切羽とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 現場 > 切羽の意味・解説 

せっ‐ぱ【切羽】

刀の鐔(つば)の表裏が、それぞれ柄(つか)と鞘(さや)に接す部分添える薄い金具

差し迫っていること。また、その場面。急場。どたん場。

生きる死ぬるの—ぞと」〈浄・五羽子板


きり‐は【切(り)羽/切(り)端】


せっ‐ぱ【切羽】

〔名〕

刀身の鎺(はばき)の受け金。柄(つか)・鞘(さや)の外周ならって楕円形作り、縁に刻み目を入れるのをふつうとし、刻切羽(きざみせっぱ)・佐佐良切羽(ささらせっぱ)などの名称がある。太刀類の大形の鍔(つば)の際は、別に鍔にならった大形の切羽を加えて、これを大切羽(おおせっぱ)という。〔文明本節用集室町中)〕

切羽&wc1;の画像

浄瑠璃堀川波鼓(1706頃か)中「むね押ひらけば九寸五ぶ肝先(きもさき)にせっぱ迄、刺しとをしてぞゐたりける」

② さし迫った場合窮迫した状態。どたん場。急場

浄瑠璃雪女五枚羽子板(1708)厄払ひ「いきるしぬるのせっぱぞと心もをくれ手もふるひ」

③ (━する) ひざづめ談判をすること。詰め開きすること。切羽鎺(せっぱはばき)。

浮世草子手代袖算盤(1713)二「きさが懐妊もたせかける切破(セッハ)の只中と、やうやうとがてんして聞ゐるに」


きり‐は【切羽】

〔名〕 トンネル工事鉱石採掘現場などで、掘り進めている坑道先端切場(きりば)。

地の群れ1963)〈井上光晴〉八「ダイナマイトをかけた坑道は働いている間じゅう甘ずっぱい空気を切羽(キリハ)に匍わせているが」


切羽

読み方:セッパ(seppa)

刀の鍔が、柄と鞘に接するところの両面添える薄い金物


切羽(きりは)

掘削


切羽

掘削

切羽

読み方:セッパ(seppa)

刀の鍔の両面中心部につける薄い長円形金具


切羽(せっぱ)

刀身刃区部分装着したハバキと、柄の縁金具両側押さえられて鐔を挟む位置装着される薄い金具のことで、柄口部分締まり(鐔のガタつき)の微調整をするためにある。多く素銅金着とされ、鐔から刀身保護する目的と、逆に鐔や縁を傷付けぬためにもある。鐔が固定されて動かぬところから、どうにもならない局面追い込まれることを切羽詰まるとは昔から良く用いられる表現である。



切羽と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「切羽」の関連用語

切羽のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



切羽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2022 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2022 GRAS Group, Inc.RSS