アニメ映画とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > アニメ映画の意味・解説 

アニメーション映画

(アニメ映画 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/08 05:10 UTC 版)

アニメーション映画(アニメーションえいが、: Animated movie)は、映画館で公開する映画として製作されるアニメーションアニメ)映像作品。略称としてアニメ映画、そのほか映画館を劇場と呼ぶ慣習から劇場用アニメーション劇場版アニメーション劇場版アニメ等も表記や名称として使用される。




注釈

  1. ^ 幻灯機は18世紀後半に西欧から長崎を通して日本に伝わった。
  2. ^ テレビアニメとしてはそれ以前に『もぐらのアバンチュール』『新しい動画 3つのはなし』『インスタントヒストリー』『おとぎマンガカレンダー』などが放映されている。
  3. ^ 日本の映画の配給システムを支配する映画会社系列ではないアニメスタジオにとっては、劇場用の作品を制作することはハードルが高く、また利益の分配率の点などもあり中小のスタジオが劇場用にオリジナル作品を作ることは商業として経営上のリスクが高かったこともある。
  4. ^ うしろの正面だあれハッピーバースデー 命かがやく瞬間ガラスのうさぎ、「対馬丸 さようなら沖縄」など。
  5. ^ 社団法人日本映画製作者連盟の映連データベースを参照のこと。
  6. ^ 毎日映画コンクールの大藤信郎賞も受賞、アニメーション映画賞は『雲のむこう、約束の場所』。
  7. ^ a b c 後者は同時上映作品だが、アニメーション映画ではない。
  8. ^ 2013年7月20日付の映画.comの記事では、興行収入は194億円と記載されている[32]
  9. ^ オリコン2010年12月10日に発表した興行収入は41.0億円である[48]
  10. ^ オリコン2013年12月10日に発表した興行収入は107.0億円である[48]
  11. ^ 2作品合計での数値。
  12. ^ 日本映画製作者連盟が2013年1月に発表した興行収入は53.0億円である[51]
  13. ^ オリコン2013年12月18日に発表した興行収入は68.5億円である[55]
  14. ^ オリコン2013年12月18日に発表した興行収入は30.0億円である[55]
  15. ^ オリコン2013年12月18日に発表した興行収入は120.0億円である[55]
  16. ^ オリコン2014年12月24日に発表した興行収入は254.7億円である[57]
  17. ^ ゲオホールディングス2015年5月18日に発表した興行収入は91.5億円である[62]
  18. ^ 日本映画製作者連盟が2016年1月に発表した興行収入は22.9億円である[60]
  19. ^ 2015年7月29日付の配給発表では44.7億円となっている[59]
  20. ^ 2015年12月28日付のシネマトゥデイの記事では28.0億円と記載されており[63]日本映画製作者連盟が2016年1月26日に発表した興行収入は28.4億円だった[60]
  21. ^ オリコン2015年12月17日に発表した興行収入は52.3億円である[61]
  22. ^ オリコン2015年12月17日に発表した興行収入は40.3億円である[61]
  23. ^ オリコン2015年12月24日に発表した興行収入は76.8億円である[69]
  24. ^ 日本映画製作者連盟が2017年1月に発表した興行収入は51.8億円である[71]
  25. ^ オリコン2015年12月24日に発表した興行収入は42.5億円である[69]
  26. ^ 2017年12月31日付けの産経新聞の記事では25.3億円と記載されている[77]
  27. ^ 2019年12月31日付のシネマトゥデイの記事では50.1億円と記載されている[89]
  28. ^ 2019年12月31日付のシネマトゥデイの記事では100.8億円と記載されている[92]
  29. ^ 2019年12月31日付のシネマトゥデイの記事では55.3億円と記載されている[89]

出典

  1. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『アニメーション』 - コトバンク
  2. ^ a b c d e f 日本大百科全書
  3. ^ 錦影絵”. 常設展. 大阪歴史博物館. 2015年5月9日閲覧。
  4. ^ 日本最古の劇場公開アニメーション作品『なまくら刀』と『浦島太郎』の上映とその発見の意義”. 日本映像学会. 2008年8月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年9月28日閲覧。
  5. ^ 【REPORT】さよならテアトル池袋 トリを務めたのは『時かけ』”. WEBアニメスタイル (2006年9月5日). 2006年9月5日閲覧。
  6. ^ 「東京にふたつめのアニメ専門映画館誕生」『アニメージュ』、徳間書店、1989年8月。
  7. ^ a b c “不明”. 日経新聞夕刊3面エンタテインメント欄 (日経新聞社). (2005年6月18日) 
  8. ^ 浜野保樹 (2009年4月20日). “市場で見る 日本アニメの潜在力”. 2015年5月9日閲覧。
  9. ^ 駒井尚文 (2007年9月4日). “国内映画ランキング : 2007年9月1日〜2007年9月2日”. 映画ランキング・映画興行収入. 映画.com. 2007年9月4日閲覧。
  10. ^ 立山夏行 (2008年1月17日). “空の境界:第一章の全上映で満員札止めを記録 テアトル新宿”. まんたんウェブ (毎日新聞社). オリジナルの2008年3月11日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080311061351/http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20080117mog00m200022000c.html 2016年6月30日閲覧。 
  11. ^ “空の境界:劇場版BDボックスを11年2月発売 完全新作映像も収録”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2010年9月11日). http://mantan-web.jp/2010/09/11/20100911dog00m200048000c.html 2016年6月30日閲覧。 
  12. ^ 九嶋秀二郎 (2010年10月16日). “劇場版『空の境界』は興収3.6億円。DVD出荷枚数は75万枚だった”. Fate・月姫. テンプルナイツ. 2016年6月30日閲覧。
  13. ^ 『劇場版 空の境界 俯瞰風景3D パンフレット』。
  14. ^ "不明". めざましテレビ. フジテレビ系列. フジテレビ. 2013年9月20日放送.
  15. ^ All Time Worldwide Box Office Grosses”. Box Office Mojo. 2017年6月7日閲覧。
  16. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン全史1946-1996』キネマ旬報社、1997年(原著1984年)、第4版、228頁。
  17. ^ “公開30周年記念 あの珠玉の名作がブルーレイで鮮やかに甦る!劇場版「銀河鉄道999」3作品リリース決定!”. 東映ビデオ (東映). http://www.toei-video.co.jp/BD/999.html 2014年3月8日閲覧。 
  18. ^ a b 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  19. ^ 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  20. ^ 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  21. ^ 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  22. ^ a b 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  23. ^ a b 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  24. ^ a b c d e 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  25. ^ a b c 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  26. ^ “『映画クレヨンしんちゃん』22年ぶりにシリーズ最高興収記録更新 さしこも祝福”. 映画ニュース (ORICON NEWS). (2016年10月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2055069/full/ 2017年6月7日閲覧。 
  27. ^ a b 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  28. ^ 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  29. ^ 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  30. ^ a b 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  31. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z “歴代興収ベスト100”. CINEMAランキング通信 (興行通信社). (2020年4月12日). http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/ 2020年4月14日閲覧。 
  32. ^ a b c “宮崎駿監督「風立ちぬ」興収100億突破確実の大ヒットスタート!”. 映画ニュース (映画.com). (2013年7月20日). http://eiga.com/news/20130720/13/ 2014年3月8日閲覧。 
  33. ^ a b 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月25日閲覧。
  34. ^ a b c d e f g h i j k l m n o ““ピカチュウ・ザ・ムービー”シリーズ累計興収が 700億円を“神速”で突破!!” (財経新聞) (プレスリリース), 株式会社テレビ東京ホールディングス, (2013年8月8日), http://www.zaikei.co.jp/releases/118126/ 2013年12月30日閲覧。 
  35. ^ a b 過去配給収入上位作品(配給収入10億円以上番組)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月25日閲覧。
  36. ^ a b c d e f 2000年(平成12年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  37. ^ a b c d e f 2001年(平成13年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  38. ^ a b c d e f g h 2002年(平成14年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  39. ^ a b c d e f 2003年(平成15年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  40. ^ a b c d e 2004年(平成16年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  41. ^ a b c d e 2005年(平成17年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  42. ^ a b c d e f g 2006年(平成18年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  43. ^ a b c d e 2007年(平成19年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  44. ^ a b c d e f 2008年(平成20年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  45. ^ “「風立ちぬ」興行収入100億円突破!邦画では「崖の上のポニョ」以来”. 映画ニュース (映画.com). (2013年9月12日). http://eiga.com/news/20130912/11/ 2014年3月8日閲覧。 
  46. ^ a b c d 2009年(平成21年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  47. ^ a b c d e f g 2010年(平成22年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  48. ^ a b c d 大高宏雄 (2010年12月10日). “年末映画特集『映画シーンの歴史が動いた2010年!年間ランキングTOP10を大予想』”. 映画特集. ORICON STYLE. 2017年1月25日閲覧。
  49. ^ a b c d e f 2011年(平成23年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  50. ^ a b 大高宏雄 (2011年12月21日). “年末映画特集『2011年間映画興行ランキングTOP10!ベストムービー投票もスタート!!』”. 映画特集. ORICON STYLE. 2017年1月25日閲覧。
  51. ^ a b c d e f 2012年(平成24年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  52. ^ a b c 大高宏雄 (2012年12月26日). “年末映画特集『2012年映画興行ランキングTOP10!! 明暗わかれた話題作!映画は生き残れるか』”. 映画特集. ORICON STYLE. p. 2. 2017年1月25日閲覧。
  53. ^ “「ヱヴァQ」上映終了、最終興行収入52.6億円に”. 映画ニュース (映画.com). (2013年4月29日). http://eiga.com/news/20130429/8/ 2014年3月8日閲覧。 
  54. ^ a b c d e f g h i j 2013年(平成25年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2014年3月8日閲覧。
  55. ^ a b c d e f g h 大高宏雄 (2013年12月18日). “年間映画興行ランキング『アニメがTOP3を独占!ダイナミックな“観客動向”の変化とメガヒット時代の終焉』”. 映画特集. ORICON STYLE. 2017年1月25日閲覧。
  56. ^ a b c d e f g h 2014年(平成26年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2015年1月27日閲覧。
  57. ^ a b c d e 大高宏雄 (2014年12月24日). “年間映画興行ランキング『邦画&洋画に共通するヒット作の傾向とは―』”. 映画特集. ORICON STYLE. 2017年1月25日閲覧。
  58. ^ a b c d e f 壬生智裕 (2014年12月30日). “岡田准一『永遠の0』が邦画ベストワン!山崎貴作品がワンツーフィニッシュ!”. 映画ニュース (シネマトゥデイ). http://www.cinematoday.jp/page/N0069427 2017年1月25日閲覧。 
  59. ^ a b c d e 2015年 上半期作品別興行収入(10億円以上) (PDF)”. 東宝株式会社 (2015年7月29日). 2015年7月29日閲覧。
  60. ^ a b c d e f g h i j k l m 2015年(平成27年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2016年1月27日閲覧。
  61. ^ a b c d e f 大高宏雄 (2015年12月17日). “年間映画興行ランキング『1位はジュラシック・ワールド…シーンにみられたふたつの特徴』”. 映画特集. ORICON STYLE. 2016年1月27日閲覧。
  62. ^ “ゲオ史上最大ヒットのレンタル作品「アナと雪の女王」に匹敵!「ベイマックス」がレンタル開始3週間で40万枚突破” (PR Times) (プレスリリース), 株式会社ゲオホールディングス, (2015年5月18日), オリジナルの2015年5月18日時点におけるアーカイブ。, http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000010643.html 2015年5月18日閲覧。 
  63. ^ a b c d e f 壬生智裕 (2015年12月28日). “2015年の1位は『妖怪ウォッチ』!『ラブライブ!』も大健闘! - 邦画興収年間ベストテン”. 映画ニュース (シネマトゥデイ). http://www.cinematoday.jp/page/N0079157 2017年1月25日閲覧。 
  64. ^ “「劇場版ラブライブ!」最終興収28.6億円で確定”. 芸能ニュース (ORICON STYLE). (2016年3月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2068488/full/ 2016年3月16日閲覧。 
  65. ^ “劇場版『ラブライブ!』の最終興行収入が遂に発表!その額なんと28.6億円!”. アニメイトTV (アニメイト). (2016年3月14日). http://www.animate.tv/news/details.php?id=1457937706 2016年3月16日閲覧。 
  66. ^ “「ラブライブ!The School Idol Movie」最終興収発表 28.6億円 興行期間は202日間”. 映画/ドラマ (アニメ!アニメ!). (2016年3月14日). http://animeanime.jp/article/2016/03/14/27430.html 2016年3月16日閲覧。 
  67. ^ “【公開開始90週目】「劇場版」興行収入25億円を突破しました!”. (2017年8月14日). http://girls-und-panzer.at.webry.info/201708/article_3.html 2017年8月29日閲覧。 
  68. ^ a b c 2016年 上半期作品別興行収入(10億円以上) (PDF)”. 東宝株式会社 (2016年7月25日). 2016年8月27日閲覧。
  69. ^ a b c d e f 大高宏雄 (2016年12月24日). “年間映画興行ランキング『2016年、世界水準で収益を上げる日本映画が登場!』”. 映画特集. ORICON STYLE. 2017年2月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年10月6日閲覧。
  70. ^ a b c d “『君の名は。』『シン・ゴジラ』年間ワンツートップ!東宝が過去最高興収で圧倒! - 邦画ベストテン”. 映画ニュース (シネマトゥデイ). (2016年12月30日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088660 2017年1月10日閲覧。 
  71. ^ a b c d e f g h i j 2016年(平成28年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2017年1月25日閲覧。
  72. ^ 宮崎園子; 土屋香乃子 (2018年12月1日). “「この世界の片隅に」愛されて公開2年 ロングラン上映、土浦の映画館「聖地」に” ((要購読契約)). 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). https://digital.asahi.com/articles/DA3S13794307.html 2020年1月10日閲覧。 
  73. ^ “のん&片渕須直監督「この世界の片隅に」終戦記念日の再上映に感慨「まだまだ上映を続けていきたい」”. 映画.com (カカクコム). (2018年8月15日). https://eiga.com/news/20180815/15/ 2020年1月28日閲覧。 
  74. ^ a b c d e f g h i 2017年(平成29年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2018年1月26日閲覧。
  75. ^ a b 2017年 上半期作品別興行収入(10億円以上) (PDF)”. 東宝株式会社 (2017年7月24日). 2017年7月27日閲覧。
  76. ^ a b c d e f 壬生智裕 (2017年12月31日). “2017年1位は『コナン』!『ドラえもん』など定番アニメ強し - 邦画興収年間ベストテン”. 映画ニュース (シネマトゥデイ). http://www.cinematoday.jp/page/N0097356 2017年1月5日閲覧。 
  77. ^ a b c d e f g h i 岡本耕治; 高橋天地 (2017年12月31日). “洋画の活躍目立った1年 2017年の映画興収ランキング”. 産経ニュース (産経新聞社). http://www.sankei.com/entertainments/photos/171231/ent1712310004-p1.html 2018年1月5日閲覧。 
  78. ^ a b c d e f g h 2018年(平成30年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2019年4月8日閲覧。
  79. ^ a b 2018年 上半期作品別興行収入(10億円以上) (PDF)”. 東宝株式会社 (2018年7月23日). 2018年7月24日閲覧。
  80. ^ a b 壬生智裕 (2018年8月11日). “2018年上半期邦画1位は『コナン』公開15週目までトップ10維持 - 上半期邦画ランキング”. 映画ニュース (シネマトゥデイ). http://www.cinematoday.jp/news/N0102801 2018年9月26日閲覧。 
  81. ^ a b c d 壬生智裕 (2018年12月31日). “2018年1位は『コード・ブルー』92億超えの大ヒット - 邦画興収年間ベストテン”. 映画ニュース (シネマトゥデイ). http://www.cinematoday.jp/news/N0105884 2019年1月9日閲覧。 
  82. ^ a b c d e f g “2018年興収トップ10、邦画「劇場版コード・ブルー」、洋画「ジュラシック・ワールド」が首位”. 映画ニュース (映画.com). (2018年12月31日). http://eiga.com/news/20181231/3/ 2019年1月9日閲覧。 
  83. ^ 壬生智裕 (2018年8月13日). “2018年上半期洋画1位は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 - 上半期洋画ランキング”. 映画ニュース (シネマトゥデイ). http://www.cinematoday.jp/news/N0102802 2018年9月26日閲覧。 
  84. ^ a b c 壬生智裕 (2018年12月31日). “2018年の洋画1位は『ジュラシック・ワールド/炎の王国』 - 洋画興収年間ベストテン”. 映画ニュース (シネマトゥデイ). http://www.cinematoday.jp/news/N0105883 2019年1月9日閲覧。 
  85. ^ “『名探偵コナン 紺青の拳』30秒特報映像解禁! 怪盗キッドVS京極真のバトルアクションが見どころに!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年12月12日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1544578805 2018年12月19日閲覧。 
  86. ^ a b c d e f g h i 2019年(令和元年)興収10億以上番組 (PDF)”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2020年1月28日閲覧。
  87. ^ a b c d e f g “2019年映画興収、2611.8億円で過去最高 『天気の子』など100億超え4作品「来場者の世代交代も」”. ORICON STYLE. (2020年1月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2154113/full/ 2020年1月28日閲覧。 
  88. ^ a b 壬生智裕 (2019年8月17日). “2019年上半期邦画1位はコナン『紺青の拳』- 上半期邦画ランキング”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0110613 2019年8月18日閲覧。 
  89. ^ a b c d e 壬生智裕 (2019年12月31日). “2019年興収1位は『天気の子』140億円超え - 邦画興収年間ベストテン”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0113267 2020年1月10日閲覧。 
  90. ^ a b c d e f g h i “2019年興行収入は過去最高の2611億円、「天気の子」「アナ雪2」が邦画・洋画で1位”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年1月29日). https://natalie.mu/eiga/news/365058 2020年3月26日閲覧。 
  91. ^ 壬生智裕 (2019年8月15日). “2019年上半期洋画1位は『アラジン』 - 上半期洋画ランキング”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0110583 2019年8月18日閲覧。 
  92. ^ a b 壬生智裕 (2019年12月31日). “2019年の洋画1位は『アラジン』 - 洋画興収年間ベストテン”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0113266 2020年1月10日閲覧。 
  93. ^ a b c d “2019年の年間興収2611億円で過去最高を記録、若い世代がライブ感覚で映画鑑賞”. 映画.com (カカクコム). (2020年1月28日). https://eiga.com/news/20200128/16/ 2020年3月26日閲覧。 
  94. ^ 2019年 上半期作品別興行収入(10億円以上) (PDF)”. 東宝株式会社 (2019年7月26日). 2019年7月31日閲覧。
  95. ^ 曙ミネ (2020年1月15日). “「名探偵コナン 緋色の弾丸」“赤井一家”総集結のメインビジュアルが公開”. アニメ!アニメ! (イード). https://animeanime.jp/article/2020/01/15/50915.html 2020年1月28日閲覧。 


「アニメーション映画」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アニメ映画」の関連用語

アニメ映画のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アニメ映画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアニメーション映画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS