天王とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 天王の意味・解説 

てん のう -わう [3] 【天王】

〔「てんおう」の連声
〘仏〙
欲界最下級の天を統率する四人天人四天王
帝釈天大梵天など多数天人統率している天人
牛頭ごず)天王。
中国で、天子の称。

天王

読み方:テンオウtenou

中国君主称号の一。


天王

読み方:テンノウ(tennou)

御霊の神の一つ牛頭天王をさす。


てんのう 【天王】

仏教天人の王的存在をいう。欲界最下級の天を統率する四人天人四天王)。その他、帝釈天大梵天牛頭天王など。牛頭天王祭り天王祭という(疫病神祓い祭り)。

天王

読み方:テンノウ(tennou)

正称 尾鷲神社

教団 神社本庁

所在 三重県尾鷲市

祭神 建速須佐之男命 ほか


天王

読み方:テンノウ(tennou)

正称 高嶺神社

教団 神社本庁

所在 兵庫県赤穂郡上郡町

祭神 須佐之男命 ほか

神社名辞典では1989年7月時点の情報を掲載しています。

天王

読み方:テンノウ(tennou)

所在 富山県魚津市


天王

読み方:テンノウ(tennou)

所在 福井県丹生郡越前町


天王

読み方:テンノウ(tennou)

所在 愛知県一宮市


天王

読み方:テンノウ(tennou)

所在 京都府京田辺市


天王

読み方:テンノウ(tennou)

所在 大阪府茨木市


天王

読み方:テンノウ(tennou)

所在 大阪府豊能郡能勢町


天王

読み方:テンノウ(tennou)

所在 青森県上北郡七戸町


天王

読み方:テンノウ(tennou)

所在 宮城県伊具郡丸森町


天王

読み方:テンノウ(tennou)

所在 宮城県加美郡加美町


天王

読み方:テンノウ(tennou)

所在 秋田県潟上市


天王

読み方:テンノウ(tennou)

所在 新潟県新発田市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

天王

読み方:テンノウ(tennou)

所在 秋田県(JR男鹿線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

天王

読み方
天王あまおう
天王てんのう

天王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/07 15:25 UTC 版)

天王(てんのう・てんおう)


  1. ^ 南川高志編『歴史の転換期2 378年 失われた古代帝国の秩序』(山川出版社 2018年)p.200-202


「天王」の続きの解説一覧



天王と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天王」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||



7
74% |||||


9
70% |||||

10
70% |||||

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



天王のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天王 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS