ガッツ石松とは?

ガッツ石松

ガッツ石松の画像 ガッツ石松の画像
芸名ガッツ石松
芸名フリガナがっついしまつ
性別男性
生年月日1949/6/5
星座ふたご座
干支丑年
出身栃木県
身長172 cm
体重79 kg
URLhttp://www.guts-ishimatsu.com/
ブログURLhttp://ameblo.jp/guts-ishimatsu/
デビュー年1974
プロフィール1949年、父・高四郎、母・ハツ次男として栃木県鹿沼市北半田生まれる。1965年粟野町第二清洲中学校卒業。その2日後、上京1966年3月ボクシング名門ヨネクラジム入門同年10月プロテスト合格12月デビュー戦で1回KO勝ち。1968年全日本新人王となる。1972年東洋ライト級チャンピオン(2回攻防)、1974年4月11日WBC世界ライト級チャンピオンとなり、連続5回攻防1979年プロボクシング界から引退通算戦績5131勝(17KO)14敗6分。その後出演したNTVうわさのチャンネル」をきっかけに、スナック経営などを経た後、芸能界転身ドラマ・映画・CM・ラジオ活躍するほか、CD著書多数2008年からは、広島国際学院大学現代社会学部客員教授務める。
デビュー作映画『極悪拳法
代表作品1映画『カンバック制作・脚本・監督・主演
代表作品2映画『ガッツ伝説・愛しのピットブル主演
代表作品3著書生き残りケンカ哲学』(NP出版
職種タレント俳優女優/スポーツ/文化人/音楽
趣味・特技ゴルフハンディ16)/バナナ食すること/動物との戯れ/日向ぼっこ

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
栃木県出身のタレント  彩羽真矢  井波知子  草野日菜子  ガッツ石松  きーぽん  伊藤真弓

ガッツ石松

以下の映画ガッツ石松関連しています。
エイ・エム・シー/アットマークライブ/アルファ・ジャパン・プロモーション
キネマスターフィルム
グルーヴコーポレーション
東京テアトル=セディックインターナショナル配給
 


ガッツ石松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/26 13:37 UTC 版)

ガッツ 石松(ガッツ いしまつ、1949年6月5日[1] - )は、日本男性俳優タレント広島国際学院大学現代社会学部客員教授。元プロボクサー。元WBC世界ライト級チャンピオン。本名は鈴木 有二(すずき ゆうじ)。栃木県上都賀郡清洲村粟野町(現:鹿沼市)出身。[2] 株式会社 ガッツ・エンタープライズ代表取締役社長であり、ガッツ・エンタープライズ所属。




  1. ^ ガッツ石松 allcinema
  2. ^ 履歴書 中京テレビ『ろみひー』公式ページアーカイブ参照
  3. ^ ただし1980年2月18日放送の「徹子の部屋」に出演した際には、ボクサー修行をしていた際から俳優も志しており、東映の撮影所を訪れたが守衛に断られて断念した経験があったと語った。
  4. ^ この事件の新聞の見出しは「石松、場外で8人KO」だった。
  5. ^ 本来は、相手がどんな挑戦者であろうと「組まれたマッチメイクを受ける義務」の規定である。
  6. ^ a b アサ芸プラス (2012年5月24日). “「挫折」の受け止め方 ガッツ石松”. Exciteニュース. p. 2. 2016年1月18日閲覧。
  7. ^ 初黒星を喫した興毅 防御技術に大きな差 Sponichi Annex ニュース 2010年3月27日
  8. ^ 躾糸と称して凧糸を史郎に渡し、服装も不良が来そうな派手な服でサングラスも掛けて数珠のようなネックレスもしていた。やく曰く「あんた(史郎)の倅は他人に対してこういう態度で接している。これと同じことをやっている」「普通に意見を言ったのでは話を聞かないから敢えて同じ態度で臨んで長男・興毅がどれだけ失礼な態度を取っているかをわからせるためにやった」とのこと
  9. ^ しんぶん赤旗』2007年6月26日付1面
  10. ^ 『正論』2012年9月号P202


「ガッツ石松」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガッツ石松」の関連用語

ガッツ石松のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ガッツ石松のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2020 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガッツ石松 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS