おんな太閤記とは? わかりやすく解説

おんな太閤記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/25 18:05 UTC 版)

おんな太閤記』(おんなたいこうき)はNHK1981年1月11日から12月20日まで放映した大河ドラマ第19作。主演は佐久間良子。全50話が放送され、豊臣秀吉の正室・ねね北政所)の視点で戦国時代から江戸時代初期(大坂の陣)までを描く。


注釈

  1. ^ 桑田には『信長の手紙』などの著書があり、ねね宛ての悋気を戒める手紙などを本編に巧みに取り入れるなどし、織田信長配下の秀吉・ねね夫妻の生活描写に貢献した。
  2. ^ 澁谷によると、橋田が大河ドラマで自らのイニシアティブで企画を出したのは、3作目の『春日局』が初めてだったという[2]
  3. ^ 「お禰(おね)」が正しいという説を唱えたのは本作の監修を務めた桑田忠親であるが、本作では採用されなかった。大河ドラマでクレジット上「おね」と表記されたのは、後年の作品となる『秀吉』『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』『江〜姫たちの戦国〜』『軍師官兵衛』である。なお「おね」「ねね」の両説の詳細は高台院#諱についての論議を参照。
  4. ^ 西田は、2006年の『功名が辻』で徳川家康を演じている。その際、ガイドブックで本作を意識した発言をしている。
  5. ^ 1981年時点で平均視聴率が30%を超えた大河ドラマは1964年の『赤穂浪士』(31.9%)、1965年の『太閤記』(31.2%)のみであった。
  6. ^ a b 兄弟役となる木下勝俊と小早川秀秋は、実際にも兄弟である大和田伸也と大和田獏が演じている。
  7. ^ 藤岡は1989年度大河ドラマ『春日局』でも織田信長を演じた。
  8. ^ 滝田は2010年4月8日の『生中継 ふるさと一番!』で兼六園を訪れ、その際、利家を演じたことを引き合いに出して冗談半分に「僕の庭」と言っていた[要出典]。その2年後の『徳川家康』では主演を務めた。
  9. ^ 葵 徳川三代』(2000年)でも同役を演じている。
  10. ^ 一部放送日時の変更あり。
  11. ^ 司馬遼太郎の小説『豊臣家の人々』に収録されている「駿河御前」の章でも、あさひの最初の夫(こちらでは佐治日向)の本名を「源助」もしくは「嘉助」としている。これは単なる偶然ともいえるが、ドラマ制作より10年以上前に出版された『豊臣家の人々』をNHKの番組スタッフが参考資料としていた可能性がある。

出典

  1. ^ a b c d e f 春日 2021, pp. 259–261.
  2. ^ 春日 2021, pp. 360–361.
  3. ^ a b c 春日 2021, pp. 262–263.
  4. ^ 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.56.
  5. ^ NHK番組表ヒストリー - NHKクロニクル
  6. ^ 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ
  7. ^ ビデオリサーチ NHK大河ドラマ 過去の視聴率データ
  8. ^ 日本放送協会. “再放送情報「おんな太閤記」”. ドラマトピックス. 2022年2月9日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おんな太閤記」の関連用語

おんな太閤記のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



おんな太閤記のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのおんな太閤記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS