同化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 言語学 > 同化の意味・解説 

どう‐か〔‐クワ〕【同化】

読み方:どうか

[名](スル)

異な性質態度思想などが、感化されて同じになること。また、感化して同じにさせること。「現地風習に―する」「他民族を―する」

知識などを取り込んで完全に自分のものにすること。「西欧文化を―する」

生物外界から摂取した物質を、特定の化学変化経て自己の成分あるいは有用な物質に合成する反応植物の光合成など。アナボリズム同化作用。⇔異化

音変化一種。同じ語の中にある一つの音(おん)が他のとまった同音になるか、一部性質共通する音に変わるかする現象前の音が後の音を同化する場合順行同化フロシキフルシキ)と、後の音が前の音を同化する場合逆行同化オシルコオシロコ)とがある。


同化

移民目的地条件適応する過程数種類分けられる。すなわち、帰化(331-1)、つまり法的市民権獲得吸収 1、つまり入移民国の経済的生産活動への参加、同化 3、つまり一般市民と平等の立場での社会的構造への統合文化的適応 2、つまり到着地人々習慣価値に従い適応することである。


同化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/20 08:24 UTC 版)

同化(どうか)




「同化」の続きの解説一覧

同化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/19 13:50 UTC 版)

秋田弁の音韻」の記事における「同化」の解説

連母音第二音節母音のみの場合、逆行同化起こす例えばオシエデ(教えて)がオシェデになるような /sie/ から /se/ への変化、アゲテオグ(開けておく)がアゲトグになるような /teo/ から /to/ への変化コノ アエンダ(この間)からコナエンダになるような /noa/ から /na/ への変化などがある。

※この「同化」の解説は、「秋田弁の音韻」の解説の一部です。
「同化」を含む「秋田弁の音韻」の記事については、「秋田弁の音韻」の概要を参照ください。


同化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 06:05 UTC 版)

代謝」の記事における「同化」の解説

同化(同化作用)とは、外部から取り込んだ物質生合成する事を指す。ATP還元ピリジンヌクレオチドなどの異化反応によって得られエネルギー用い酵素反応利用し単純な前駆体経て核酸タンパク質多糖脂質など複雑な生体高分子さらには増殖を行う過程である。 同化反応異化のように代謝系注目するよりも、低分子無機物取り込み無機物から低分子有機物構築ならびに生体高分子構築という順に、生体分子構築過程注目する理解しやすい。 なお、無機態の炭素窒素硫黄取り込み可能にするのは独立栄養生物のみであり、従属栄養生物生体高分子有機物)の異化から生合成系へ流れていくしたがって、この点で異化と同化は関連していることがわかる。

※この「同化」の解説は、「代謝」の解説の一部です。
「同化」を含む「代謝」の記事については、「代謝」の概要を参照ください。


同化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 15:07 UTC 版)

聖刻1092」の記事における「同化」の解説

操兵搭乗中操手意識身体離れ仮面乗り移った態となること。操兵乗り極意とされる人機一体」の極限の姿ともいえる。格の高い仮面備えた狩猟機稀に起ことされている

※この「同化」の解説は、「聖刻1092」の解説の一部です。
「同化」を含む「聖刻1092」の記事については、「聖刻1092」の概要を参照ください。


同化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 04:01 UTC 版)

東ロンバルド語」の記事における「同化」の解説

東ロンバルド語では、単語境界での逆行同化一般的である。同化は完全なものも部分的なものもありうる完全な同化は、2つ閉鎖音合わさった時に起こる。この場合最初の閉鎖音2番目の閉鎖音完全に吸収され結果として生じる音は2番目の子音の全特徴を有するが、かなり伸長する例としてel ga fatla = [ɛl ɡa fa‿ˈpːalɔ] l'è tròp calt (暑すぎる) = [ˌlɛ trɔ‿ˈkːalt] el gat bianc (白猫) = [el ɡa‿ˈbːjaŋk] 同じ現象は、閉鎖子音鼻音または流音直前に来る場合起こる。 en gatgher ("黒猫") = [ɛŋ ɡa‿ˈnːeɡɛr] l'è tròp mis = [ˌlɛ trɔ‿ˈmːis] so ché strac mórt (死ぬほど疲れた)= [so ˌke stra‿ˈmːort] 完全な同化は、閉鎖音摩擦音直前に来る場合にも起こり得る例えばl'è nitrt = [ˌlɛ ni‿ˈvːert]。 鼻音+閉鎖音並び別の閉鎖音または摩擦音隣り合うと、最初の閉鎖音完全になくなり鼻音部分的な同化を受ける。 この場合伸長起こらない例としてel ga 'l sanch blö (彼は青い血貴族)だった)= [ɛlˌɡal sam‿ˈblø] l'è lonc fés = [ˌlɛ loɱ‿ˈfes] しかし、閉鎖音が/z/の直前に来る時、同化は両方の子音を伴いその結果破擦音となる。 l'è nit zó ècc = [lɛ ˌni‿dːzo ˈɛ] l'è tròp zalt (それは黄色(臆病)すぎる) = [ˌlɛtrɔ‿ˈdːzalt] 音素/n/は、次の子音調音部位にて同化が可能であるしたがって、/nk/ と /nɡ/内の/n/ は軟口蓋音[ŋ]で、 /nv/ と /nf/内の/n/ は唇歯音[ɱ] である。単語の中では、/p/ および/b/の前で音素/n/ は決し音声転写されず、そこには代わりに/m/ が表記される。/n/ → /m/を含む鼻音の同化もまた単語境界またいで行われる例としてen ca () = [ɛŋ‿ˈka] vàghen fò (急げ) = [ˌvaɡeɱ‿ˈfɔ] l'an pasàt (昨年) = [ˌlampaˈsat]

※この「同化」の解説は、「東ロンバルド語」の解説の一部です。
「同化」を含む「東ロンバルド語」の記事については、「東ロンバルド語」の概要を参照ください。


同化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 20:32 UTC 版)

ソグド人」の記事における「同化」の解説

ソグディアナ8世紀中ごろアッバース朝支配下に入りそれ以後イスラム化進行するにつれてソグド人宗教的文化的独自性徐々に失われていく。特に9世紀サーマーン朝治下では、アラビア文字ペルシア語主流となった一方カラハン朝以後テュルク系イスラム王朝治下テュルク化が進むと、アラビア文字テュルク語支配的となっていく。10世紀最後の30年間までは、ソグド語ペルシア語併用するソグド人がいたが、都市部エリート層から使用者減っていき、農村部ソグド語保持された。ソグディアナでは8世以降の史料少ないため、ソグド語使われなくなるまでの経緯不明であるソグディアナは、イスラム世界マー・ワラー・アンナフルと呼ぶ地域一部となった9世紀から11世紀にかけてソグディアナホラズム教育受けた学者には、ビールーニーファーラービーイブン・スィーナーフワーリズミーらがいる。中国ソグド人は、ウイグル可汗国滅亡以降に漢人同化していった。ソグド信仰であるゾロアスター教(祆教)は、開封中心として11世紀まで保持された。テュルク化したソグド人ウイグル人とともに活動し貿易外交役割発揮した11世紀以降ソグド人テュルク人国家カラハン朝や西ウイグル国で活動していたと推測されるカラハン朝出身学者であるマフムード・カーシュガリーの『ディーワーン・ルガート・アッ=トゥルクトルコ語版)』(トルコ語アラビア語総覧)では、西部天山北麓11世紀までソグディアナ出身ソグド人集団確認される。彼らはソグド語テュルク語カラハン朝トルコ語トルコ語))バイリンガルであり、テュルク服装習慣染まっていたという。しかし彼らはその12世紀後にソグド文字ソグド語使わなくなった西トルキスタン大部分ではテュルク語ペルシア語替わったものの、山間部でソグド語保たれた。20世紀後半ザラフシャン河上流にあるヤグノーブ渓谷で約3千人のヤグノビ人話されていたヤグノブ語 は、ソグド語直系考えられている。東トルキスタンにいたソグド人西ウイグル王国甘州ウイグル王国暮らし、ほかの民族中に溶け込んでいった。

※この「同化」の解説は、「ソグド人」の解説の一部です。
「同化」を含む「ソグド人」の記事については、「ソグド人」の概要を参照ください。


同化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 08:17 UTC 版)

配色」の記事における「同化」の解説

互いの色の違い緩和され見え現象で、周辺の色と近い性格を持つようになる背景色別の色を縞模様水玉模様として差し込んだときに発生する現象で、背景色差し込んだ色に近づいて見える。互い色相明度彩度が近いほど、また差し込む色が細かいほど発生しやすい。例えば、みかんの網に入れて売られているのはこの効果狙ったもので、みかんをより鮮やかに美味しそう見せることを目的としている。ベツォルト効果とも呼ばれる

※この「同化」の解説は、「配色」の解説の一部です。
「同化」を含む「配色」の記事については、「配色」の概要を参照ください。


同化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 07:27 UTC 版)

融合 (ドラゴンボール)」の記事における「同化」の解説

ナメック星」および「ピッコロ (ドラゴンボール)」も参照 ナメック星人が行融合肉体エネルギーとを同化させることによって2つ個体結合する融合する際にベースとなる個体がもう1人胸に手を置き融合する融合後はベースとなった個体支配するが、ベースとならなかった個体記憶力も融合後の個体継承されるタイプ違い関係なく融合することができ、融合によって、それぞれのナメック星人が持つ能力総合し強化を図ることが可能。ネイル融合する際にピッコロが「気に入らなければすぐに追い出す」と述べているが、ネイルケース含め一度融合すると再び分離することができなくなる。

※この「同化」の解説は、「融合 (ドラゴンボール)」の解説の一部です。
「同化」を含む「融合 (ドラゴンボール)」の記事については、「融合 (ドラゴンボール)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「同化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

同化

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 10:18 UTC 版)

名詞

どうか

  1. 異な思想などを同じにしたり、させたりすること。
  2. 知識などを自分のものにすること。
  3. 変化で、ある隣接する影響受けて、同じまたは一部共通する音に変わること。
  4. 生物エネルギー失う起こす反応
  5. 心理学で、環境自分中に取り入れること
  6. 社会学で、個人集団他の個人集団感情などを習得することで経験などを共有すること。
  7. マグマが、岩石などを取り込んで一つの物質に変化させること
  8. 同化効果

関連語

対義語


「同化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



同化と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「同化」の関連用語

同化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



同化のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの同化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの秋田弁の音韻 (改訂履歴)、代謝 (改訂履歴)、聖刻1092 (改訂履歴)、東ロンバルド語 (改訂履歴)、ソグド人 (改訂履歴)、配色 (改訂履歴)、融合 (ドラゴンボール) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの同化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS