ドラゴンボールZ_激突!!100億パワーの戦士たちとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ドラゴンボールZ_激突!!100億パワーの戦士たちの意味・解説 

ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/16 06:21 UTC 版)

ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち』(ドラゴンボールゼット げきとつ!!ひゃくおくパワーのせんしたち)は、1992年3月7日に公開された『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開作第9弾である。監督は西尾大介




注釈

  1. ^ 2006年時点の資料で配給収入1位と紹介されており[3]、2016年の書籍でも1996年までの劇場版で配給収入1位として掲載されている[2]
  2. ^ 2006年時点の資料で動員数が最高記録1位と紹介されている[3][4]
  3. ^ フリーザの最終形態にあたる姿。
  4. ^ 『DRAGON BALL大全集7』ではエネルギー砲とも表記されている。

出典

  1. ^ a b 1992年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ a b 「DRAGONBALL MOVIES 1986-1996」『30th ANNIVERSARY ドラゴンボール 超史集』集英社、2016年1月21日、133頁。ISBN 978-4-08-792505-0
  3. ^ a b c 「劇場版オリジナルキャラクター デザイン・ラボ」『DRAGON BOX THE MOVIES 劇場版DVD-BOX 特製ブックレット Dragonbook』東映、2006年、31頁。
  4. ^ a b c 劇場版ドラゴンボールDVD-BOX」東映アニメーション。
  5. ^ ニュータイプ』1994年1月号68頁。
  6. ^ 渡辺彰則編「DBZ THE MOVIE BATTLE STORIES №6『激突!!100億パワーの戦士たち』」『DRAGON BALL大全集6』集英社、1995年12月9日、88頁。ISBN 4-08-782756-9
  7. ^ a b 「全キャラクター100%完全PROFILE」『ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち アニメコミックス』集英社〈ジャンプコミックスセレクション〉、1992年6月、14頁。ISBN 978-4834211825
  8. ^ 渡辺彰則編「'92memorial」『DRAGON BALL大全集6』104頁。
  9. ^ 「キャラクター事典」『ドラゴンボール超全集4』集英社、2013年5月14日、71頁。ISN 978-4-08-782499-5。
  10. ^ 渡辺彰則編 「ANIMATION'S GLEANINGS DBアニメの舞台裏 Planning PART2・TVスペシャル&劇場版編」『DRAGON BALL大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、68頁。ISBN 4-08-102019-1
  11. ^ キャラメル・ママ(岩岡寿衛、榎村航司、金子桃子、石出美穂、長浜亜由美)編「DRAGON BALL THE MOVIE HISTORY」『ドラゴンボール超 ブロリー 超パンフレット』東映(株)事業推進部、2018年12月14日。
  12. ^ 福島征英編「ドラゴンボールZ特集」『てれびくん』1992年4月号、小学館、平成4年(1992年)4月1日、13頁。雑誌01017-4。
  13. ^ 「キャラクター事典」『ドラゴンボール超全集4』、123頁。


「ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドラゴンボールZ_激突!!100億パワーの戦士たち」の関連用語

ドラゴンボールZ_激突!!100億パワーの戦士たちのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドラゴンボールZ_激突!!100億パワーの戦士たちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS