e4とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > e4の意味・解説 

【E-4】(いーよん)

Boeing E-4"Night Watch".
アメリカ合衆国連邦政府の「国家空中作戦センターNAOC)」として、空軍運用している空中指揮機。
当初は国家緊急空中指揮所」(National Emergency Airborne Command Post(NEACP(ニーキャップ)))と呼ばれていた。
また、後述する任務性質から「地球最後の日飛行機」という異名でも呼ばれていた)

本機任務は、核戦争大規模な自然災害など、国家存亡直結する事態発生した際に備え政府及び軍の指揮中枢のバックアップ環境提供してその機能停止回避することである。
そのような事態発生した際は国家指揮権限有する人物大統領および国防長官)と指揮幕僚乗せて空中退避しアメリカ全軍への指揮をおこなう。

本機は、EC-135空中国家指揮所(ABNCP)の後継機として1973年に「発達空中国家指揮所(AANCP)」の呼称発注され1974年に3機が就役E-4A)。
後の1980年各部改良した1機(E-4B)が就役し、1985年までにA型として就役した機体全てB型改修された。

B747-200B をベース製作され本機は、その任務を果たすため、さまざまな特殊装備擁する
世界各国展開する司令部部隊通信するため、胴体上部衛星通信EHFアンテナや、機尾から曳航する6キロメートルLF / VLFアンテナ装備する
長時間滞空するために空中受油装置備え無給油で12時間エンジンオイルの切れる72時間まで連続飛行が可能となっている。
核爆発に際して発生するEMP電磁パルスに備えて各種電子装備対策施されている。
また機器莫大な消費電力まかなうため、各エンジンには150kVAの出力を持つ発電機が2基ずつ計8基が備えられている。
広大なキャビン国家指揮権限作業室会議室、ブリーフィングルーム、戦闘幕僚作業室通信管制センター休憩室分けられている。

現在の本機は、4機全機ネブラスカ州オファット空軍基地所在の第12空軍55航空団航空戦闘集団隷下)に属し大統領近くに必ず1機以上が待機する態勢整えている。
大統領エアフォースワン乗って外遊する際などには、必ずこれに随行して現地空港(あるいは近く在外米軍基地)へ飛び海兵隊運用する大統領専用ヘリ(マリーンワン)・VH-60Nと共に緊急事態備える。

一時期財政赤字削減策として本機退役検討されたこともあったが、2011年から順次近代化改装施されており、まだ当面の間使用されるものと見られている

スペックデータ

派生型(カッコ内は生産機数)


E4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/17 04:59 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

E4

関連項目



E4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 03:06 UTC 版)

2001年開局若者向け編成

※この「E4」の解説は、「チャンネル4」の解説の一部です。» 「チャンネル4」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

e4のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



e4のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのE4 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのチャンネル4 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS