ブレザーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣服 > ジャケット > ブレザーの意味・解説 

ブレザー [2] 【blazer】

スポーティー背広型のジャケット。主にフラノ地を用い,パッチ-ポケット金属ボタン。左胸に所属クラブエンブレムをつけることもある。ブレザー-コート

ブレザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/11 03:00 UTC 版)

ブレザー: blazer)は上着ジャケットの一種であり、形状により「リーファージャケット」(reefer jacket)又はスポーツ・ジャケット」(sports jacket)とも呼ばれる。金属製のシャンクボタンや左胸のパッチポケットに貼り付けられたエンブレム等が特徴として挙げられるが、現在の欧米ではこれらの特徴が無いテーラードタイプの上着もブレザーと称する[1] 。 生地は耐久性のあるウール(ウールサージ)が多いが、綿製等のものも存在する。色は系統又はのものが多いが、原色系を含む様々な色やストライプ等の柄が入ったものもある。フォーマルに着られるもの、学校航空会社等の制服には系統又はのものが多く、カジュアルなものやスポーツクラブの制服には派手な色や柄のものが多く見られる。




  1. ^ 辻元 p113
  2. ^ エイミスp34-36
  3. ^ 辻元 p113
  4. ^ 辻元2012p94-95
  5. ^ a b c Blazer History A savvy row buying guide.savvy row
  6. ^ 辻元 p113-115
  7. ^ エイミスp34-36
  8. ^ エイミスp35
  9. ^ 64年東京五輪「日の丸カラー」の公式服装をデザインしたのは誰か安城寿子、Yahoo, 2016年9月6日
  10. ^ a b c d How the Blazer Got Its NameTown&Country, Jun 17,
  11. ^ Slang and Its Analogues Past and Present: A Dictionary, Historical and Comparative of the Heterodox Speech of All Classes of Society for More Than Three Hundred Years, Volume 1John Stephen Farmer, 1890
  12. ^ The Eagle: A Magazine Support by Members of St. John's College, Volume 15W. Metcalfe, 1889
  13. ^ A Dictionary of University Oxford, 1885Macmillan, 1885
  14. ^ 膝丈で前合わせがダブルの上着。プロイセン軍の軍服であった頃は立襟だったが、やがて開襟のものも現われた。
  15. ^ 帆を畳む者の意味。転じて士官候補生を意味するようになった。
  16. ^ エイミスp35
  17. ^ イギリス政府のサイト
  18. ^ Not Enough Room to Swing a Cat: Naval slang and its everyday usageMartin Robson, Bloomsbury Publishing, Oct 1, 2012
  19. ^ 田所
  20. ^ 辻元
  21. ^ 辻元p117-118


「ブレザー」の続きの解説一覧



ブレザーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブレザー」の関連用語

ブレザーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブレザーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブレザー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS