鍔とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > > の意味・解説 

つば [1]・鐔

刀剣の柄(つか)と刀身との境目挟み、柄を握る手保護する板。形・大きさとも種々ある。刀身を通す孔(なかごあな)があけてある。多く鉄製であるがでもつくる。つみは。
帽子のまわりに庇(ひさし)のように出ている部分 -の広い帽子
釜(かまのまわりに庇のように出ていて、かまどの縁にかかるようになっている部分

つみ は ・鐔

「つば(鍔)」の古名復た剣(つるぎ)の-より垂(したた)る血、激越そそ)きて神と為る日本書紀 神代上訓
「鍔」に似た言葉
    


読み方:つば

  1. 焼麩。或は針のことを云ふ。

読み方:つば

  1. 焼麩。〔第六類 器具食物
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

名字 読み方
つば
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

読み方
つば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/22 07:46 UTC 版)

鐔・鍔(つば[1])は、刀剣の柄と刀身との間に挟んで、柄を握る手を防護する部位、もしくは部具の名称である。


  1. ^ 」の字は、刀剣界では現在は用いていない
  2. ^ 大きな鍔の付いている打刀様式の物を特に「鍔(鐔)刀(つばかたな)」と呼ぶ用語があることが、後の時代のもののような大きな鍔が付いていることは一般的ではなかった事を示している、という考察がある
  3. ^ 鞘口を握った手で鍔を指で押してハバキを鞘から外し、鞘に収まっている刀をすぐに抜き放てる状態にすること
  4. ^ 鍔のない、もしくは鍔の小さい/軽い刀は切先の側が重くなるため、片手で素早く抜いて相手に叩き付けるような使い方に向く。逆に、鍔の大きい/重い刀は握った手元に重心が来るため、鞘から抜いて構えた後に刀を振る剣術や、刀身が長く重量の大きな刀に向いている。前述の「打刀」様式に鍔のないものが長らく主流であったことは、このことが理由の一つと考えられている。
  5. ^ 鍔の「中心穴」と読みが同じなため注意
  6. ^ むしろ分割された鍔の一部と言える
  7. ^ 大切羽がある場合、通常の大きさの切羽は「小切羽(しょうせっぱ・こせっぱ)」と呼ばれる
  8. ^ 左右海鼠透の図案そのものは宮本武蔵が考案する前から肥後鐔の図案として存在し、宮本武蔵の創案ではない、とはされている
  9. ^ 『刀と真剣勝負 日本刀の虚実』(渡辺誠)p.145


「鍔」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2016/07/23 11:20 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



鍔と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鍔」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||


7
76% |||||

8
76% |||||


10
国語辞典
76% |||||

鍔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鍔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2020 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鍔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS