クリリンとは?

クリリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/14 17:56 UTC 版)

クリリンは、鳥山明漫画『ドラゴンボール』およびそれを原作とするアニメに登場する架空の人物。アニメ版の声優田中真弓




注釈

  1. ^ 各種メディアにおける英字表記は、日本では「Klilyn」、英語圏では「Krillin」となっている。作中で被った帽子での表記は「KULILIN」。
  2. ^ a b 甥か姪かは定かになっていない。
  3. ^ 他に3回の死を経験した主要人物には餃子がいる。
  4. ^ ただし、『復活の「F」』では18号により再び丸刈りにしてもらった。
  5. ^ タイヤがないオートバイのような移動機械。クリリンのものだけスピードアップなど特別なチューニングが施されている[9]
  6. ^ アニメ版では、修行中にイジメられていたことを思い出し、そのことに対して執念を燃やす場面が描かれた。
  7. ^ 鼻はないが、2回戦のジャッキー・チュン戦では鼻くそを飛ばしている描写がある。
  8. ^ この時点では彼自身も、亀仙人から「超人レベル」と評されるほどだったが、それでも敵わなかった。また、天津飯は決勝でクリリンと当たる場合を想定した際に「楽勝だな」と予想した
  9. ^ 原作では、死亡シーンは描かれなかったが、アニメ版では戦闘シーンと共に描かれ、死因は頭部への蹴りとなった。また、クリリンが殺された際、悟空たちは原作では武道会場にいたことから、クリリンの悲鳴を聞いて、すぐに駆け付けたが、アニメ版ではレストランでクリリンが来るのを待っていた最中、嫌な予感に駆られた悟空が会場に戻り、ブルマたちも跡を追う展開となった。
  10. ^ お遊び気分での出場だったことから、道着ではなく私服での出場だった。
  11. ^ アニメ版においてはトランクスがドラゴンレーダーを持ち帰るまで悟天と組み手をしたり、死んでいる間、大界王星で北の界王の下で修行し、大界王星へ魔人ブウ(純粋)が瞬間移動してきた際にパイクーハンと共に立ち向かった。
  12. ^ 制服のワッペンから、「サタンシティ警察署」(SCPD,Satan City Police Departmentの略)に配属されている。
  13. ^ 悟空から「本当のこと言ったら出てくれたか?」と聞かれた際、「怖いから出ない」と言い、その場にいた老界王神から「途中までええ話だったのにな」と残念がられた。
  14. ^ この願いでは2度目(ポルンガも含めれば4度目)の復活となるが、特例として復活した。
  15. ^ サイヤ人編ではナッパへ放った時、ナッパがベジータのアドバイスを受けたことで避けられたが彼の頬に切り傷を与えている。ナメック星編ではフリーザの尻尾を切断した。『ドラゴンボールゼノバース』シリーズでも主人公が大猿ベジータの足止めをしている隙に尻尾を切断するのに成功した。だが、アニメではガーリックJr.の手下に投げ返されたり、完全体セルに到っては首に直撃するも気円斬が割れて砕け散るという結果に終わるなど、あらゆる物を切断できるわけではない。『ドラゴンボール超』でも囮であることと外していたとはいえ、悟空に気弾で破壊され、力の大会でも命中しても強豪たちには全く効かなかった。
  16. ^ 作中、ベジータや悟空、妻である18号も同様の技を使用している。またフリーザも、ナメック星での悟空との決戦の最終局面において、遠隔操作能力が付加された似た技を使用している。
  17. ^ アニメでは1083。『カードダス奥義大全書』で解説された作中の戦闘力は981。

出典

  1. ^ a b c d e f ジャンプ・コミック出版編集部編「第1章 キャラクターコレクション Heroes collection 8 クリリン」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社ジャンプ・コミックス〉、2009年3月4日、ISBN 978-4-08-874804-7、20-21頁。
  2. ^ a b 後藤広喜編「永久保存版!! JUMPオールキャラクター総勢148名!! 名鑑」『週刊少年ジャンプ 1986年37号』集英社、1986年8月25日、雑誌29934-8/25、3頁。
  3. ^ a b 鈴木晴彦編「天下一座談会 鳥山明×小山高生×野沢雅子」『テレビアニメ完全ガイド「DRAGON BALL」〜天下一伝説〜』集英社、79-91頁。
  4. ^ 鳥山明「其之百三十六 ピッコロ大魔王の恐怖!」『DRAGON BALL 第12巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1988年4月8日、ISBN 4-08-851609-5、53頁。
  5. ^ a b 渡辺彰則編 「DBキャラ秘密の話」『ドラゴンボール大全集 7巻』122頁。「恋愛劇は頭の中にあるが、恥ずかしいという理由で描かなかった」と発言している。
  6. ^ Vジャンプ編集部編「鳥山明に聞いてみた!2013 CHARACTER編」『ドラゴンボール超全集 1巻』集英社、2013年2月10日、ISBN 978-4-08-782496-4、28頁。
  7. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「わくわくBIRD LAND キャラクター人気投票ベスト10大発表っ!!」「キャラクター人気投票-おもしろ番外編!!」『鳥山明 THE WORLD アニメ・スペシャル』集英社、1990年10月10日、雑誌29939-10/10、107頁。
  8. ^ 堀江信彦編「祝! みんなのおかげで10周年!! 連載500回突破記念 ドラゴンボール人気キャラ投票結果発表!」『週刊少年ジャンプ 1995年5・6号』集英社、1995年1月23日、雑誌29934-1/23、38頁。
  9. ^ a b 鳥山明「其之二 鳥山明 直筆コメント入り! 『復活の「F」』超Z設定画ギャラリー」『DRAGON BALL 鳥山明描き下ろし脚本完全収録F』集英社〈ジャンプ コミックス〉、2015年4月18日、13頁。
  10. ^ 渡辺彰則編「第1章 ドラゴンボール年代記」『ドラゴンボール大全集7』32頁。
  11. ^ 「第2章 ワールドガイド ドラゴンボールの住人2 サイヤ人」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』58頁。
  12. ^ G-STAR2009『ドラゴンボールオンライン』公式パンフレット
  13. ^ G-STAR 2009現地レポート CJ INTERNETブースレポート『ドラゴンボールオンライン』を大々的に展開!!「超サイヤ人」や新種族「魔人」を実装した最新バージョンを出展」GAME Watch、2009年11月29日。
  14. ^ 鳥山明「其之百二十一 クリリンの大作戦」『DRAGON BALL 第11巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1988年2月10日、ISBN 4-08-851608-7、14頁。
  15. ^ 鳥山明「其之百二十六 孫悟空強し!!」『DRAGON BALL 第11巻』91-93頁。
  16. ^ 鳥山明「其之百七十三 クリリン対マジュニア勝負決す!!」『DRAGON BALL 第15巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1988年12月6日、ISBN 4-08-851612-5、71-74頁。
  17. ^ 鳥山明「其之二百十八 最後の気功砲」『DRAGON BALL 第19巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年11月10日、ISBN 4-08-851616-8、30-31頁。
  18. ^ 鳥山明「其之三百五 フリーザか!ベジータか!」『DRAGON BALL 第26巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1991年6月15日、ISBN 4-08-851416-5、68-69頁。
  19. ^ スーパーファミコンソフト『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』
  20. ^ a b ゲームボーイソフト『ドラゴンボールZ 悟空飛翔伝
  21. ^ 鳥山明「其之三百六十四 笑うセル」『DRAGON BALL 第31巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1992年8月9日、ISBN 4-08-851686-9、42頁。
  22. ^ 渡辺彰則編 「SPECIAL ATTACKS エスカレートする必殺技 その6 第23回天下一武道会編」『ドラゴンボール大全集 2巻』集英社、1995年8月9日、ISBN 4-08-782752-6、208頁。
  23. ^ 渡辺彰則編「技事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、133頁。
  24. ^ ファミリーコンピュータソフト『ドラゴンボール3 悟空伝
  25. ^ 鳥山明「其之百七十二 クリリン対マジュニア」『DRAGON BALL 第15巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1988年12月6日、ISBN 4-08-851612-5、51-53頁。
  26. ^ 鳥山明「其之二百二十 わずかな光」『DRAGON BALL 第19巻』60頁。
  27. ^ 鳥山明「其之三百六十五 目覚めた孫悟空」『DRAGON BALL 第31巻』56-57頁。
  28. ^ 渡辺彰則編 「SPECIAL ATTACKS エスカレートする必殺技 その7 サイヤ人編」『ドラゴンボール大全集 2巻』210頁。
  29. ^ ファミリーコンピュータソフト『ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人
  30. ^ アーケードゲーム、PlayStation 2ソフト『超ドラゴンボールZ
  31. ^ PlayStation Portable専用ソフト『ドラゴンボールZ 真武道会
  32. ^ ニンテンドーDS専用ソフト『ドラゴンボールZ 舞空烈戦
  33. ^ 鳥山明「其之二百九 それぞれの1年間」『DRAGON BALL 第18巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年7月15日、ISBN 4-08-851615-X、67頁。
  34. ^ 鳥山明「其之二百十四 ベジータのゲーム」『DRAGON BALL 第18巻』137頁。
  35. ^ 後藤広喜編「創刊21周年記念奇蹟イベント2 究極戦士大集合!!カード」『週刊少年ジャンプ 1989年31号』集英社、平成元年7月17日、雑誌29933-7/17、6-8頁。
  36. ^ a b c 渡辺彰則編「孫悟空戦闘力成長の軌跡」『DRAGON BALL大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、83頁。
  37. ^ Vジャンプ編集部編「DRAGON BALL SECRET FILE 週刊少年ジャンプ なつかしの特集ページ」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社(愛蔵版コミックス)、平成28年(2016年)1月26日、ISBN 978-4-08-792505-0、52頁。
  38. ^ 鳥山明「其之二百四十八 謎のストレンジャー」『DRAGON BALL 第21巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1990年4月15日、ISBN 4-08-851618-4、119頁。
  39. ^ 鳥山明「其之二百七十四 グルドの超能力」『DRAGON BALL 第23巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1990年10月15日、ISBN 4-08-851620-6、143頁。
  40. ^ ジャンプ・コミック出版編集部「グングン伸びる悟空のPOWER!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年4月30日、ISBN 4-08-873702-4、115頁。
  41. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「孫悟空の戦闘力解析」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド ストーリー編』集英社、2009年3月9日、ISBN 978-4-08-874803-0、64頁。
  42. ^ a b 「まじかる☆アニメ情報局」週刊少年ジャンプ特別編集増刊『ブイジャンプ』第1号(平成2年12月12日号)集英社、1990年、雑誌コード 29938-12/12、243頁。
  43. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、158頁。
  44. ^ 鳥山明「とりやまさんのDRAGON BALLなんでもかんでもコーナー」『DRAGON BALL 第9巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1987年9月15日、ISBN 4-08-851839-X、190-191頁。
  45. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「鳥山先生に完全密着取材Q&A!!なるほど!?ザ・ドラゴンボール」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』集英社、1987年12月1日、雑誌29939-12/1、138頁。
  46. ^ 鳥山明「とりやまさんのDRAGON BALLなんでもかんでもコーナー」『DRAGON BALL 第6巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1987年3月15日、ISBN 4-08-851836-5、190-191頁。
  47. ^ 鳥山明「其之四百二十六 天下一武道会」『DRAGON BALL 第36巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉1993年11月4日、ISBN 4-08- 851495-5、85頁。
  48. ^ a b c d 鈴木晴彦編「天下一声優陣 其之一 クリリン/ヤジロベー役 田中真弓」「テレビアニメ完全ガイド『DRAGON BALL』天下一伝説」集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年7月2日、ISBN 4-08-873705-9、110-112頁。
  49. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「マンガ「DRAGON BALL」の真実 トリヤマはこう考えていたよスペシャル」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド ストーリー編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年3月9日、ISBN 978-4-08-874803-0、93頁。
  50. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「特別コラム 鳥山明 わしが お答えしまっせ」『テレビアニメ究極ガイド DRAGON BALL 極限バトルコレクション ラウンド02 セル編〜魔人ブウ編』集英社、2010年8月9日、ISBN 4-08-874841-7、90頁。
  51. ^ 渡辺彰則編「鳥山明的超会見」『ドラゴンボール大全集 2巻』263頁。
  52. ^ 渡辺彰則編「鳥山明的超会見」『ドラゴンボール大全集 3巻』集英社、1995年9月9日、ISBN 978-4-08-782753-8、204頁。
  53. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「ドラゴンボール&ドラゴンボールZ キャラクター大辞典」『ドラゴンボールZ アニメ・スペシャル』集英社、1989年10月18日、雑誌29939-10/18、98頁。
  54. ^ a b 渡辺彰則編「SUPER VOICE TALKS 声優スペシャル座談会」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、ISBN 4-08-102019-1、107-113頁。
  55. ^ 少年ジャンプ特別編集『ファミコン神拳奥義大全書 巻の三』集英社〈ジャンプ コミックス セレクション〉、1986年12月15日、90頁。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クリリン」の関連用語

クリリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クリリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクリリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS