ラディッツとは?

ラディッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/11 14:05 UTC 版)

ラディッツは、鳥山明漫画ドラゴンボール』およびそれを原作とするアニメドラゴンボールZ』『ドラゴンボールGT』『ドラゴンボール改』に登場する架空のキャラクター。




注釈

  1. ^ アニメ『ドラゴンボールZ』では、その前にフリーザの命令でベジータ、ナッパとともに惑星シャーツを3日で滅ぼしている。
  2. ^ 悟空たちに会う前に、ピッコロとも会っており、ひと悶着を起こしていた。
  3. ^ 「エキサイティングイヤー」「シャイニングフライデー」「ウィークエンド」など。
  4. ^ ラディッツが既に死亡している、悟空対フリーザのエピソード。

出典

  1. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、158頁。
  2. ^ 後藤広喜編「創刊21周年記念奇蹟イベント2 究極戦士大集合!!カード」『週刊少年ジャンプ 1989年31号』集英社、平成元年7月17日、雑誌29933-7/17、6-8頁。
  3. ^ a b 渡辺彰則編「第3章 キャラクター事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、117-118頁。
  4. ^ Vジャンプ編集部編「DRAGON BALL SECRET FILE 週刊少年ジャンプ なつかしの特集ページ」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社〈愛蔵版コミックス〉、平成28年1月26日、ISBN 978-4-08-792505-0、52頁。
  5. ^ ビックリマンと『ドラゴンボール』が夢のコラボ!!「ドラゴンボールマンチョコ」ついに発売!”. 2018年10月23日閲覧。
  6. ^ 『ドラゴンボールマンチョコ超』 ロッテ、2018年10月23日、ラディッツのシールNo「超-08」裏面より
  7. ^ 「鳥山明先生に聞いてみた! SS Q&A」最強ジャンプ2018年1月号ふろく『ドラゴンボールS サイヤ人超最強COMICS』集英社、2017年12月1日、116頁。
  8. ^ 鳥山明「其之二百十四 ベジータのゲーム」『DRAGON BALL 第18巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年7月15日、ISBN 4-08-851615-X、138頁。
  9. ^ ゲーム『ドラゴンボールフュージョンズ』 タッツのプロフィールより。
  10. ^ a b c ファミリーコンピュータソフト『ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人
  11. ^ a b PlayStation 2ソフト『ドラゴンボールZ』シリーズ
  12. ^ a b c PlayStation 2、Wiiソフト『ドラゴンボールZ Sparking!METEOR
  13. ^ 渡辺彰則編「SPECIAL ATTACKS エスカレートする必殺技 その7 サイヤ人編」『ドラゴンボール大全集 2巻』210頁。
  14. ^ 渡辺彰則編「技事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』133頁。
  15. ^ PlayStation 2ソフト『ドラゴンボールZ Sparking!
  16. ^ a b PlayStation 3Xbox 360ソフト『ドラゴンボール レイジングブラスト
  17. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「わくわくBIRD LAND キャラクター人気投票-おもしろ番外編!!」『鳥山明 THE WORLD アニメ・スペシャル』集英社、1990年10月10日、雑誌29939-10/10、108頁。


「ラディッツ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ラディッツ」の関連用語

ラディッツのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ラディッツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラディッツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS