餃子_(ドラゴンボール)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 餃子_(ドラゴンボール)の意味・解説 

餃子 (ドラゴンボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/18 05:44 UTC 版)

餃子(チャオズ)は、鳥山明原作の漫画ドラゴンボール』および、それを原作とするアニメに登場する架空の人物。アニメでの声優江森浩子




注釈

  1. ^ 天下一武道会の司会者に「ギョウザと読むのかな」と聞かれ、修正する場面があった[6]
  2. ^ さん付けで対等な口調で話している。

出典

  1. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「DRAGONBALL 徹底全激闘史 男の履歴書」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』集英社、1987年12月1日、雑誌29939-12/1、51頁。
  2. ^ a b c d ジャンプ・コミック出版編集部編「第1章 キャラクターコレクション Heroes collection 12 餃子」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年3月4日、ISBN 978-4-08-874804-7、26頁。
  3. ^ 渡辺彰則編「第3章 キャラクター事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、86頁。
  4. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「DRAGON BALL天下一大事典」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』集英社、1987年12月1日、雑誌29939-12/1、157-158頁。
  5. ^ 鈴木晴彦編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、158頁。
  6. ^ 鳥山明「其之百十六 つくられた対戦表」『DRAGON BALL 第10巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1987年11月15日、ISBN 4-08-851840-3、118-119頁。
  7. ^ 漫道コバヤシ』#015「伝説の編集者鳥嶋和彦さんと週刊少年ジャンプの歴史を学ぼうSP」2015年4月14日放送。
  8. ^ 渡辺彰則編「第4章 技事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』150頁。
  9. ^ a b 渡辺彰則編「第4章 技事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』124頁。
  10. ^ 鈴木晴彦編「第1章 HYPER BOUTS」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』53頁。
  11. ^ 渡辺彰則編「第4章 技事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』130頁。
  12. ^ 後藤広喜編「創刊21周年記念奇蹟イベント2 究極戦士大集合!!カード」『週刊少年ジャンプ 1989年31号』集英社、平成元年7月17日、雑誌29933-7/17、6-8頁。
  13. ^ 渡辺彰則編「孫悟空戦闘力成長の軌跡」『ドラゴンボール大全集 7巻』83頁。
  14. ^ Vジャンプ編集部編「DRAGON BALL SECRET FILE 週刊少年ジャンプ なつかしの特集ページ」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社〈愛蔵版コミックス〉、平成28年1月26日、ISBN 978-4-08-792505-0、52頁。
  15. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「DRAGONBALL 徹底全激闘史 男の履歴書」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』51頁。


「餃子 (ドラゴンボール)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「餃子_(ドラゴンボール)」の関連用語

餃子_(ドラゴンボール)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



餃子_(ドラゴンボール)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの餃子 (ドラゴンボール) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS