京唄子とは?

京唄子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/22 10:00 UTC 版)

京 唄子(きょう うたこ、1927年7月12日[1] - 2017年4月6日[2])は、日本女優漫才師である。本名:鵜島ウタ子(うじま・うたこ)[1]京都府京都市上京区西陣出身[1]さち子プロに所属していた。




  1. ^ a b c 京唄子 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2017年4月6日閲覧。
  2. ^ a b “京唄子さん死去 鳳啓助さんとの夫婦漫才で人気 09年には腰椎骨折も”. デイリースポーツ. (2017年4月7日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/07/0010074209.shtml 
  3. ^ 日刊スポーツ 1994年8月10日
  4. ^ “京唄子・鳳啓助さんら上方演芸の殿堂入り”. asahi.com (朝日新聞社). (2008年3月20日). オリジナルの2008年3月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080322035129/http://www.asahi.com/culture/update/0320/OSK200803200029.html 2008年3月21日閲覧。 
  5. ^ “京唄子さん死去 89歳 鳳啓助さんと夫婦漫才 「渡鬼」などで存在感”. スポーツニッポン. (2017年4月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/07/kiji/20170407s00041000128000c.html 
  6. ^ “漫才師・俳優の京唄子さん死去 「渡鬼」などに出演”. 朝日新聞デジタル. (2017年4月7日). http://www.asahi.com/articles/ASK473QXSK47PTFC008.html 2017年4月7日閲覧。 
  7. ^ “京唄子さん死去、89歳 漫才コンビ「唄子・啓助」女優や司会者でも活躍”. 産経ニュース (産経WEST). (2017年4月7日). http://www.sankei.com/smp/west/news/170407/wst1704070033-s1.html 
  8. ^ “京唄子さん死去、89歳 鳳啓助さんと夫婦漫才 「渡る世間-」にも出演”. サンスポ.com (サンケイスポーツ). (2017年4月7日). http://www.sanspo.com/smp/geino/news/20170407/geo17040711100019-s.html 
  9. ^ “京唄子さん 親しかった上沼恵美子の見舞いも辞退 通夜、しめやかに”. デイリースポーツ. (2017年4月7日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/07/0010075779.shtml 
  10. ^ “京唄子さん葬儀 「日本一!」拍手で見送る 長女「もう一度舞台に」”. デイリースポーツ. (2017年4月9日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/08/0010077370.shtml 
  11. ^ “出棺で「京唄子、日本一!」近親者や関係者が最後の別れ惜しむ”. スポーツ報知. (2017年4月9日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170408-OHT1T50240.html 


「京唄子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「京唄子」の関連用語

京唄子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



京唄子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの京唄子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS