OOゲージとは? わかりやすく解説

OOゲージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/28 16:56 UTC 版)

OOゲージ(ダブルオーゲージ、英語:OO gauge)は、鉄道模型の縮尺と軌間を示す呼称のひとつ。縮尺1/76.2 (4mmスケール)・軌間16.5mmの鉄道模型規格を指すが、縮尺については一般的に1/76とされる。OOは「オー オー」ではなく、「ダブルオー」と読む。イギリスアイルランドにおいて最も普及している規格である。縮尺1/76を指してOOスケールとも呼称され、鉄道模型以外の模型プラモデルミニカーでも使用される。




「OOゲージ」の続きの解説一覧

OOゲージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/04 20:46 UTC 版)

Dapol」の記事における「OOゲージ」の解説

Dapolでは主に貨車製品化している。イギリス国鉄以前古典的な2軸貨車主流であるが、国鉄以降の近代的な貨車近年増えている。

※この「OOゲージ」の解説は、「Dapol」の解説の一部です。
「OOゲージ」を含む「Dapol」の記事については、「Dapol」の概要を参照ください。


OOゲージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 18:52 UTC 版)

きかんしゃトーマス関連商品」の記事における「OOゲージ」の解説

イギリスホーンビィ社が商品化本来のモデル機関車製品に顔をつけたものが多い為、最もリアルな量産商品といえるが、パーシー・トビー・ビル・ベンなどモデル機関車鉄道模型製品が無い場合は、極端に玩具的な造りレベルダウンしてしまう。エドワードエミリーのように本来のモデル機関車製品ではない、比較似ている製品に顔をつけてしまう例もある。OOゲージの歴史的な構造上の問題で、軌間が本来より狭いため、内側シリンダー表現し辛い。車両の種類は多いが、出来に関して玉石混交である。価格はOOゲージとしては廉価設定である。2014年に一旦絶版2015年リニューアルされ復活したが、2018年を以て販売及び生産終了することを発表した

※この「OOゲージ」の解説は、「きかんしゃトーマス関連商品」の解説の一部です。
「OOゲージ」を含む「きかんしゃトーマス関連商品」の記事については、「きかんしゃトーマス関連商品」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「OOゲージ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

OOゲージのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



OOゲージのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのOOゲージ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのDapol (改訂履歴)、きかんしゃトーマス関連商品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS