受章者とは? わかりやすく解説

受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 01:46 UTC 版)

クロス・オブ・ヴァロー (オーストラリア)」の記事における「受章者」の解説

現在までに5人が受章している。 1989年 ダレル・ツリー (Darrell Tree)南オーストラリア州 マウント・ダンパー消防隊 隊長感電事故遭った3歳幼児救出した1995年 ヴィクター・ボスコー (Victor Boscoe)クイーンズランド州クイーンズランド州ストラスパインで武装強盗追跡逮捕した1998年 アラン・スパークス (Allan Sparkes)ニューサウスウェールズ州 巡査長浸水した地下排水溝から少年救出した2003年 ティモシー・ブリテン (Timothy Britten)西オーストラリア州 巡査長バリ島爆破テロ事件において、現場で重症負った女性助け、さらに自らも負傷し爆発続いているにも関わらず生存者の捜索続けた。 リチャード・ジョイス(Richard Joyes)西オーストラリア州バリ島爆弾テロ事件において、現場で重症負った女性助け、さらに自らも負傷し爆発続いているにも関わらず生存者の捜索続けた

※この「受章者」の解説は、「クロス・オブ・ヴァロー (オーストラリア)」の解説の一部です。
「受章者」を含む「クロス・オブ・ヴァロー (オーストラリア)」の記事については、「クロス・オブ・ヴァロー (オーストラリア)」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 02:34 UTC 版)

桐花章」の記事における「受章者」の解説

いずれも桐花大綬章氏名主な役職受章年月日備考山口繁 最高裁判所長官 2005年平成17年4月29日 村山富市 内閣総理大臣 2006年平成18年4月29日 平岩外四 経済団体連合会会長 2006年平成18年11月3日 従二位勲一等旭日大綬章から昇叙 豊田章一郎 経済団体連合会会長 2007年平成19年11月3日 勲一等旭日大綬章から昇叙 町田顯 最高裁判所長官 従二位 倉田寛之 参議院議長 2008年平成20年4月29日 従二位 井上裕 参議院議長 2008年平成20年6月22日 死亡叙勲従二位勲一等旭日大綬章から昇叙 ウォルター・モンデール 駐日アメリカ合衆国大使 2008年平成20年11月3日 ハワード・H・ベーカー・ジュニア 駐日アメリカ合衆国大使 綿貫民輔 衆議院議長 2010年平成22年4月29日 島田仁郎 最高裁判所長官 林寛子扇千景参議院議長 2010年平成22年11月3日 女性初、旭日大綬章から昇叙 海部俊樹 内閣総理大臣 2011年平成23年4月29日発令同年6月24日授与 死亡叙勲大勲位菊花大綬章昇叙正二位 ダニエル・イノウエ アメリカ合衆国上院仮議長 勲一等旭日大綬章から昇叙 河野洋平 衆議院議長 2011年平成23年11月3日 西岡武夫 参議院議長 2011年平成23年11月5日 死亡叙勲従二位 羽田孜 内閣総理大臣 2013年平成25年4月29日 従二位 マンモハン・シン インド共和国首相 2014年平成26年11月3日 リー・クアンユー シンガポール共和国首相 2015年平成27年3月23日 没後追贈勲一等旭日大綬章から昇叙 町村信孝 衆議院議長 2015年平成27年6月1日 死亡叙勲従二位 竹崎博允 最高裁判所長官 2015年平成27年11月3日 江田五月 参議院議長 2016年平成28年11月3日 従二位 森喜朗 内閣総理大臣 2017年平成29年4月29日 斎藤十朗 参議院議長 2018年平成30年11月3日 今井敬 経済団体連合会会長 マハティール・ビン・モハマド マレーシア首相 勲一等旭日大綬章から昇叙 寺田逸郎 最高裁判所長官 2019年令和元年5月21日 伊達忠一 参議院議長 2019年令和元年11月3日 伊吹文明 衆議院議長 2022年令和4年4月29日

※この「受章者」の解説は、「桐花章」の解説の一部です。
「受章者」を含む「桐花章」の記事については、「桐花章」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 05:09 UTC 版)

教育功労章」の記事における「受章者」の解説

Catégorie:Chevalier des Palmes académiques、Catégorie:Officier des Palmes académiques、Catégorie:Commandeur des Palmes académiques も参照。 受章者のごく一部以下に示す。括弧内は受章年。

※この「受章者」の解説は、「教育功労章」の解説の一部です。
「受章者」を含む「教育功労章」の記事については、「教育功労章」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/30 16:44 UTC 版)

フィンランド白薔薇勲章」の記事における「受章者」の解説

最高位であるフィンランド白薔薇勲章頸飾は、ネパール王国ビレンドラ・ビール・ビクラム・シャハユーゴスラヴィアヨシップ・ブロズ・チトーフランスシャルル・ド・ゴールなど、原則として各国国家元首授けられるまた、かつては現行の最高位であるフィンランド白薔薇勲章頸飾よりも上位の「宝飾・剣付フィンランド白薔薇勲章頸飾」が存在したが、その受章者はマンネルヘイム一人だけである。

※この「受章者」の解説は、「フィンランド白薔薇勲章」の解説の一部です。
「受章者」を含む「フィンランド白薔薇勲章」の記事については、「フィンランド白薔薇勲章」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 07:25 UTC 版)

オーストリア帝国芸術科学勲章」の記事における「受章者」の解説

自国民外国人区別なく受章できたが、1899年3月以降存命の受章者の数は40人までという制限が課せられた記録によれば1918年運用廃止まで自国民95名と外国人25名の受賞者確認できる。 受章者が亡くなった後、勲章国家返納される決まりがあった。

※この「受章者」の解説は、「オーストリア帝国芸術科学勲章」の解説の一部です。
「受章者」を含む「オーストリア帝国芸術科学勲章」の記事については、「オーストリア帝国芸術科学勲章」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/20 04:19 UTC 版)

中山勲章」の記事における「受章者」の解説

鄭照:1944年建国事業に対する貢献評価され受章した。鄭は孫文旧友であり、興中会創設メンバーでもある1944年国民政府興中会50周年記念し過去功績称えて鄭と鍾宇の2人中山勲章授与した1945年春、国民政府当時ホノルル駐在していた鄭と鍾のため、ホノルル領事館中山勲章式典開催している。 鍾宇:1944年建国事業に対する貢献評価され受章した。鍾も鄭と同じく孫文旧友であり、興中会創設メンバーでもある1944年国民政府興中会50周年記念し過去功績称えて鍾と鄭の2人中山勲章授与した1945年春にホノルルで鄭とともに式典栄誉を受けている。 呂秀蓮2008年中華民国副総統として国家中枢支え続けたことが評価され受章した通常副総統には中正勲章贈られるが、副総統を2選し8年務めたことが認められたため、中正勲章よりも等級の高い中山勲章贈られることとなった陳建仁2020年中華民国副総統として国家中枢支え続けたことが評価され受章した

※この「受章者」の解説は、「中山勲章」の解説の一部です。
「受章者」を含む「中山勲章」の記事については、「中山勲章」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/30 15:51 UTC 版)

ナイル勲章」の記事における「受章者」の解説

ペーター・アクランド(英語版ユーリ・ガガーリン 明仁上皇 イドリース1世 ハイレ・セラシエ1世 ルイス・ボルス(英語版ネルソン・マンデラ ハロルド・ノックス=ショー英語版ルイス・マウントバッテン チャールズ・パジェット(英語版) レジナルド・ウィンゲート(英語版) ナギーブ・パシャ・マフフーズ(英語版) ランスロット・ラウザー(英語版ヨシップ・ブロズ・チトー ハインリヒ・ラウ(英語版ヴァルター・ウルブリヒト エリザベス2世 カーブース・ビン=サイード エミール・ラフード スハルト マカリオス3世 チャールトン・スピンクス(英語版アハメッド・ズウェイル ウィリアム・サイモン ウィリアム・バードウッド(英語版アムハ・セラシエ英語版) ウィリアム・ペイトン(英語版) エリック・ガスコイン・ロビンソン(英語版) オーブリー・フォークナー(英語版ムハンマド・ナギーブ ムハンマド6世 ムハンマド・フセイン・タンターウィー モハメド・エルバラダイ アドリー・マンスール ノロドム・シハヌーク ヌルスルタン・ナザルバエフ 等。

※この「受章者」の解説は、「ナイル勲章」の解説の一部です。
「受章者」を含む「ナイル勲章」の記事については、「ナイル勲章」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/22 03:31 UTC 版)

ジョージ・クロス」の記事における「受章者」の解説

ドリーン・アシュバーハム英語版1905年5月13日サセックス生まれ。父はアシュバーハム準男爵家(英語版)の次男第一次世界大戦勃発すると、戦火避けるために一族カナダのバンクーバー島へ移住した1916年9月23日当時11歳彼女は8歳従弟アンソニー・フェラー(Anthony Ferrer)と2人で家から800メートル離れた小道歩いていたところ、巨大なピューマ襲われた。ドリーン最初の一撃気を失ったピューマドリーンの方向かったため、アンソニーは彼女を助けるためにピューマ殴ったが、逆に噛み付かれてしまった。気を取り戻したドリーンピューマの口に手を突っ込んでアンソニー引き離した。この、自らの危険を顧みずに互い助け合った2人少年少女行為に対して1917年12月21日アルバート・メダルが贈られた。その後彼女は一旦イギリス戻ったアメリカへ移住し、大学教授結婚してアメリカ国籍取得したそのため彼女は1971年布告知らず交換行かなかったので遅れて1974年ジョージ・クロス受け取った1996年カルフォルニア州死去彼女はジョージ・クロス女性最年少受章者であると共に、アルバート・メダルの女性最年少受章者でもある。 アンソニー・フェラーは成年後カナダ連隊入隊したが、射撃訓練中流れ弾に当たって1930年死亡したそのため、彼はアルバート・メダルの最年少受章者だが、ジョージ・クロス受けられなかった。 デヴィット・C・ウェスタンDevid C. Western1937年4月26日生まれ1948年2月27日当時10歳彼はロンドンのオスタリー・パーク(英語版)で、仲間凍結したの上歩いていたが、氷が割れて仲間一人が湖に落ちた他の仲間泳げなかったため、彼等命綱託してデヴィット氷の湖に入って落ちた仲間救い出した。その功により同年8月13日アルバート・メダルを授与された。成年後海軍に入隊先述の通りアルバート・メダルの最年少受章者はアンソニー・フェラーだが、上記の経緯からジョージ・クロス最年少受章者はデヴィット・ウェスタンとされているジョナサン・ロジャース英語版1920年9月16日ウェールズ北部レクサム州のペンアカイ(英語版)に生まれる。イギリス海軍入隊し第二次世界大戦中大西洋及び地中海方面従軍してディスティンギッシュト・サービス・メダルを受章戦後オーストラリアへ移住してオーストラリア海軍入った1964年2月16日駆逐艦ヴォイジャー英語版) が空母メルボルン衝突し沈没した(メルボルン・ボイジャー衝突事故英語版))ヴォイジャー乗組み海曹長だったロジャースは、艦内閉じこめられた乗組員統率し多くの水兵脱出させた。そして、脱出できなかった水兵達を励まし彼等と共に尊厳と名誉”を最期まで維持し続けながら死を迎えた。その勇敢さ讃えられ、1965年3月12日ジョージ・クロス追贈された。 マシュー・クラウチャー英語版イギリス海兵隊上等兵2008年アフガニスタンタリバン掃討作戦行っていたクラウチャーは、タリバン地雷として設置していた手榴弾の罠線を踏み、その安全ピン抜いてしまった。クラウチャーすぐさま足を抱えた態で背負った背嚢側から手榴弾覆いかぶさり友軍巻き込まないようにした。手榴弾起爆する背嚢引き裂かれ自身吹き飛ばされたが、着用していた背嚢ボディアーマー戦闘用ヘルメットのおかげで奇跡的に鼻血外傷性鼓膜穿孔見当識失調等の軽症であった友軍兵士一部隠れるか伏せたものの、多くは対応できずに立ちつくしていたため、おそらくこの方法を取らなければ被害拡大していたと見られている衛生兵クラウチャー後送勧めたが、本人はそれを拒否し戦闘継続した。その功によりジョージ・クロス授与された。

※この「受章者」の解説は、「ジョージ・クロス」の解説の一部です。
「受章者」を含む「ジョージ・クロス」の記事については、「ジョージ・クロス」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 02:08 UTC 版)

ピアリー極地探検章」の記事における「受章者」の解説

6名が規準条文指名された。アルファベット順に一覧する。 隊員 ロバート・A・バートレット大佐Robert A. Bartlett隊員 ジョージ・ボルップ(George Borup) 隊医 ジョン・グッドセル医学博士John Goodsell隊員 マシュー・A・ヘンソンMatthew A. Henson隊員 ドナルド・B・マクミラン少将Donald B. MacMillan)(アメリカ海軍予備役、USNR) 隊員 ロス・ギルモア・マーヴィン(Ross Gilmore Marvin

※この「受章者」の解説は、「ピアリー極地探検章」の解説の一部です。
「受章者」を含む「ピアリー極地探検章」の記事については、「ピアリー極地探検章」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 07:37 UTC 版)

京都スポーツの殿堂」の記事における「受章者」の解説

平成22年度2010年度吉田義男 - 野球選手山城高校から阪神入団し1985年阪神優勝時には監督務めた京都市生まれ衣笠祥雄 - 野球選手平安高校から広島入団し連続試合出場記録日本記録樹立国民栄誉賞を受賞した。京都市生まれ朝原宣治 - 陸上選手同志社大学卒業し北京オリンピック陸上男子400mリレー銅メダリスト平成23年度2011年度水野弥一 - アメリカンフットボール監督京都大学アメリカンフットボール部日本一導いた京都市生まれ釜本邦茂 - サッカー選手山城高校卒業メキシコオリンピックサッカー得点王銅メダリスト京都市生まれ平成24年度2012年度山口良治 - ラグビー監督京都市立伏見工業高等学校ラグビー部をわずか7年日本一導き強豪校育てた奥野史子 - アーティスティックスイミング選手同志社大学出身1992年バルセロナオリンピックアーティスティックスイミング銅メダリスト京都市生まれ平成25年度2013年度藤田信之 - 陸上選手ワコールなどの女子陸上指導者として野口みずき育て上げた京都府生まれ坂田好弘 - ラグビー選手同志社大学から近鉄ラグビー部入社ワールドクラス選手として東洋人ラグビー殿堂入りする平成26年度2014年度桧山進次郎 - 野球選手平安高校から東洋大学経て阪神入団、「代打の神様」の愛称長年活躍京都市生まれ早狩実紀 - 陸上選手同志社大学出身世界陸上出場5回北京オリンピック代表、全国都道府県対抗女子駅伝選手コーチ・監督として地元京都府チーム優勝貢献する京都市生まれ大村加奈子 - バレーボール選手北嵯峨高校からダイエー入り長年全日本代表選手としてアテネ北京オリンピックに出場平成27年度2015年度佐野優子 - バレーボール選手北嵯峨高校出身国内ではユニチカ東レ久光製薬海外ではRCカンヌイトゥサチ・バクーガラタサライヴォレロ・チューリッヒ所属した北京五輪ロンドン五輪銅メダル)に出場田本博子 - ソフトボール選手祥栄小学校洛南中学校明徳商業高校出身選手としてシドニー五輪銀メダル)に、コーチとして2008年北京五輪金メダル)に出場。 作本信夫雄 - バスケットボール選手洛南高校出身母校バスケットボール部及び国体京都府少年男子監督務めインターハイ選抜優勝大会国体において合計10度制覇した平成28年度2016年度太田雄貴 - フェンシング選手平安中学平安高校同志社大学出身北京五輪銀メダリスト2015年世界選手権個人優勝京都府生まれ寒川進 - 陸上選手アテネパラリンピック1,600mリレー銅メダリスト全国車いす駅伝競走大会では京都Aチームエースとして2009年・2010年優勝京都マラソン車いす競技第3回・5回大会優勝京都市西京区在住野口みずき - 陸上選手ワコール入社後桂川沿いや西京極陸上競技場京都三条会商街で走り込み行ったアテネ五輪女子マラソン金メダリストアジア記録及び日本記録保持者平成29年度2017年度伊達公子 - テニス選手京都市四ノ宮テニスクラブ参加京都市生まれ柱谷哲二 - サッカー選手京都商業高校卒業京都市生まれ平尾誠二 - ラグビー選手同志社大学大学選手権3連覇京都市生まれ平成30年度2018年度大畑大介 - ラグビー選手京都産業大学卒業波留敏夫 - 野球選手大谷高校卒業京都市生まれ濱田美栄 - フィギュアスケートコーチ。同志社大学卒業京都市生まれ令和元年度2019年度岡島秀樹 - 野球選手東山高校卒業ボストン・レッドソックス2007年のワールドシリーズ優勝小田美岐 - ゴルフ選手同志社大学卒業伊藤園レディスゴルフトーナメント2度優勝北村友里 - 水泳選手京都大学職員2004年アテネパラリンピックで6位入賞令和2年度2020年度小西美加 - 野球選手坂野晴男 - 車いす駅伝車いすバスケットボール指導者武田美保 - アーティスティックスイミング選手立花美哉 - アーティスティックスイミング選手令和3年度2021年度福澤達哉 - バレーボール選手道永宏 - アーチェリー選手指導者団体特別表彰として、京都市体育協会京都市体育振興会連合会皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会歴代京都府代表チーム殿堂入りしている。

※この「受章者」の解説は、「京都スポーツの殿堂」の解説の一部です。
「受章者」を含む「京都スポーツの殿堂」の記事については、「京都スポーツの殿堂」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/15 00:05 UTC 版)

共和国勲章 (中華人民共和国)」の記事における「受章者」の解説

#受章者生没年主な業績受章日期1 于敏 1926年8月2019年1月 中国の「水爆の父」といわれる核物理学者中国科学院院士2019年9月29日 2 申紀蘭 1929年12月2020年6月 中国共産党平順県委員会副書記。第一回から第十三回全国人民代表大会代表。 3 孫家棟 1929年4月 科学者ロケットおよび人工衛星技術専門家中国科学院院士。 4 李延年 1928年11月 1945年から解放戦争従軍し多くの戦役戦闘参加した「老革命軍人」。 5 張富1924年12月 元軍人1955年退役後、自分の勲功周囲知らせないように、貧困地域振興生涯ささげる。 6 袁隆平 1930年9月2021年5月22日 中国の「ハイブリッド水稲の父」といわれる農業科学研究者。中国工程院院士。 7 黄旭華 1926年3月 中国の「原子力潜水艦の父」といわれる研究者中国工程院院士。 8 屠呦呦 1930年12月 医学者アルテミシニン発見者2015年ノーベル医学生理学賞受賞した。 9 鍾南山 1936年10月 医学者中国呼吸器疾患研究分野におけるリーダー中国工程院院士2020年9月8日

※この「受章者」の解説は、「共和国勲章 (中華人民共和国)」の解説の一部です。
「受章者」を含む「共和国勲章 (中華人民共和国)」の記事については、「共和国勲章 (中華人民共和国)」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/12/31 06:06 UTC 版)

ディフェンス・スーピアリアサービスメダル」の記事における「受章者」の解説

デビッド・アーチゼル - 海軍中将 カーティス・ブラウン - 空軍大佐NASA宇宙飛行士 ナンシー・エリザベス・ブラウン - 海軍中将 マイケル・R・クリフォード - 陸軍中佐米航空宇宙局NASA宇宙飛行士スペースシャトル「アトランティス」搭乗。 ジェシー・クロス - 陸軍准将 スティーブン・E・クロス医師 スーザン・Y・デジャルダン - 空軍准将 パトリック・G・フォレスター - 陸軍大佐米航空宇宙局NASA宇宙飛行士スペースシャトルディスカバリー」に搭乗マイケルP・Cカーンズ - 空軍大将 ウォルター・E・ガスキン - 海兵隊少将 ジュリアス・W・ゲイツ - 陸軍曹長 ジョン・Fグッドマン - 海兵隊中将 フランク・ゴーレンク - 空軍中将 ウェンデル・L・グリフィン - 空軍少将 ロバート・Eホール - 陸軍曹長 レベッカ・S・ハルステッド - 陸軍准将 ハリー・ハリス - 海軍中将 ロバート・C・ヒンソン - 空軍中将 ドナルド・J・ホフマン - 空軍大将 ジョナサン・ハウ - 海軍大将 チャールズ・H・ジャコビー・ジュニア - 陸軍大将 ロドニー・P・ケリー - 空軍少将 フランク・クロッツ - 空軍中将 W・パトリック・ラング大佐 マーク・C・リー - 空軍大佐NASA宇宙飛行士 マイケル・マレン - 海軍大将統合参謀本部議長 ピーター・ペース - 海兵隊大将統合参謀本部議長 デイヴィッド・ペトラース - 陸軍大将 コリン・パウエル - 国務長官陸軍大将 ジョン・W・レイモンド - 空軍准将 アン・E・ロンドー - 海軍中将 ジョー・セスタク - 海軍中将米下院議員 ドナルド・B・スミス - 陸軍准将 デビッド・P・ヴァルコート - 陸軍中将 ジェームズ・ヴォス - 陸軍大佐米航空宇宙局NASA宇宙飛行士 フランシス・C・ウィルソン - 海兵隊中将 ジェームズ・A・ ウィニフレッド・ジュニア - 海軍中将 ジェイムズ・P・ ウィスカップ - 米海軍中将 ウォルター・H・イエーツ・ジュニア - 陸軍少将 アンソニー・ジニ - 海兵隊大将

※この「受章者」の解説は、「ディフェンス・スーピアリアサービスメダル」の解説の一部です。
「受章者」を含む「ディフェンス・スーピアリアサービスメダル」の記事については、「ディフェンス・スーピアリアサービスメダル」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 04:19 UTC 版)

警察協力章」の記事における「受章者」の解説

警察協力章年間30程度受章している。 主に多い受章例警察医として長年警察任務協力した防犯協会ないし交通安全協会会長若しくは役員として永年勤務し功績著しい者 現行犯逮捕した者(1985年横浜市介抱強盗取り押さえようとして刺殺され大学生が有名) である。 その他、人命救助に対する授与例としては、2001年1月26日発生した新大久保駅乗客転落事故においてホームから転落した男性救出しようとして列車撥ねられ死亡した大韓民国籍の留学生李秀賢カメラマン関根史郎授与された例が特に有名でありその他に雪山遭難者捜索救難従事し事故死した人などに対する授与が行われている。

※この「受章者」の解説は、「警察協力章」の解説の一部です。
「受章者」を含む「警察協力章」の記事については、「警察協力章」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 02:16 UTC 版)

旭日大綬章」の記事における「受章者」の解説

主要官職については官報及び新聞記事掲載されているもののみを準用した。春秋叙勲については外国人受章者を含む(「外国人」と表記)。名前後ろの※印は死亡叙勲受章年月日氏名カッコ内主な役職在職当時2003年平成15年11月3日 赤松良子文部大臣奥井功積水ハウス会長辻義文日産自動車社長續訓弘総務庁長官虎島和夫防衛庁長官林寛子(「扇千景」、国土交通大臣牧野隆守労働大臣本岡昭次参議院副議長山田北陸電力会長2004年平成16年1月28日 池田行彦外務大臣)※ 2004年平成16年4月25日 三塚博大蔵大臣)※ 2004年平成16年4月29日 柿澤弘治外務大臣河合伸一最高裁判所判事近藤耕三四国電力会長千種秀夫最高裁判所判事平林鴻三郵政大臣平松守彦大分県知事松形祐堯宮崎県知事室伏稔伊藤忠商事会長2004年平成16年11月3日 明石康国際連合事務次長有馬朗人文部大臣井嶋一友最高裁判所判事大國昌彦王子製紙会長大出峻郎最高裁判所判事大野茂九州電力会長栗田幸雄福井県知事清水仁東京急行電鉄会長武村正義大蔵大臣土井定包大和証券会長長尾立子法務大臣野沢太三法務大臣カセー・チャナオンタイ外務大臣外国人2005年平成17年4月29日 奥田昌道最高裁判所判事八島俊章東北電力会長2005年平成17年11月3日 芦田甚之助連合会長安西邦夫東京ガス会長中沖豊富山県知事中村正三郎法務大臣深澤武久最高裁判所判事藤井正雄最高裁判所判事槙原稔三菱商事会長森田一運輸大臣) ミヒャエル・ロゴフスキー(ドイツ産業連盟会長外国人ドゥマーギーン・ソドノムモンゴル大蔵大臣外国人2006年平成18年4月29日 大石千八郵政大臣梶原拓岐阜県知事亀山継夫最高裁判所判事北川弘治最高裁判所判事中島衛科学技術庁長官古川貞二郎内閣官房副長官ジェームズ・ウォルフェンソン世界銀行総裁外国人ジョン・ホワイトヘッド駐日英国大使外国人) エティエンヌ・ダヴィニヨン(欧州委員会副委員長外国人) ダニエル・ヤンセン(ベルギー経団連会長外国人2006年平成18年5月10日 松野頼三防衛庁長官)※ 2006年平成18年5月12日 亀井善之農林水産大臣)※ 2006年平成18年11月3日 梶谷玄最高裁判所判事) キャロル・ベラミー(国際連合児童基金事務局長外国人エンリケ・V・イグレシアス米州開発銀行総裁外国人ゴフ・ホイットラムオーストラリア首相外国人マルコム・フレーザーオーストラリア首相外国人) ドナルド・ジョンストン(OECD事務局長外国人ヘンリー・A・マッキンネル・ジュニア(ファイザーCEO外国人ファン・ヴァン・カイベトナム首相外国人2006年平成18年12月13日 永山武臣松竹会長)※ 2007年平成19年4月29日 大島宏彦中日新聞社社長貝原俊民兵庫県知事金谷利広最高裁判所判事平松一朗京急電鉄社長福田博最高裁判所判事山口信夫日本商工会議所会頭2007年平成19年11月3日 沓掛哲男国家公安委員長桜井新環境庁長官清水嘉与子環境庁長官澄田信義島根県知事竹山裕科学技術庁長官濱田邦夫最高裁判所判事前島英三郎(「八代英太」、郵政大臣宮原賢次住友商事会長2008年平成20年4月29日 生田正治日本郵政公社総裁石井道子環境庁長官小野清子国家公安委員長真鍋賢二環境庁長官2008年平成20年11月3日 大西淳四国電力会長奥田碩トヨタ自動車会長滝井繁男最高裁判所判事渡邉恒雄読売新聞グループ会長2009年平成21年4月29日 上田豊三最高裁判所判事柿本善也奈良県知事田代和近鉄会長角田義一参議院副議長成田豊電通会長的場順三内閣官房副長官鷲尾悦也連合会長ランベルト・ディーニイタリア首相外国人2009年平成21年10月3日 中川昭一財務大臣)※ 2009年平成21年11月3日 臼井日出男法務大臣瓦力建設大臣才口千晴最高裁判所判事佐藤剛男法務副大臣張富士夫トヨタ自動車会長津島雄二厚生大臣津野修内閣法制局長官仲村正治内閣府副大臣野村明雄大阪商工会議所会頭箕浦宗吉名古屋鉄道会長森山真弓内閣官房長官2010年平成22年4月29日 愛知和男防衛庁長官遠藤武彦農林水産大臣尾身幸次財務大臣片田哲也小松製作所社長笹川堯内閣府特命担当大臣関谷勝嗣建設大臣鶴田卓彦日本経済新聞社長) 谷津義男農林水産大臣柳沢伯夫厚生労働大臣2010年平成22年11月3日 泉信也国家公安委員会委員長泉徳治最高裁判所判事井上喜一防災担当大臣氏家齊一郎日本テレビ会長児島仁NTT社長田名部匡省農林水産大臣南野知恵子法務大臣広中和歌子環境庁長官深谷隆司通商産業大臣松田岩夫科学技術担当大臣矢野絢也公明党委員長渡辺秀央郵政大臣2011年平成23年4月29日 青山丘文部科学副大臣石川嘉延静岡県知事今井功最高裁判所判事中川了滋最高裁判所判事若林正俊農林水産大臣2011年平成23年6月4日 笹森清日本労働組合総連合会会長)※ 2011年平成23年11月3日 佐々木幹夫三菱商事会長藤田宙靖最高裁判所判事堀籠幸男最高裁判所判事2012年平成24年2月28日 フアン・カルロス・カプニャイ・チャベス本邦駐箚ペルー共和国特命全権大使外国人2012年平成24年4月29日 池口小太郎経済企画庁長官大橋洋治全日空会長島村宜伸農林水産大臣須田寬JR東海会長) ラタン・ナバル・タタ(タタ・グループ会長外国人ジョン・メージャー英国首相外国人) シャンムガム・ジャヤクマール(シンガポール副首相外国人) ジャック・ディウフ(国際連合食糧農業機関事務局長外国人) ファム・ザー・キエム(ベトナム副首相外国人2012年平成24年6月12日 フィリップ・ドゥ・ヘーア(駐日オランダ大使外国人) バートン・モンテギュー・フィールド(アメリカ第5空軍司令官外国人2012年平成24年9月16日 樋口廣太郎アサヒビール会長)※ 2012年平成24年11月3日 山崎拓建設大臣防衛庁長官甲斐中辰夫最高裁判所判事ロマーノ・プローディイタリア首相外国人) アブデルマレク・ベンハビレス(駐日アルジェリア大使外国人2013年平成25年4月29日 池坊保子文部科学副大臣植松治雄日本医師会会長大野功統防衛庁長官久間章生防衛大臣滝実法務大臣中馬弘毅内閣府特命担当大臣遠山敦子文部科学大臣中井洽国家公安委員長中野寛成衆議院副議長那須弘平最高裁判所判事羽佐間重彰産経新聞会長藤井裕久財務大臣前田勲男法務大臣宮川光治最高裁判所判事与謝野馨財務大臣吉田二郎南海電鉄会長2013年平成25年11月3日 亀井久興国土庁長官小谷昌京急電鉄会長玉澤徳一郎農林大臣長勢甚遠法務大臣日枝久フジテレビ会長二橋正弘内閣官房副長官古田佑紀最高裁判所判事御手洗富士夫キヤノン会長宮津純一郎NTT社長クラウス・シュワブ (スイス経済学者外国人) 2014年平成26年2月13日 ジョン・ロックフェラー4世アメリカ合衆国上院議員) 2014年平成26年4月29日 葛西敬之JR東海会長渡文明JXホールディングス相談役石井一自治大臣鹿野道彦農林水産大臣須藤正彦最高裁判所判事樋口武男大和ハウス工業会長2014年平成26年5月27日 ジョナサン・ウィリアム・グリナート(アメリカ海軍作戦部長外国人2014年平成26年9月19日 バイロン・レネ・エスコベド・メネンデス(駐日グアテマラ大使2014年平成26年11月3日 坂根正弘小松製作所社長竹内行夫最高裁判所判事田原睦夫最高裁判所判事二井関成山口県知事平田健二参議院議長安居祥策帝人社長会長2014年平成26年11月18日 クロード・ヘレル・ルーアサン(駐日メキシコ大使) ミゲル・アンヘル・ナバーロ・ポルテラ(駐日スペイン大使2015年平成27年1月6日 タナーティップ・ウパティシン駐日タイ大使2015年平成27年1月23日 ニコラオス・ツァマドス(駐日ギリシャ大使2015年平成27年4月29日 石原慎太郎東京都知事漆間巌警察庁長官岡村正日本商工会議所会頭唐澤祥人日本医師会会長小平忠正国家公安委員長斉藤斗志二防衛庁長官庄山悦彦日立製作所社長高木剛日本労働組合総連合会連合会長保利耕輔自治大臣米倉弘昌日本経済団体連合会経団連会長2015年平成27年5月8日 マイケル・ソマレ(元パプアニューギニア首相ナンシー・ペロシ (下院少数党院内総務) 2015年平成27年11月3日 太田誠一総務庁長官清原武彦産経新聞社会長白川勝彦自治大臣細川律夫厚生労働大臣幕田圭一東北電力会長村田吉隆国家公安委員長横田尤孝最高裁判所判事ドナルド・ラムズフェルドアメリカ国防長官外国人リチャード・アーミテージアメリカ国務副長官外国人ブレント・スコウクロフトアメリカ国家安全保障担当大統領補佐官外国人) サンディー・バーガー(アメリカ国家安全保障担当大統領補佐官外国人ジェイムズ・A・ベイカーアメリカ国務長官外国人マリオ・モンティイタリア首相外国人アフターブ・セット駐日インド大使外国人柳明桓駐日韓国大使外国人) ヤーノシュ・マルトニー(ハンガリー外相外国人ジュンイチ・サイトウブラジル空軍司令官外国人ヘルマン・ファン・ロンパウ欧州連合大統領外国人ジャック・サンテールルクセンブルク首相外国人2016年平成28年4月29日 上杉光弘自治大臣国家公安委員長上條清文東急電鉄社長小島順彦三菱商事会長斉藤惇東京証券取引所社長自見庄三郎郵政大臣白木勇最高裁判所判事和田勇積水ハウス会長CEO) アビド・シャリホフ(アゼルバイジャン副首相外国人ストローブ・タルボットアメリカ国務副長官外国人ジェローム・アイザック・フリードマンマサチューセッツ工科大学名誉特別教授外国人) ユセフ・ユスフィ(アルジェリア外相外国人) ウンベルト・バッターニ(伊日財団会長外国人) トリニダ・ヒメネス・ガルシア・エレラ(スペイン外務協力相、外国人モクウィツィ・マシシボツワナ副大統領外国人2016年平成28年6月21日 鳩山邦夫法務大臣)※ 2016年平成28年7月26日 マヌ・ヴィルタモ(駐日フィンランド大使2016年平成28年9月9日 加藤紘一防衛庁長官内閣官房長官)※ 2016年平成28年9月13日 ゲオルゲ・コンスタンティノフ・ヴァシレフ(駐日ブルガリア大使2016年平成28年10月4日 ディディエ・レンデルス(ベルギー王国副首相外務欧州問題大臣2016年平成28年10月21日 小坂憲次文部科学大臣)※ 2016年平成28年11月3日 金築誠志最高裁判所判事北澤俊美防衛大臣輿石東参議院副議長直嶋正行経済産業大臣中川秀直内閣官房長官野間口有三菱電機社長前田武志国土交通大臣ジョン・ヘイムリアメリカ国防副長官外国人ジョン・ベイナーアメリカ連邦下院議長外国人) カル・ジャヤスーリヤ(スリランカ国会議長外国人韓昇洲韓国外務部長官、外国人) セサール・エンリケ・アギナルド・ビラータ(フィリピン首相外国人フランクリン・M・ドリロン(フィリピン上院議長外国人2016年平成28年12月18日 森下洋一松下電器産業(現パナソニック社長)※ 2017年平成29年4月29日 岩沙弘道三井不動産会長氏家純一野村證券社長川口順子外務大臣熊谷直彦三井物産社長杉浦正健法務大臣平島治(大成建設会長) ジョン・ローレンス・ドーラン(在日アメリカ軍司令官外国人) アシュワニ・クマール(インド法相外国人) サム・カハンバ・クテサ(ウガンダ第69回国際連合総会議長外国人シドニー・ブレナーシンガポール沖縄科学技術研究基盤整備機構理事長外国人アミナ・C・モハメドケニア外務長官外国人) 孫京植(大韓商工会議所会長外国人鄭義和韓国国会議長外国人2017年平成29年7月25日 木村太郎内閣総理大臣補佐官)※ 2017年平成29年11月3日 坂本剛二経済産業副大臣麻生渡福岡県知事斎藤勝利第一生命ホールディングス会長千葉勝美最高裁判所判事山浦善樹最高裁判所判事ロバート・ゲーツアメリカ合衆国国防長官外国人) スティーヴン・ハドリー(アメリカ合衆国大統領補佐官外国人) アーネスト・モニツ(アメリカ合衆国エネルギー長官外国人コンドリーザ・ライスアメリカ合衆国国務長官外国人マヌーチェフル・モッタキーイラン外務大臣外国人ウィリアム・ヘイグイギリス外務・英連邦大臣外国人) アンドリュー・ピーコック(オーストラリア連邦外務大臣外国人) キエット・チョン(カンボジア副首相外国人ヘレン・クラークニュージーランド首相外国人ジャンマルク・エローフランス首相外国人) トゥンク・アハマド・リタウディン(マレーシア外相外国人) アルティス・パブリク(ラトビア副首相外国人) 頼浩敏(日本奨学金留学生聯誼会名理事長外国人2018年平成30年4月26日 ハリー・B・ハリス・ジュニアアメリカ合衆国太平洋軍司令官外国人2018年平成30年4月29日 石原邦夫東京海上日動火災保険社長石渡恒夫京浜急行電鉄社長伊藤公介国土庁長官大谷剛彦最高裁判所判事大畠章宏国土交通大臣金子一義国土交通大臣鎌田迪貞九州電力社長川端達夫衆議院副議長文部科学大臣高村正彦外務大臣法務大臣近衞忠煇日本赤十字社社長桜井龍子最高裁判所判事武部勤農林水産大臣丹羽雄哉厚生労働大臣藤井孝男運輸大臣保岡興治法務大臣和田紀夫NTT社長マデレーン・オルブライトアメリカ合衆国国務長官外国人) ロバート・フィリップス・コーカー・ジュニア(アメリカ合衆国上院外交委員長外国人トーマス・J・ドナヒューアメリカ合衆国商工会議所会頭最高経営責任者外国人ウィリアム・ジョセフ・バーンズアメリカ合衆国国務副長官外国人ジョン・シドニー・マケイン3世アメリカ合衆国上院軍事委員長、外国人) グレアム・ホルブルック・フライ(イギリス駐日大使外国人ハリド・A・ファリハ(サウジアラビアエネルギー産業鉱物資源相、外国人トゥイラエパ・サイレレ・マリエレガオイサモア首相外国人) イバン・ムルキッチ(セルビア外相外国人) 金鈗(韓日経済協会会長外国人ジャン・クロード・トリシェフランス銀行名誉総裁外国人) ムサ・ヒタム(マレーシア首相内相外国人2018年平成30年7月21日 松本龍復興大臣)※ 2018年平成30年10月11日 仙谷由人内閣官房長官法務大臣)※ 2018年平成30年11月3日 大橋正春最高裁判所判事鈴木政二内閣官房副長官高木義明文部科学大臣千葉景子法務大臣平沼赳夫経済産業大臣渡辺捷昭トヨタ自動車社長ウィリアム・コーエンアメリカ合衆国国防長官外国人ディック・チェイニーアメリカ合衆国副大統領外国人アンソニー・レイク国際連合児童基金事務局長外国人) ヌレディヌ・ヤズィド・ゼルーニ(アルジェリア副首相外国人) デイヴィッド・ウォーレン(駐日イギリス大使外国人タルバク・ナザロフタジキスタン外務大臣外国人) ピーター・ピオット(国際連合エイズ合同計画事務局長国際連合事務次長外国人) タレブ・リファイ(世界観光機関事務局長外国人2018年平成30年11月11日 園田博之内閣官房副長官)※ 2018年平成30年12月25日 鴻池祥肇防災担当大臣)※ 2019年平成31年1月15日 ジェリー・ポール・マルティネス(在日アメリカ合衆国軍司令官第五空軍司令官外国人2019年平成31年4月26日 ジョン・マイケル・リチャードソン(英語版)(アメリカ合衆国海軍作戦部長外国人2019年令和元年5月21日 亀井靜香運輸大臣建設大臣木内道祥最高裁判所判事木村惠司三菱地所会長木村康JX日鉱日石エネルギー会長笹川陽平日本財団会長數土文夫JFEスチール社長原恒雄人事院総裁山岡賢次国家公安委員会委員長テレンス・J・オショネシー(アメリカ合衆国太平洋空軍司令官外国人アシュトン・B・カーターアメリカ合衆国国防長官外国人) ウィリアム・レイシー・スウィング(国際移住機関事務局長外国人チャック・ヘーゲルアメリカ合衆国国防長官外国人) ナビール・ファハミ(エジプト駐日大使外務大臣外国人) ハイレマリアム・デサレン・ボシェ(エチオピア首相外国人) ハーリド・アル・アティーヤ(カタール外務大臣外国人) ノロドム・シリブット(カンボジア共同副首相外国人メブリュト・チャブシオールトルコ外務大臣外国人) ビリー・ゴッドフリード・クアルテイ(パラオ国務大臣外国人) エラディオ・ロイサガ・レスカノ(パラグアイ外務大臣外国人) サイド・ハミド・サイド・ジャアファー・ アルバーマレーシア外務大臣外国人) ナーセル・ジュデ(ヨルダン副首相外務移民大臣外国人) ソムディ・ドゥアンディ(ラオス副首相財務大臣外国人) ジョン・ポール・ホルドレン(アメリカ合衆国科学技術担当大統領補佐官外国人マイケル・H・モスコウアメリカ合衆国通商代表部次席代表、外国人2019年令和元年5月22日 アンヘラ・マリア・デ・ロウルデス・チャベス・ビエティ(グアテマラ在日特命全権大使外国人2019年令和元年7月2日 ニルス・マグヌス・ローバックスウェーデン在日特命全権大使外国人) ロバート・ブルックス・ブラウン(アメリカ合衆国太平洋空軍司令官外国人2019年令和元年8月1日 高須司登中国電力代表取締役社長中国経済連合会会長)※ 2019年令和元年10月15日 バンサーン・ブンナーク(タイ在日駐箚特命全権大使外国人2019年令和元年10月26日 吉田博美国土交通大臣政務官自由民主党参議院幹事長)※ 2019年令和元年11月1日 ハンス・カール・フライヘア・フォン・ヴェアテルンドイツ在日特命全権大使外国人) リッテル・ノベル・ディアス・ゴメス(パナマ在日特命全権大使外国人2019年令和元年11月3日 槍田松瑩三井物産社長岡本圀衞日本生命保険相互会社社長谷垣禎一法務大臣財務大臣松尾新吾九州電力社長溝手顕正国家公安委員長柳本卓治参議院憲法審査会長、衆議院法務委員長) ロバート・ブレーク・ネラー(アメリカ合衆国海兵隊総司令官外国人レオン・E・パネッタアメリカ合衆国国防長官外国人) アロイゼ・ペテルレ(スロベニア首相外国人) イブラヒム・マヤキ(ニジェール首相外国人) ルーベンス・リクペロ(国際連合貿易開発会議事務局長外国人) エルベ・ラドスース(国際連合平和維持活動局長、外国人ジャン=イヴ・ル・ドリアンフランス外務大臣外国人) パンカム・ヴィパヴァン(ラオス国家副主席外国人2019年令和元年12月19日 望月義夫環境大臣)※ 2020年令和2年4月29日 榊原定征東レ社長日本経済団体連合会会長岡部喜代子最高裁判所判事鬼丸かおる最高裁判所判事荻田伍アサヒグループホールディングス会長竹歳誠内閣官房副長官常盤四国電力社長ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ三世(「ビル・ゲイツ」、アメリカマイクロソフト共同創業者会長外国人) ラム・チャンドラ・ポーデル(ネパール平和・再構築大臣外国人2020年令和2年5月19日 松田昌士東日本旅客鉄道社長)※ 2020年令和2年9月8日 フーベルト・ハイッス(wikidata)(オーストリア在日特命全権大使外国人ローラン・ピックフランス在日特命全権大使外国人ジョセフ・チェノットゥ駐日教皇大使大司教外国人)※ 2020年令和2年11月3日 内山田竹志トヨタ自動車会長瀧野欣彌内閣官房副長官仲井眞弘多沖縄県知事中村邦夫松下電器産業社長山崎敏充最高裁判所判事山本庸幸最高裁判所判事チャック・グラスリーアメリカ合衆国連邦上院財政委員長外国人ジョセフ・F・ダンフォード・ジュニア(アメリカ合衆国統合参謀本部議長外国人マイケル・レイク英国産業連盟会長外国人) ムハンマド・ビン・サーレフ・サダ(カタールエネルギー工業相、外国人) ラメシュ・ナート・パンデ(ネパール外相外国人) ターヘル・マスリー(ヨルダン首相外国人ジャンクロード・ユンケル欧州委員会委員長外国人2020年令和2年11月10日 エクトル・パウリーノ・ドミンゲス・ロドリゲスドミニカ共和国在日特命全権大使外国人2020年令和2年11月20日 ボリスラフ・コストフ(ブルガリア共和国在日特命全権大使外国人2020年令和2年12月4日 マルタ・リディア・セラヤンディア・シスネロスエルサルバドル共和国在日特命全権大使外国人2020年令和2年12月27日 羽田雄一郎国土交通大臣)※ 2021年令和3年1月8日 アラン・クラウディオ・ベロー(アルゼンチン在日特命全権大使外国人南官杓大韓民国在日特命全権大使外国人2021年令和3年2月19日 フリオ・フィオル(チリ在日特命全権大使外国人2021年令和3年3月30日 フィリップ・スコット・デービッドソン(アメリカ合衆国インド太平洋軍司令官外国人2021年令和3年4月29日 勝俣宣夫丸紅相談役横倉義武日本医師会会長) ジェームズ・クラッパー(アメリカ合衆国国家情報長官外国人) デビッド・ゴールドフィン(アメリカ合衆国空軍参謀総長外国人フランシス・ガリ世界知的所有権機関事務局長外国人ジュリア・ギラードオーストラリア首相外国人ドナルド・トゥスクポーランド首相欧州理事会議長外国人) ダンザン・ルンデージャンツァン(モンゴル国大会議長外国人) ハーニ・ムルキー(ヨルダン首相兼国防大臣、外国人2021年令和3年5月3日 永易克典三菱東京UFJ銀行相談役)※ 2021年令和3年5月11日 ハロルド・ウィンストン・フォルサイト(スペイン語版)(ペルー特命全権大使外国人2021年令和3年6月27日 中西宏明日本経済団体連合会会長日立製作所相談役)※ 2021年令和3年8月10日 ケビン・ブルース・シュナイダー(在日アメリカ合衆国軍司令官外国人2021年令和3年9月17日 竹下亘復興大臣)※ 2021年令和3年11月3日 畔柳信雄三菱東京UFJ銀行頭取高橋宏明東北電力社長キャロライン・ケネディ駐日アメリカ合衆国大使外国人アントニオ・タイヤーニ欧州議会議長外国人サディク・サファエフウズベキスタン外務大臣外国人) イエスケ・K・イエシ(ミクロネシア外務大臣外国人王金平(台日交流聯誼会名会長外国人2021年令和3年12月10日 コンスタンティン・カキュシス駐日ギリシャ大使外国人2022年令和4年1月28日 フランシスコ・マヌエル・ダ・フォンセカ・シャヴィエル・エステヴェス(駐日ポルトガル大使外国人2022年令和4年2月2日 内山齊読売新聞グループ本社社長日本新聞協会会長)※ 2022年令和4年4月29日 荒井聰国家戦略担当大臣鴨下一郎環境大臣杉田和博内閣官房副長官鈴木茂晴大和証券社長竹本直一(IT政策担当大臣田中直紀防衛大臣田中眞紀子文部科学大臣外務大臣谷畑孝厚生労働副大臣野田毅自治大臣経済企画庁長官建設大臣林景一最高裁判所判事山本公一環境大臣) ジョン・ビクター・ルース(駐日アメリカ合衆国大使外国人) ムハンマド・ユスフ・カッラ(インドネシア副大統領外国人) アンソニー・ジョン・アボット(オーストラリア首相外国人) ユーセフ・ビン・アラウィ・ビン・ アブダッラー・アル・イブラヒーム(英語版)(オマーン国外務大臣外国人) モハメド・ガンヌーシ(チュニジア首相外国人) ディーター・ケンプフ(英語版)(ドイツ産業連盟BDI)(英語版会長外国人) マニュエル・バンバ・ビリヤール・ ジュニア英語版)(フィリピン上院議長外国人) ベルナール・ラパセ(英語版)(フランス・ワールドラグビー会長外国人アステリオ・R・タケシー(ミクロネシア連邦外務大臣外国人プムズィレ・ムランボ=ヌクカ南アフリカ共和国副大統領国連女性機関事務局長外国人2022年令和4年6月14日 サンティアゴ・フェルナンド・デ・ヘスス・パルド・サルゲロ(駐日コロンビア大使

※この「受章者」の解説は、「旭日大綬章」の解説の一部です。
「受章者」を含む「旭日大綬章」の記事については、「旭日大綬章」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 03:50 UTC 版)

メリット勲章」の記事における「受章者」の解説

受章者はメリット騎士団加えられるが、定員軍事文化公共福祉全部合わせて国王24人に限られている。但し、外国人へは定数外として授与される軍事部門では海軍元帥ルイス・マウントバッテン伯爵授与されたのが最後であり、現在の騎士団員全員文化部門または公共福祉部門での受章者である。 この勲章制定時より女性にも解放されており、1907年フローレンス・ナイチンゲール女性として初め受章した日本人としては東郷平八郎山縣有朋受章している。 この勲章受章することによってナイト爵には列せられないので、受章者に“Sir”や“Dame”の敬称付かないが、名前の後にOMポスト・ノミナル・レターズ付される番号国籍氏名職業等)叙勲日歿日会員種別備考1 / フレデリック・ロバーツ(英語版)(初代ロバーツ伯、陸軍軍人1902年6月26日 1914年11月14日 2 ガーネット・ヴォルズリー(英語版)(初代ヴォルズリー子爵陸軍軍人1902年6月26日 1913年3月25日 3 ホレイショ・ハーバート・キッチナー初代キッチナー伯、陸軍軍人1902年6月26日 1916年6月5日 4 ジョン・ウィリアム・ストラット第3レイリー男爵物理学者1902年6月26日 1919年6月30日 5 ウィリアム・トムソン初代ケルビン男爵物理学者1902年6月26日 1907年12月17日 6 ジョゼフ・リスター初代リスター男爵外科医1902年6月26日 1912年2月10日 7 ヘンリー・ケッペル(英語版)(海軍軍人1902年6月26日 1904年1月17日 8 ジョン・モーリー(英語版)(初代モーリー・オブ・ブラックバーン子爵政治家1902年6月26日 1923年9月23日 9 ウイリアム・エドワード・ハートポール・レッキー(英語版)(歴史学者1902年6月26日 1903年10月22日 10 エドワード・ホバート・シーモア(英語版)(海軍軍人1902年6月26日 1929年3月2日 11 ウィリアム・ハギンズ天文学者1902年6月26日 1910年5月12日 12 ジョージ・フレデリック・ワッツ画家1902年6月26日 1904年7月1日 13 ジョージ・スチュアート・ホワイト(英語版)(陸軍軍人1905年6月30日 1912年6月24日 14 ジョン・アーバスノット・フィッシャー海軍軍人1905年6月30日 1920年7月10日 15 リチャード・クレーヴァーハウス・ジェッブ(英語版)(古典学者1905年6月30日 1905年12月9日 16 / ローレンス・アルマ=タデマ画家1905年6月30日 1912年6月25日 17 ジョージ・メレディス小説家1905年6月30日 1909年5月18日 18 ウィリアム・ホルマン・ハント画家1905年6月30日 1910年9月7日 19 山縣有朋日本の首相陸軍軍人1906年2月21日 1922年2月1日 名誉メンバー 20 大山巌日本の陸軍軍人1906年2月21日 1916年12月10日 名誉メンバー 21 東郷平八郎日本の海軍軍人1906年2月21日 1934年5月30日 名誉メンバー 22 エブリン・ベアリング初代クローマー伯エジプト総督1906年6月29日 1917年1月29日 23 ジェームズ・ブライス初代ブライス子爵法律家政治家1907年2月11日 1922年1月22日 24 ジョーゼフ・ドールトン・フッカー(植物学者1907年6月30日 1911年12月10日 25 / フローレンス・ナイチンゲール看護師1907年5月12日 1910年8月13日 26 ヘンリー・ジャクソン英語版)(古典学者1908年6月26日 1921年9月25日 27 アルフレッド・ラッセル・ウォレス博物学者1908年6月26日 1913年11月7日 28 ウィリアム・クルックス化学者物理学者1910年7月8日 1919年4月4日 29 トーマス・ハーディ詩人作家1910年7月8日 1928年1月11日 30 ジョージ・オットー・トレヴェリアン(英語版)(第2代准男爵歴史家1911年6月19日 1928年8月17日 31 エドワード・エルガー作曲家1911年6月19日 1934年2月23日 32 アーサー・ナイヴェット・ウィルソン(英語版)(海軍軍人1912年3月8日 1921年5月25日 33 ジョーゼフ・ジョン・トムソン(物理学者1912年3月15日 1940年8月30日 34 アーチボルド・ゲイキー地質学者1914年1月1日 1924年11月10日 35 ジョン・フレンチイーペル伯、陸軍軍人1914年12月3日 1925年5月22日 36 リチャード・ホールデン(英語版)(初代ホールデン子爵政治家1915年5月26日 1928年8月19日 37 / ヘンリー・ジェイムズ作家1916年1月1日 1916年2月28日 38 ジョン・ジェリコー(英語版)(初代ジェリコー伯、海軍軍人1916年5月31日 1935年11月20日 39 アーサー・バルフォア初代バルフォア伯首相1916年6月3日 1930年3月19日 40 フェルディナン・フォッシュフランスの陸軍軍人) 1918年11月29日 1929年3月20日 名誉メンバー 41 デビッド・ビーティ(初代ビーティ伯、海軍軍人1919年6月3日 1936年3月11日 42 ダグラス・ヘイグ初代ヘイグ伯、陸軍軍人1919年6月3日 1928年1月29日 43 ジョゼフ・ジョフルフランスの陸軍軍人) 1919年6月26日 1931年1月3日 名誉メンバー 44 デビッド・ロイド・ジョージ初代ドワィフォーのロイド・ジョージ伯首相1919年8月5日 1945年3月26日 45 ジェームズ・マシュー・バリー作家1922年1月2日 1937年6月19日 46 フランシス・ハーバート・ブラッドリー哲学者1924年6月3日 1924年9月18日 47 チャールズ・シェリントン生理学者1924年6月3日 1952年3月4日 48 ジェームズ・フレイザー社会人類学者) 1925年1月1日 1941年5月7日 49 / アーネスト・ラザフォード物理学者1925年1月1日 1937年10月19日 50 チャールズ・アルジャーノン・パーソンズ技術者1927年6月3日 1931年2月11日 51 ジョージ・エイブラハム・グリアソン言語学者1928年6月4日 1941年3月9日 52 ロバート・ブリッジズ(桂冠詩人1929年6月3日 1930年4月21日 53 ジョン・ゴールズワージー作家1929年6月3日 1933年1月31日 54 / サミュエル・アレクサンダー哲学者1930年6月3日 1938年9月13日 55 モンタギュウ・ロウズ・ジェイムズ古文書学者、小説家1930年6月3日 1936年6月12日 56 G・M・トレヴェリアン歴史家1930年6月3日 1962年7月21日 57 チャールズ・マッデン(英語版)(初代准男爵海軍軍人1931年1月1日 1935年6月5日 58 フィリップ・ウィルソン・スティーア画家1931年1月1日 1942年3月18日 59 ヘンリー・ブラッグ物理学者1931年6月3日 1942年3月10日 60 J・Wマッケイル著述家1935年1月1日 1945年12月13日 61 ジョン・メイスフィールド作家1935年6月3日 1967年5月12日 62 レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ作曲家1935年6月3日 1958年8月26日 63 フレデリック・ホプキンズ生理学者1935年6月3日 1947年5月16日 64 フィリップ・チェトウォード(英語版)(初代チェトウォード男爵陸軍軍人1936年1月1日 1950年7月6日 65 ハーバート・フィッシャー(歴史家政治家1937年2月1日 1940年4月18日 66 ロバート・ベイデン=パウエルボーイスカウト連盟総長1937年5月11日 1941年1月8日 67 アーサー・エディントン天体物理学者1938年6月9日 1944年11月22日 68 アルフレッド・チャットフィールド(海軍軍人1939年1月2日 1967年11月15日 69 ジェームズ・ジーンズ物理学者天文学者数学者1939年1月2日 1946年9月16日 70 / シリル・ニューオール(英語版)(初代ニューオール男爵空軍軍人1940年10月29日 1963年11月30日 71 / ギルバート・マレー(古典学者1941年1月1日 1957年5月20日 72 エドウィン・ラッチェンス建築家1942年1月1日 1944年1月1日 73 オーガスタス・ジョン画家1942年6月11日 1961年10月31日 74 エドガー・エイドリアン電気生理学者1942年6月11日 1977年8月4日 75 ウィリアム・ホールズワース(法学者1943年1月1日 1944年1月2日 76 ダドリー・パウンド海軍軍人1943年9月3日 1943年10月21日 77 シドニー・ウェッブ初代パスフィールド男爵政治家1944年6月8日 1947年10月13日 78 ヘンリー・ハレット・デール脳科学者1944年6月8日 1968年7月23日 79 ジャイルズ・ギルバート・スコット(建築家1944年6月8日 1960年2月8日 80 / アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド数学者哲学者1945年1月1日 1947年12月30日 81 ドワイト・D・アイゼンハワーアメリカの大統領陸軍軍人1945年6月12日 1969年3月28日 名誉メンバー 82 ウィンストン・チャーチル首相1946年1月1日 1965年1月24日 83 チャールズ・ポータル(英語版)(初代ハンガーフォードポータル子爵空軍軍人1946年1月1日 1971年4月22日 84 アラン・ブルック初代アランブルック子爵陸軍軍人1946年6月13日 1963年6月17日 85 アンドルー・カニンガム初代ハインドホープのカニンガム子爵海軍軍人1946年6月13日 1963年6月12日 86 エドワード・ウッド初代ハリファックス伯爵政治家1946年6月13日 1959年12月23日 87 ヤン・スマッツ南アフリカ連邦首相1947年1月1日 1950年9月11日 88 ジョン・ワイナント(在イギリスアメリカ合衆国大使1947年1月1日 1947年11月3日 名誉メンバー 89 ウィリアム・ライアン・マッケンジー・キングカナダ首相1947年11月17日 1950年7月22日 90 / T・S・エリオット作家1948年1月1日 1965年1月4日 91 ロバート・ロビンソン化学者1949年6月9日 1975年2月8日 92 バートランド・ラッセル第3ラッセル伯数学者哲学者1949年6月9日 1970年2月2日 93 アレクサンダー・カドガン(外務次官1951年1月1日 1968年7月9日 94 ヒュー・トレンチャード初代トレンチャード子爵空軍軍人1951年1月1日 1956年2月10日 95 ジョージ・エドワード・ムーア哲学者1951年6月7日 1958年10月24日 96 クレメント・アトリー初代アトリー伯首相1951年11月5日 1967年10月8日 97 / ワイルダー・ペンフィールド神経外科医1953年1月1日 1976年4月5日 98 ウォルター・デ・ラ・メア作家1953年6月1日 1956年6月22日 99 アルベルト・シュヴァイツァー神学者哲学者医師1955年2月25日 1965年9月4日 名誉メンバー 100 マルコム・ヘイリー(英語版)(初代ヘイリー男爵イギリス領インド帝国行政官1956年5月31日 1969年6月1日 101 ジョン・コッククロフト物理学者1957年1月1日 1967年9月18日 102 ジョン・アンダーソン英語版)(初代ウェヴァレイ子爵政治家1957年12月8日 1958年1月4日 103 フランク・マクファーレン・バーネットウイルス学者1958年6月12日 1985年8月31日 104 ハーバート・サミュエル政治家1958年11月21日 1963年2月2日 105 ハロルド・アレグザンダー初代チュニスアレクザンダー伯、陸軍軍人1960年4月23日 1969年6月16日 106 シリル・ヒンシェルウッド物理化学者1960年4月23日 1967年10月9日 107 グレアム・サザーランド(芸術家1960年4月23日 1980年2月17日 108 ジェフリー・デ・ハヴィランド英語版)(航空技術者1962年11月23日 1965年5月21日 109 / バジル・スペンス(建築家1962年11月23日 1976年11月19日 110 オーウェン・ディクソン(英語版)(オーストラリア裁判官1963年5月29日 1972年7月7日 111 サルヴパッリー・ラーダークリシュナンインドの大統領哲学者1963年6月12日 1975年4月17日 名誉メンバー 112 ジョージ・ピーボディ・グーチ歴史家1963年8月16日 1968年8月31日 113 ヘンリー・ムーア彫刻家1963年8月16日 1986年8月31日 114 ベンジャミン・ブリテン音楽家1965年3月23日 1976年12月4日 115 / ドロシー・ホジキン化学者1965年3月23日 1994年7月29日 116 ルイス・マウントバッテン初代バーママウントバッテン伯爵海軍軍人1965年7月15日 1979年8月27日 117 / ハワード・フローリーフローリー男爵生理学者1965年7月15日 1968年2月21日 118 パトリック・ブラケットブラケット男爵物理学者1967年11月20日 1974年7月13日 119 ウィリアム・ウォルトン作曲家1967年11月20日 1983年3月8日 120 ベン・ニコルソン画家1968年4月23日 1982年2月6日 121 / ソリー・ズッカーマン動物学者1968年4月23日 1993年4月1日 122 / フィリップ (エディンバラ公) 1968年6月10日 2021年4月9日 123 E・M・フォースター作家1969年1月1日 1970年6月7日 124 マルコム・マクドナルド(英語版)(政治家1969年7月14日 1981年1月11日 125 / ウイリアム・ペニー(物理学者1969年7月14日 1991年3月3日 126 G.I.テイラー数学者物理学者1969年7月14日 1975年6月27日 127 C.ヴェロニカ・ウェッジウッド(歴史家1969年7月14日 1997年3月9日 128 ジョン・ピーグルホール(歴史家1970年3月21日 1971年10月10日 129 レスター・B・ピアソンカナダ首相1971年5月20日 1972年12月27日 130 / アイザイア・バーリン哲学者1971年5月20日 1997年11月5日 131 ジョージ・ロバート・フリーマン・エドワーズ(航空技術者1971年5月20日 2003年3月2日 132 アラン・ロイド・ホジキン生理学者1973年4月17日 1998年12月20日 133 ポール・ディラック理論物理学者1973年4月17日 1984年10月20日 134 ハロルド・マクミラン初代ストックトン伯爵首相1976年4月2日 1986年12月29日 135 クリストファー・ヒントン(英語版)(バンクサイドのヒントン男爵核技術者) 1976年4月2日 1983年6月22日 136 ケネス・クラーク作家1976年4月2日 1983年5月21日 137 / ロナルド・セイム歴史家1976年4月2日 1989年9月4日 138 アレグザンダー・トッド(生化学者1977年10月24日 1997年1月10日 139 オリヴァー・フランクスフランクス男爵哲学者1977年10月24日 1992年10月15日 140 / フレデリック・アシュトンバレエダンサー1977年10月24日 1988年10月18日 141 J・B・プリーストリー作家1977年10月24日 1984年8月14日 142 ローレンス・オリヴィエ俳優1981年2月6日 1989年7月11日 143 / ピーター・メダワー生物学者1981年2月6日 1987年10月2日 144 レナード・チェシャー(英語版)(空軍軍人1981年2月6日 1992年7月31日 145 オーウェン・チャドウィック(歴史神学者) 1983年11月11日 2015年7月17日 146 アンドルー・フィールディング・ハクスリー生物学者1983年11月11日 2012年5月30日 147 シドニー・ノーラン画家1983年11月11日 1992年11月28日 148 マイケル・ティペット作曲家1983年11月11日 1998年1月8日 149 / アグネス・ゴンジャ・ボヤジュマザー・テレサ修道女1983年11月18日 1997年9月5日 名誉メンバー 150 グレアム・グリーン小説家1986年2月11日 1991年4月3日 151 フレデリック・サンガー生化学者1986年2月11日 2013年11月19日 152 フランク・ホイットル技術者1986年2月11日 1996年8月9日 153 / / ユーディ・メニューインメニューイン男爵音楽家1987年2月25日 1999年3月12日 154 / エルンスト・ゴンブリッチ美術史家1988年2月15日 2001年11月3日 155 / マックス・ペルーツ化学者1988年2月15日 2002年2月6日 156 シシリー・ソンダース内科医1989年11月30日 2005年7月14日 157 ジョージ・ポーター化学者1989年11月30日 2002年8月31日 158 マーガレット・サッチャーサッチャー女男爵首相1990年12月7日 2013年4月8日 159 ジョーン・サザーランドソプラノ歌手1991年11月27日 2010年10月10日 160 / フランシス・クリック生物学者1991年11月27日 2004年7月28日 161 ニネット・ド・ヴァロアバレエダンサー1992年11月17日 2001年3月8日 162 マイケル・アティヤ数学者1992年11月17日 2019年1月11日 163 ロイ・ジェンキンス(ヒルヘッドのジェンキンス男爵政治家1993年12月6日 2003年1月5日 164 ルシアン・フロイド画家1993年12月6日 2011年7月20日 165 ネルソン・マンデラ南アフリカ共和国大統領1995年3月21日 2013年12月5日 名誉メンバー 166 / アーロン・クルーグ化学者1995年10月23日 2018年11月20日 167 ジョン・ギールグッド俳優1996年12月9日 2000年5月21日 168 アルフレッド・デニング(法律家1997年11月25日 1999年3月5日 169 ノーマン・フォスター建築家1997年11月25日騎士団員 170 デニス・ルーク(技術者1997年11月25日 2008年9月2日 171 テッド・ヒューズ桂冠詩人1998年8月10日 1998年10月28日 172 バジル・ヒューム枢機卿1999年5月25日 1999年6月17日 173 ジェームズ・ブラック薬理学者2000年5月9日 2010年3月22日 174 アンソニー・カロ彫刻家2000年5月9日 2013年10月23日 175 ロジャー・ペンローズ物理学者2000年5月9日騎士団員 176 / トム・ストッパード劇作家2000年5月9日騎士団員 177 チャールズ (プリンス・オブ・ウェールズ) 2002年6月27日騎士団員 178 ロバート・メイオックスフォードメイ男爵生物学者2002年10月28日 2020年4月28日 179 ジェイコブ・ロスチャイルド第4ロスチャイルド男爵銀行家2002年10月28日騎士団員 180 デイヴィッド・アッテンボロードキュメンタリー作家2005年6月10日騎士団員 181 ベティー・ブースロイド(庶民院議長2005年6月10日騎士団員 182 マイケル・ハワード (歴史学者) 2005年6月10日 2019年11月30日 183 ロビン・イームズ(宗教家2007年6月13日騎士団員 184 ティム・バーナーズ=リー計算機科学者2007年6月13日騎士団員 185 マーティン・リース天文学者2007年6月13日騎士団員 186 ジャン・クレティエンカナダ首相2009年7月13日騎士団員 187 ニール・マクレガー美術史家2010年11月4日騎士団員 188 デイヴィッド・ホックニー画家2012年1月1日騎士団員 189 ジョン・ハワードオーストラリア首相2012年1月1日騎士団員 190 サイモン・ラトル (指揮者2014年1月1日騎士団員 191 マーチン・リッチフィールド・ウエスト (西洋古典学学者2014年1月1日 2015年7月13日 192 マグディ・ヤコブ (胸部外科医者) 2014年1月1日騎士団員 193 アラ・ダルジ (政治家2015年12月31日騎士団員 194 アン・ドーリング (技師2015年12月31日騎士団員 195 ジェームズ・ダイソン (デザイナー2015年12月31日騎士団員

※この「受章者」の解説は、「メリット勲章」の解説の一部です。
「受章者」を含む「メリット勲章」の記事については、「メリット勲章」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 08:11 UTC 版)

レーニン勲章」の記事における「受章者」の解説

レーニン勲章最初の受章は、1930年5月23日新聞紙の「コムソモリスカヤ・プラウダに対して授与された。また最初の10個の受章者は、5個が事業会社、3個がパイロット、そしてザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国中央執行委員会議長にもなるアーヴェリ・エヌキージェ(英語版)だった。1936年パイロットのヴァレリー・チカロフ最初に二度受章した人物になった1939年にはパイロットのウラジーミル・コキナキ(英語版)が最初に三度受章した人物となった最初に五度受章した人物は、1931年から1934年ソ連工業と農業復興貢献した外国人ドイツ人と5人のアメリカ人アメリカ人内の一人1932年5月17日授章したフランク・ブルーノ・ハニー)だった。 1991年12月21日までに、勲章合計431418個が授与された。

※この「受章者」の解説は、「レーニン勲章」の解説の一部です。
「受章者」を含む「レーニン勲章」の記事については、「レーニン勲章」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 02:10 UTC 版)

大勲位蘭花章」の記事における「受章者」の解説

少なくとも2回は授与されソ連の満洲侵攻後の1945年中止された。 裕仁 溥儀 ルーマニア国王ミハイ1世などの他の国王に下された可能性があるが,この主張証明または反証するのに十分な情報がない。

※この「受章者」の解説は、「大勲位蘭花章」の解説の一部です。
「受章者」を含む「大勲位蘭花章」の記事については、「大勲位蘭花章」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 02:12 UTC 版)

龍光大綬章」の記事における「受章者」の解説

33にわたって授与されソ連の満洲侵攻後の1945年中止された。主な受章者を記す。 マクシミリアーノ・エルナンデス・マルティネス 東條英機 愛新覚羅溥儀

※この「受章者」の解説は、「龍光大綬章」の解説の一部です。
「受章者」を含む「龍光大綬章」の記事については、「龍光大綬章」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/22 05:57 UTC 版)

メダル・オブ・ブレイヴリー (カナダ)」の記事における「受章者」の解説

ここでは著名な受章者列挙するCharles Stanley Winsor MB*, 1990年8月27日受章1999年5月10日にはメダルバーを受章Robert Binder MB, 2010年11月26日受章 Mary Margaret 'Diane' Brock MB, 1977年12月2日受章 Dennis Robinson MB CD, 1984年5月7日受章 Joseph Jacques Mario Charette MB, 1994年2月1日受章 Konrad Lionel Shourie MB, 2002年4月18日受章 Éric Fortier MB, 2002年4月18日受章 M. Mohamed Chelali MB, 2003年6月19日受章 Paul Landry MB, 2002年2月26日受章 John Boyarski MB, 1989年8月19日受章 Gerry Dawson MB, 1999年5月10日受章

※この「受章者」の解説は、「メダル・オブ・ブレイヴリー (カナダ)」の解説の一部です。
「受章者」を含む「メダル・オブ・ブレイヴリー (カナダ)」の記事については、「メダル・オブ・ブレイヴリー (カナダ)」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/02 20:02 UTC 版)

サントス・ドゥモン勲章」の記事における「受章者」の解説

小野田寛郎 - 2004年12月6日サントス・ドゥモン功労勲章受章元日陸軍少尉ルバング島30年送りその後牧場経営のためブラジル渡った人物ルバング島での軍歴や、ブラジル・マットグロッソ・ド・スル州で経営する牧場敷地ブラジル空軍無償貸与したことに対するもの。本来の受章日の受章ではなく受章小野田協力したカンポ・グランデ空軍基地行われ、同空軍基地司令官によって授与が行われた。

※この「受章者」の解説は、「サントス・ドゥモン勲章」の解説の一部です。
「受章者」を含む「サントス・ドゥモン勲章」の記事については、「サントス・ドゥモン勲章」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/09 22:20 UTC 版)

宇宙名誉勲章」の記事における「受章者」の解説

2006年時点で28人が受賞している。そのうち17人は死後の受賞である。14人はチャレンジャー号爆発事故及びコロンビア号空中分解事故犠牲者で、残り3人アポロ1号火災犠牲者である。*の印は死後の受章を示す写真前日授与者備考出典 Armstrong ニール・アームストロング 1978-10-011978年10月1日 ジミー・カーター アポロ11号最初の月着陸機長Borman フランク・ボーマン 1978-10-011978年10月1日 ジミー・カーター アポロ8号最初の月軌道周回機長Conrad ピート・コンラッド 1978-10-011978年10月1日 ジミー・カーター スカイラブ2号最初のスカイラブ機長ステーション危機的故障救出責任者Glenn ジョン・ハーシェル・グレン 1978-10-011978年10月1日 ジミー・カーター マーキュリー・アトラス6号最初に軌道周回したアメリカ人Grissom ガス・グリソム* 1978-10-011978年10月1日 ジミー・カーター アポロ1号ジェミニ3号最初の有人ジェミニ機長Shepard アラン・シェパード 1978-10-011978年10月1日 ジミー・カーター マーキュリー・レッドストーン3号最初に宇宙行ったアメリカ人Young ジョン・ヤング 1981-05-191981年5月19日 ロナルド・レーガン STS-1スペースシャトル初飛行機長Stafford トーマス・スタッフォード 1993-01-191993年1月19日 ジョージ・H・W・ブッシュ アポロ・ソユーズテスト計画アメリカ側機長Lovell ジム・ラヴェル 1995-07-261995年7月26日 ビル・クリントン アポロ13号失敗したミッション機長Lucid シャノン・ルシッド 1996-12-021996年12月2日 ビル・クリントン 女性最長の宇宙飛行時間スニータ・ウィリアムズ更新される。) Chaffee ロジャー・チャフィー* 1997-12-171997年12月7日 ビル・クリントン アポロ1号死去 White エドワード・ホワイト* 1997-12-171997年12月17日 ビル・クリントン アポロ1号ジェミニ4号アメリカ人初の宇宙遊泳Shepherd ウィリアム・シェパード 2003-01-152003年1月15日 ジョージ・W・ブッシュ 第1次長期滞在最初のISS機長Husband リック・ハズバンド* 2004-02-032004年2月3日 ジョージ・W・ブッシュ STS-107コロンビア号空中分解事故死去McCool ウィリアム・マッコール* 2004-02-032004年2月3日 ジョージ・W・ブッシュ STS-107コロンビア号空中分解事故死去Anderson マイケル・アンダーソン* 2004-02-032004年2月3日 ジョージ・W・ブッシュ STS-107コロンビア号空中分解事故死去Chawla カルパナ・チャウラ* 2004-02-032004年2月3日 ジョージ・W・ブッシュ STS-107コロンビア号空中分解事故死去Brown デイビッド・ブラウン* 2004-02-032004年2月3日 ジョージ・W・ブッシュ STS-107コロンビア号空中分解事故死去Clark ローレル・クラーク* 2004-02-032004年2月3日 ジョージ・W・ブッシュ STS-107コロンビア号空中分解事故死去Ramon イラン・ラモーン* 2004-02-032004年2月3日 ジョージ・W・ブッシュ STS-107コロンビア号空中分解事故死去Scobee ディック・スコビー* 2004-07-232004年7月23日 ジョージ・W・ブッシュ STS-51-Lチャレンジャー号爆発事故死去Smith マイケル・J・スミス* 2004-07-232004年7月23日 ジョージ・W・ブッシュ STS-51-Lチャレンジャー号爆発事故死去Resnik ジュディス・レズニック* 2004-07-232004年7月23日 ジョージ・W・ブッシュ STS-51-Lチャレンジャー号爆発事故死去McNair ロナルド・マクネイア* 2004-07-232004年7月23日 ジョージ・W・ブッシュ STS-51-Lチャレンジャー号爆発事故死去) Onizuka エリソン・オニヅカ* 2004-07-232004年7月23日 ジョージ・W・ブッシュ STS-51-Lチャレンジャー号爆発事故死去Jarvis グレゴリー・ジャービス* 2004-07-232004年7月23日 ジョージ・W・ブッシュ STS-51-Lチャレンジャー号爆発事故死去McAuliffe クリスタ・マコーリフ* 2004-07-232004年7月23日 ジョージ・W・ブッシュ STS-51-Lチャレンジャー号爆発事故死去Crippen ロバート・クリッペン 2006-04-262006年8月26日 ジョージ・W・ブッシュ STS-1スペースシャトル初飛行パイロット

※この「受章者」の解説は、「宇宙名誉勲章」の解説の一部です。
「受章者」を含む「宇宙名誉勲章」の記事については、「宇宙名誉勲章」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 23:13 UTC 版)

勲一等旭日大綬章」の記事における「受章者」の解説

受章者は合計で1220名(戦前810名、戦後410名)。叙勲対象者は男性されていた

※この「受章者」の解説は、「勲一等旭日大綬章」の解説の一部です。
「受章者」を含む「勲一等旭日大綬章」の記事については、「勲一等旭日大綬章」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/28 21:27 UTC 版)

警察功労章」の記事における「受章者」の解説

2004年アテネオリンピック柔道78キロ級出場し金メダルを獲得した警視庁阿武教子巡査部長当時)、同じくレスリング・フリースタイル55キロ級出場し銅メダル獲得した警視庁田南部力巡査部長当時)が漆間巌警察庁長官から授与され、ともに警部補一階特進した。 2011年9月東日本大震災殉職した福島県警察警察官5名(南相馬警察署2名、双葉警察署2名と行方不明者1名)に授与された。 2012年7月世界剣道選手権大会優勝した神奈川県警察高鍋進警部補片桐裕警察庁長官から授与された。

※この「受章者」の解説は、「警察功労章」の解説の一部です。
「受章者」を含む「警察功労章」の記事については、「警察功労章」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 22:24 UTC 版)

ウクライナ英雄」の記事における「受章者」の解説

詳細は「ウクライナ英雄の一覧(ウクライナ語版)」を参照 受章者には様々な功績認められウクライナ英雄称号贈られている。ウクライナ英雄最初の受章者は、1998年授与されボリス・パトンである。彼は電気溶接中心とした金属工学権威として知られ1962年から現在までウクライナ国立学士院ソ連時代ウクライナ社会主義共和国学士院)の院長務めている。その他の科関連では、プラトン・コスチュク(ウクライナ語版)が神経生理学での功績で、ヴァレリー・カザコフ(ウクライナ語版)が医学での功績受章している。 ウクライナ英雄称号は、時折アスリートやその他スポーツ関係人物にも贈られるボクシングヘビー級王者で、現キエフ市長のビタリ・クリチコは、セリエA2度得点王輝きヨーロッパ年間最優秀選手にも選ばれたアンドリー・シェフチェンコとともに2004年金星勲章受章した。プロサッカークラブのFCディナモ・キエフ監督務めていたヴァレリー・ロバノフスキーは、試合中倒れ2002年5月13日死去した彼の長年にわたるウクライナへの奉仕は、国内サッカー成熟させ、国家としての名声高めたとして、死去2日後ウクライナ英雄追贈されている。 また、オリンピックメダリストも受章者として選ばれることがあるシドニーアテネ競泳連覇達成したヤナ・クロチコワは、ウクライナに対する卓越した貢献と、オリンピック会場国家名声高める彼女の努力評価されウクライナ英雄受章した芸術文学活躍する人物にも、ウクライナ英雄贈られている。作曲家のオレクサンドル・ビラシュ(英語版)は、ウクライナ人々精神的な充実感与え長年にわたり実りある創造活動への個人的な貢献行ったとして、2001年ウクライナ英雄受章した。おそらくソ連で最も有名なウクライナ人歌手だったソフィーヤ・ロタールは、芸術分野における顕著な個人的功績認められ受章至った作家パヴロ・ザフレベルニィは、ウクライナのための自己犠牲や、長年執筆活動国家精神的宝庫充実多大な貢献行ったことが評価され2004年受章した政治関与する作家授与対象である。レオニード・クチマ不祥事追っていた「ウクラインスカ・プラウダ(英語版)」のゲオルギー・ゴンガゼ(英語版)は、2000年不審死遂げたが、2005年ウクライナ英雄追贈された。 2017年6月ベラルーシ人のミハイル・ジズネフスキー(ベラルーシ語版)にウクライナ英雄追贈されたが、これが外国人初の授与である。ジズネフスキーは、ユーロマイダン抗議運動犠牲となった最初の人物の一人英語版)である。彼は2014年1月22日射殺された。 また、ウクライナ正教会設立にあたりウクライナ国民精神性回復し正教会権威高め慈悲宗教間対話調和理想確立目的とする特筆すべき歴史的役割果たしたとして、ウクライナ国民教会精神的指導者であるキエフ総主教フィラレートも、2019年1月8日ウクライナ英雄受章したウクライナ統一の日(ロシア語版)である1月22日マリア宮殿にて執り行われ式典で、フィラレートペトロ・ポロシェンコよりウクライナ英雄国家勲章伝達された。 2022年初頭から2022年ロシアのウクライナ侵攻の影響により、死後の受賞者急増2022年3月27日時点ウクライナ語版)ですでに76人が受賞している。

※この「受章者」の解説は、「ウクライナ英雄」の解説の一部です。
「受章者」を含む「ウクライナ英雄」の記事については、「ウクライナ英雄」の概要を参照ください。


受章者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 05:29 UTC 版)

大統領自由勲章」の記事における「受章者」の解説

詳細は「Category:大統領自由勲章受章者」を参照 国家元首政治家関連 アラン・グリーンスパン(元FRB議長)、アルバロ・ウリベ(元コロンビア大統領)、マーガレット・サッチャー(元イギリス首相)、トニー・ブレア(元イギリス首相)、ジョージ・H・W・ブッシュ(元アメリカ大統領)、アンゲラ・メルケルドイツ首相)、ジョン・ハワード(元オーストラリア首相)、ドナルド・ラムズフェルド(元国防長官)、ヘンリー・キッシンジャーディック・チェイニー(元国務長官)、ジョージ・シュルツ(元国務長官)、ロバート・マクナマラ(元国防長官)、メアリー・ロビンソン(元アイルランド大統領)、ジョー・バイデン当時副大統領2020年より正大統領)など 経学者経営者関連 ピーター・ドラッカーウォーレン・バフェットビル・ゲイツスティーブ・ジョブズ 文化芸能・スポーツ関連 アンセル・アダムスドリス・デイチャールトン・ヘストンウォルト・ディズニージョン・ハーシェル・グレンフランク・シナトラブルース・スプリングスティーンボブ・ディランヨーヨー・マスタン・ミュージアルジェシー・オーエンストム・ハンクスアレサ・フランクリンモハメド・アリビリー・ジーン・キングマイケル・ジョーダンラッシュ・リンボーなど 平和・人福祉活動ヨハネ・パウロ2世マザー・テレサヘレン・ケラーフレッド・コレマツゴードン・ヒラバヤシミノル・ヤスイマーティン・ルーサー・キング・ジュニアグロリア・スタイネムジョン・ルイス英語版)など また、複数回受章可能でありジョン・ケネス・ガルブレイスコリン・パウエルはこの賞を複数回受章している。一部叙勲栄誉章付き(Presidential Medal of Freedom with Distinction)となっている。

※この「受章者」の解説は、「大統領自由勲章」の解説の一部です。
「受章者」を含む「大統領自由勲章」の記事については、「大統領自由勲章」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「受章者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「受章者」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



受章者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクロス・オブ・ヴァロー (オーストラリア) (改訂履歴)、桐花章 (改訂履歴)、教育功労章 (改訂履歴)、フィンランド白薔薇勲章 (改訂履歴)、オーストリア帝国芸術科学勲章 (改訂履歴)、中山勲章 (改訂履歴)、ナイル勲章 (改訂履歴)、ジョージ・クロス (改訂履歴)、ピアリー極地探検章 (改訂履歴)、京都スポーツの殿堂 (改訂履歴)、共和国勲章 (中華人民共和国) (改訂履歴)、ディフェンス・スーピアリアサービスメダル (改訂履歴)、警察協力章 (改訂履歴)、旭日大綬章 (改訂履歴)、メリット勲章 (改訂履歴)、レーニン勲章 (改訂履歴)、大勲位蘭花章 (改訂履歴)、龍光大綬章 (改訂履歴)、メダル・オブ・ブレイヴリー (カナダ) (改訂履歴)、サントス・ドゥモン勲章 (改訂履歴)、宇宙名誉勲章 (改訂履歴)、勲一等旭日大綬章 (改訂履歴)、警察功労章 (改訂履歴)、ウクライナ英雄 (改訂履歴)、大統領自由勲章 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS