融合_(ドラゴンボール)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 融合_(ドラゴンボール)の意味・解説 

融合 (ドラゴンボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/22 16:47 UTC 版)

日本漫画およびアニメ作品『ドラゴンボール』において、融合(ゆうごう)とは、2人の人間が合体し、1人の人間となる現象を指す。融合は、合体技「フュージョン」やナメック星人の「同化」、神の道具「ポタラ」の使用など、さまざまな方法により実現される。




注釈

  1. ^ 悟空の説明からステップでお互いが3歩分近づく必要がある。アニメでは空中であっても同じ動作であれば成立した。
  2. ^ ただし、悟空とベジータの場合は11cmの身長差がある。
  3. ^ 気が大きい人物が小さい人物に合わせるなどの調整で補うことはできる。
  4. ^ ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』では悟空とベジータが融合に失敗した後に1時間待たず再びフュージョンしている。また『ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』にてゴテンクスはヒルデガーンの攻撃を受け、意識を失った際、自動的に2人に戻る描写がある。前者に関しては『ドラゴンボールZ Sparking! NEO 新武闘書』にて「あの世ならではか?」と指摘されている。
  5. ^ 正確には合体。

出典

  1. ^ a b c d 鳥山明「巻末企画 DRAGON BALL 龍球問答」『DRAGON BALL フルカラー 魔人ブウ編4』集英社ジャンプ・コミックス〉、2014年7月9日、ISBN 978-4-08-880110-0、229-230頁。
  2. ^ a b 渡辺彰則編「鳥山明的超会見」『ドラゴンボール大全集 第6巻』集英社、1995年12月9日、ISBN 4-08-782756-9、214-215頁。
  3. ^ 渡辺彰則編「VARIETY OF DB コミックスとアニメーション こんなに違う表現方法!」『ドラゴンボール大全集 5巻』集英社、1995年11月7日、ISBN 4-08-782755-0、105頁。
  4. ^ a b 渡辺彰則編「第5章 アイテム事典」 『ドラゴンボール大全集 第7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、211頁。
  5. ^ 鳥山明「其之五百一 救世主登場!?」『DRAGON BALL 第41巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1995年6月2日、ISBN 4-08-851500-5、215頁。
  6. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「第3章 修行の章 修行Ex 修行以外で果たした悟空のパワーアップ」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド ストーリー編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年3月9日、ISBN 978-4-08-874803-0、63頁。
  7. ^ 鳥山明、とよたろう「其之十八 ゴクウブラックの正体」『DRAGON BALL超 第3巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2017年6月7日、ISBN 978-4-08-881084-3、107頁。
  8. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「第2章 ワールドガイド DBの住人 3 ナメック星人」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年3月4日、ISBN 978-4-08-874803-0、63頁。
  9. ^ 渡辺彰則編「種族の章 六種族を完全考察 ナメック星人 〔種族の特徴〕」『ドラゴンボール大全集 第4巻』集英社、1995年10月9日、ISBN 4-08-782754-2、49頁。


「融合 (ドラゴンボール)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「融合_(ドラゴンボール)」の関連用語

融合_(ドラゴンボール)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



融合_(ドラゴンボール)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの融合 (ドラゴンボール) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS