172とは? わかりやすく解説

172

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 15:45 UTC 版)

172百七十二、ひゃくななじゅうに)は自然数、また整数において、171の次で173の前の数である。




「172」の続きの解説一覧

1/72スケール

(172 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/27 01:15 UTC 版)

1/72スケール(ななじゅうにぶんのいちスケール)は、スケールモデルで用いられる国際標準スケールの1つである。1930年代プラモデル誕生時に航空機模型縮尺として採用され、現在でも航空機戦車模型の縮尺として広く使用されている。




  1. ^ A Short History of Recognition Models”. frogpenguin.com. 2007年11月5日閲覧。
  2. ^ Civilians for Defense”. Collect Air. 2007年11月5日閲覧。
  3. ^ Francis, Tim (2002年12月). “The Definitive 1/72 Scale Model Census”. 72scale.com. 2007年11月30日閲覧。
  4. ^ ミリタリーモデルでは、概ね1/72から1/144位までがミニスケールと呼ばれることが多い。
  5. ^ Plastic Soldier Review
  6. ^ 例えばホビーボスからドイツ軍用機関車Br52やWR360C12ディーゼル機関車などが発売されている。また、列車砲や軍用車両輸送用貨車、装甲列車なども複数のメーカーから発売されている。
  7. ^ エアフィックスからは1/76、ドイツレベルからは1/87、マイクロエース(旧有井製作所)などからは1/80(多くの場合表示は「HOゲージ」)の鉄道車両のプラモデルが発売されている。
  8. ^ 1/72 Mini-Car Collection
  9. ^ Francis, Tim (2002年12月). “The Definitive 1/72 Scale Model Census”. 72scale.com. 2007年11月30日閲覧。


「1/72スケール」の続きの解説一覧

172

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 07:29 UTC 版)

JR貨物U19A形コンテナ」の記事における「172」の解説

日本通運所有。 ※規格外ハローマーク(高さ、2591mm = H ・ = G付き総重量、6.8 t 鉄道内航船兼用コンテナ。対二方向(両側開き

※この「172」の解説は、「JR貨物U19A形コンテナ」の解説の一部です。
「172」を含む「JR貨物U19A形コンテナ」の記事については、「JR貨物U19A形コンテナ」の概要を参照ください。


172

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 22:27 UTC 版)

JR貨物UF15A形コンテナ」の記事における「172」の解説

ヤンマー所有。L字二方開き

※この「172」の解説は、「JR貨物UF15A形コンテナ」の解説の一部です。
「172」を含む「JR貨物UF15A形コンテナ」の記事については、「JR貨物UF15A形コンテナ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「172」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「172」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「172」に関係したコラム

  • 株式分析の新値足とは

    株式分析の新値足とは、株価のトレンドの転換点を見つけるためのテクニカル指標です。新値足は、当日の終値が前日の終値よりも高い時か安い時にのみ陰陽線を描画します。高値を上回らない時、安値を下回らなければ描...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

172のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



172のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの172 (改訂履歴)、1/72スケール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのJR貨物U19A形コンテナ (改訂履歴)、JR貨物UF15A形コンテナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS