映画_ハピネスチャージプリキュア!_人形の国のバレリーナとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 映画_ハピネスチャージプリキュア!_人形の国のバレリーナの意味・解説 

映画 ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/02 05:12 UTC 版)

映画 ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ』(えいが ハピネスチャージプリキュア にんぎょうのくにのバレリーナ)は、2014年10月11日公開の『ハピネスチャージプリキュア!』の劇場アニメ映画




注釈

  1. ^ 本作品のDVDラストシーン部分での字幕で表記。
  2. ^ プリキュア映画では「おしまい」で終わるのはシリーズ初。なお、「おわり」以外のエンドマークが出るのは『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ! 世界をつなぐ☆虹色の花』(エンドマークは「ありがとう」)と『映画 ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?』(エンドマークは「Merci Au revoir ありがとう いつかまたどこかで.」)に続いて3度目となる。

出典

  1. ^ a b c 「2014年映画業界総決算」『キネマ旬報(2015年3月下旬 映画業界決算特別号)』第1684号、キネマ旬報社、2015年、 78-79頁。
  2. ^ 『プリキュア新聞』2014年秋号2面、日刊スポーツ新聞社、2014年10月7日発行
  3. ^ エンタミクス』2014年11月号P106,KADOKAWAエンターブレインBC,2014年9月20日発行
  4. ^ 堀江由衣、小野大輔、森川智之!「プリキュア」映画に人気声優集合!,シネマトゥデイ,2014年9月9日
  5. ^ ふなっしー「プリキュア」でアフレコ挑戦,日刊スポーツ,2014年8月26日
  6. ^ 夫婦連れやシニア層が後押し!『ふしぎな岬の物語』が『るろうに剣心』を抜いて首位スタート,WalkerPlus,2014年10月15日
  7. ^ 吉永小百合主演『ふしぎな岬の物語』に高い満足度,ぴあ映画生活,2014年10月14日
  8. ^ 『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』小ネタ満載で実にコミカル!終始笑いと感動の大傑作だった!,おたぽる,2017年11月6日
  9. ^ 「映画ハピネスチャージプリキュア!」の興行収入はなぜ半減した? 2014年の出来事から考える,ねとらぼ,2017年11月9日
  10. ^ アニメージュ』2014年11月号、徳間書店、2014年10月10日発行
  11. ^ アニメディア』2014年11月号,学研パブリッシング,2014年10月10日発行
  12. ^ 『映画プリキュア』最新作予告編完成 ミラクルライトは初のピンク!,ORICON STYLE,2014年7月18日
  13. ^ 『映画ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ』 横浜で公開記念イベントを実施します!,横浜市文化観光局,2014年9月17日
  14. ^ 「これもこれも全部欲しい!!」 横浜人形の家でプリキュア展,産経新聞,2014年9月22日
  15. ^ 中島愛らプリキュア声優陣、横浜を“ビッグな愛”のピンク色に染め,映画.com,2014年10月5日
  16. ^ 「映画ハピネスチャージプリキュア!」前夜祭を生中継、声優特番も,おた☆スケ,2014年10月3日
  17. ^ プリキュアMax Heart無料上映&最新作前夜祭,ニコニコインフォ,2014年10月3日


「映画 ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「映画_ハピネスチャージプリキュア!_人形の国のバレリーナ」の関連用語

映画_ハピネスチャージプリキュア!_人形の国のバレリーナのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



映画_ハピネスチャージプリキュア!_人形の国のバレリーナのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの映画 ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS