の解説

主人公建御名方命化身として、魔物封印するために戦う。

※この「犬神」の解説は、「戦神 -いくさがみ-」の解説の一部です。
「犬神」を含む「戦神 -いくさがみ-」の記事については、「戦神 -いくさがみ-」の概要を参照ください。


犬神(いぬがみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/14 08:49 UTC 版)

天外魔境ZERO」の記事における「犬神(いぬがみ)」の解説

犬神国を守る神獣友情の神で、白虎キンギン)とは親友であった

※この「犬神(いぬがみ)」の解説は、「天外魔境ZERO」の解説の一部です。
「犬神(いぬがみ)」を含む「天外魔境ZERO」の記事については、「天外魔境ZERO」の概要を参照ください。


犬神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 05:06 UTC 版)

GANTZ」の記事における「犬神」の解説

ぬらりひょん天狗行動する妖怪宇宙人サブリーダー天狗違い細い体格で、水干に高烏帽子被り物静かな顔つきをしている。その細い体から繰り出される手刀対象の返り血浴びないほど素早く、さらに直接触れずとも風圧周囲の物も破壊可能。また、Zガンによる連射耐えるタフネス持ち合わせているZガンによる攻撃天狗と共に服装ボロボロになり、物静かな顔つき一変し本性むき出しにした激昂表情を見せ凶暴化する。島木嚙み殺そうと追い詰めるも、島木ガンツソード頭部切断され死亡

※この「犬神」の解説は、「GANTZ」の解説の一部です。
「犬神」を含む「GANTZ」の記事については、「GANTZ」の概要を参照ください。


犬神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 18:21 UTC 版)

妖怪ウォッチの派生作品の登場キャラクター」の記事における「犬神」の解説

モノノケ族。

※この「犬神」の解説は、「妖怪ウォッチの派生作品の登場キャラクター」の解説の一部です。
「犬神」を含む「妖怪ウォッチの派生作品の登場キャラクター」の記事については、「妖怪ウォッチの派生作品の登場キャラクター」の概要を参照ください。


犬神(いぬがみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 09:18 UTC 版)

永遠かもしれない」の記事における「犬神(いぬがみ)」の解説

ネズミくらいの大きさで、人に取憑き害をなす。人の悪意を餌にして増殖していく。取り憑いた人間精神までを食い尽くすこともある。この内の1匹はこすもに懐き後に彼女を助けるために子犬くらいの大きさにまで成長した

※この「犬神(いぬがみ)」の解説は、「永遠かもしれない」の解説の一部です。
「犬神(いぬがみ)」を含む「永遠かもしれない」の記事については、「永遠かもしれない」の概要を参照ください。


犬神(いぬがみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/31 03:52 UTC 版)

魔界コンビニ物語」の記事における「犬神(いぬがみ)」の解説

狼男満月の夜に変身して首都高を走る体力バカ利用料金はきちんと払っている)。

※この「犬神(いぬがみ)」の解説は、「魔界コンビニ物語」の解説の一部です。
「犬神(いぬがみ)」を含む「魔界コンビニ物語」の記事については、「魔界コンビニ物語」の概要を参照ください。


犬神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/10 03:49 UTC 版)

ねこ神さま」の記事における「犬神」の解説

魔王弟子1号2号がいる。真面目で道徳心が高い。ねこ神たちと同様望み叶える能力をもっており、ねこ神対抗心燃やしている。が、ねこ神たちだけでなく、師匠魔王にも度々振り回されてあたふたしている。

※この「犬神」の解説は、「ねこ神さま」の解説の一部です。
「犬神」を含む「ねこ神さま」の記事については、「ねこ神さま」の概要を参照ください。


犬神(いぬがみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/29 09:19 UTC 版)

モモキュンソード」の記事における「犬神(いぬがみ)」の解説

桃子お供であり、子供のころからの教育係

※この「犬神(いぬがみ)」の解説は、「モモキュンソード」の解説の一部です。
「犬神(いぬがみ)」を含む「モモキュンソード」の記事については、「モモキュンソード」の概要を参照ください。


犬神(いぬがみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 14:10 UTC 版)

妖怪のお医者さん」の記事における「犬神(いぬがみ)」の解説

直樹に取憑き、黒郎を殺そうとしたが、最終的にはマタさん倒される関西弁で話す。

※この「犬神(いぬがみ)」の解説は、「妖怪のお医者さん」の解説の一部です。
「犬神(いぬがみ)」を含む「妖怪のお医者さん」の記事については、「妖怪のお医者さん」の概要を参照ください。


犬神(いぬがみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 16:31 UTC 版)

結城友奈は勇者である」の記事における「犬神(いぬがみ)」の解説

風の1体目の精霊。青いのような姿で、背中黄色い花模様がある。大剣能力関与している風に与えられたドッグフード食べ描写がある。

※この「犬神(いぬがみ)」の解説は、「結城友奈は勇者である」の解説の一部です。
「犬神(いぬがみ)」を含む「結城友奈は勇者である」の記事については、「結城友奈は勇者である」の概要を参照ください。


犬神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/18 06:29 UTC 版)

犬神 (漫画)」の記事における「犬神」の解説

古来から日本において神聖視されてきたオオカミ敬称23細胞宿主

※この「犬神」の解説は、「犬神 (漫画)」の解説の一部です。
「犬神」を含む「犬神 (漫画)」の記事については、「犬神 (漫画)」の概要を参照ください。


犬神(いぬがみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 06:29 UTC 版)

「野球狂の詩」記事における「犬神(いぬがみ)」の解説

プロ野球連盟総裁『野球狂の詩』世界で野球機構最高権力者水原入団最大のであったが、阪神とのオープン戦での水原力投目にして、野球協約追加事項加え入団認めた『ドカベン』犬神了同じく眼帯

※この「犬神(いぬがみ)」の解説は、「野球狂の詩」の解説の一部です。
「犬神(いぬがみ)」を含む「野球狂の詩」の記事については、「野球狂の詩」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「犬神」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「犬神」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「犬神」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



犬神のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの犬神 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのいぬかみっ! (改訂履歴)、戦神 -いくさがみ- (改訂履歴)、天外魔境ZERO (改訂履歴)、GANTZ (改訂履歴)、妖怪ウォッチの派生作品の登場キャラクター (改訂履歴)、永遠かもしれない (改訂履歴)、魔界コンビニ物語 (改訂履歴)、ねこ神さま (改訂履歴)、モモキュンソード (改訂履歴)、妖怪のお医者さん (改訂履歴)、結城友奈は勇者である (改訂履歴)、犬神 (漫画) (改訂履歴)、野球狂の詩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS