細川忠興とは? わかりやすく解説

ほそかわ‐ただおき〔ほそかは‐〕【細川忠興】

読み方:ほそかわただおき

[1563〜1646]安土桃山江戸初期武将。幽斎の長男織田信長豊臣秀吉仕えたが、関ヶ原の戦いでは徳川方につき、軍功によって豊前(ぶぜん)小倉城主。のち、剃髪して号を三斎法名宗立称した和歌をよくし、茶の湯千利休門下七哲の一人


細川忠興

作者大栗丹後

収載図書戦国武将まんだら秘本三十六人
出版社春陽堂書店
刊行年月1999.8
シリーズ名春陽文庫


細川忠興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/19 15:03 UTC 版)

細川 忠興(ほそかわ ただおき) / 長岡 忠興(ながおか ただおき)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将大名丹後国宮津城主を経て、豊前国小倉藩初代藩主。肥後細川家初代。


注釈

  1. ^ 光秀は藤孝・忠興父子に対しては「領地は摂津を与えるが、若狭を望むなら若狭を与え、他にも欲しいものがあれば必ず約束を履行する。50日、100日の内に近国を平定して地盤を確立したら、十五郎(光秀嫡男の光慶)や与一郎(忠興)に全てを譲って隠居する」などと6月9日付で出された書状で誓約するといったように[6]、破格の条件を提示し、味方になることを請うた。

出典

  1. ^ 米原 2000, 諏訪勝則「幽斎・忠興関係年譜」 , p.226.
  2. ^ a b c 米原 2000, 野澤隆一「細川藤孝・忠興と信長と」 , p.79.
  3. ^ 田端, p. 88.
  4. ^ 米原 2000, 宮本義己「細川幽斎・忠興と本能寺の変」 , p.87.
  5. ^ 米原 2000, 宮本義己「細川幽斎・忠興と本能寺の変」 , p.88.
  6. ^ 高柳光寿『明智光秀 新装版』吉川弘文館、1986年。243-244頁
  7. ^ 森島康雄「細川ガラシャの味土野幽閉説を疑う」(『丹後郷土資料館調査だより』9号、2020年)
  8. ^ 奥村, p. 96.
  9. ^ 村川, p. 27.
  10. ^ 村川, p. 36.
  11. ^ 奥村, p. 109.
  12. ^ a b 水野 2019.
  13. ^ 福原透「角田因幡守入道宗伊・細川陸奥守入道宗賢の事蹟について」(初出:『熊本史学』74・75号、1998年)/所収:木下昌規 編『シリーズ・室町幕府の研究 第四巻 足利義輝』(戎光祥出版、2018年) ISBN 978-4-86403-303-9) 2018年、P130-132.
  14. ^ a b 宮本 1995.
  15. ^ 宮本 2017.
  16. ^ 村川, p. 103.
  17. ^ 永尾, p. 171.
  18. ^ 永尾, p. 174.
  19. ^ 永尾, p. 177.
  20. ^ 永尾, p. 178.
  21. ^ 矢部, p. 34.
  22. ^ 矢部, p. 102.
  23. ^ 細川家のローマ字印文書 (PDF)”. 熊本県立大学学術リポジトリ. 2021年1月11日閲覧。
  24. ^ 笠谷, 宮本義己「徳川家康と本草学」.
  25. ^ 宮本 2002, p. 138-140.
  26. ^ 宮本 2002, p. 141.
  27. ^ 宮本 2002, p. 142.
  28. ^ 永青文庫所蔵品 簡易データベース 歌仙拵(腰刻黒漆研出鮫打刀拵)、2014年7月26日閲覧。
  29. ^ 小窪健一『図鑑 刀装のすべて』光芸出版、1971年、p. 55 - 56
  30. ^ 永青文庫所蔵品 簡易データベース 黒糸威二枚胴具足、2014年7月26日閲覧。
  31. ^ 山岸素夫『日本甲冑論集』つくばね舎、1991年、p. 242
  32. ^ a b 田端, p. 152.
  33. ^ 戸田敏夫 『戦国細川一族』新人物往来社、1982年、296-297頁。 


「細川忠興」の続きの解説一覧

細川忠興(基地・細川藤孝の強化版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 03:52 UTC 版)

婆裟羅2」の記事における「細川忠興(基地細川藤孝強化版)」の解説

20歳藤孝息子茶道にも秀でたのある武将普段は良識的な武人だが、冷酷かつ残忍な面も見せることもある。光秀の娘を妻として迎えたが、自らの手で舅を葬り妻の助命願おうとする非常の決意固める。

※この「細川忠興(基地・細川藤孝の強化版)」の解説は、「婆裟羅2」の解説の一部です。
「細川忠興(基地・細川藤孝の強化版)」を含む「婆裟羅2」の記事については、「婆裟羅2」の概要を参照ください。


細川忠興(ほそかわ ただおき)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 16:53 UTC 版)

バガボンド」の記事における「細川忠興(ほそかわ ただおき)」の解説

小倉城城主。かつて武勇謳われた武将であった無類の剣豪好きで武蔵吉岡七十人斬りの噂をききつけ細川家剣術指南役武蔵提案する

※この「細川忠興(ほそかわ ただおき)」の解説は、「バガボンド」の解説の一部です。
「細川忠興(ほそかわ ただおき)」を含む「バガボンド」の記事については、「バガボンド」の概要を参照ください。


細川忠興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 21:07 UTC 版)

戦国無双シリーズ」の記事における「細川忠興」の解説

ガラシャコレクション武将一人

※この「細川忠興」の解説は、「戦国無双シリーズ」の解説の一部です。
「細川忠興」を含む「戦国無双シリーズ」の記事については、「戦国無双シリーズ」の概要を参照ください。


細川忠興(ほそかわ ただおき)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 00:37 UTC 版)

利休にたずねよ」の記事における「細川忠興(ほそかわ ただおき)」の解説

利休弟子。妻のガラシャは、利休美しいものに怯えているように見えたと話す。

※この「細川忠興(ほそかわ ただおき)」の解説は、「利休にたずねよ」の解説の一部です。
「細川忠興(ほそかわ ただおき)」を含む「利休にたずねよ」の記事については、「利休にたずねよ」の概要を参照ください。


細川忠興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 02:07 UTC 版)

徳川家康 (山岡荘八)」の記事における「細川忠興」の解説

細川藤孝(幽斎)の長男

※この「細川忠興」の解説は、「徳川家康 (山岡荘八)」の解説の一部です。
「細川忠興」を含む「徳川家康 (山岡荘八)」の記事については、「徳川家康 (山岡荘八)」の概要を参照ください。


細川忠興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 01:31 UTC 版)

ガンリュウ」の記事における「細川忠興」の解説

小倉藩主。武芸好きの大名で、免許皆伝後のガンリュウ召し抱えていた。

※この「細川忠興」の解説は、「ガンリュウ」の解説の一部です。
「細川忠興」を含む「ガンリュウ」の記事については、「ガンリュウ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「細川忠興」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



細川忠興と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

細川忠興のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



細川忠興のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの細川忠興 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの婆裟羅2 (改訂履歴)、バガボンド (改訂履歴)、戦国無双シリーズ (改訂履歴)、利休にたずねよ (改訂履歴)、徳川家康 (山岡荘八) (改訂履歴)、ガンリュウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS