アテネオリンピックとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > アテネオリンピックの意味・解説 

アテネオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/04 16:45 UTC 版)

アテネオリンピック



アテネオリンピック(1906年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/28 15:23 UTC 版)

マイヤー・プリンスタイン」の記事における「アテネオリンピック(1906年)」の解説

1906年中間年に実施されアテネ大会で彼は走幅跳当時世界記録保持者であったオコナー下し、再び金メダルを獲得した。この大会審判アメリカチーム監督一人で行っていた。これに対しオコナー抗議した却下されるオコナー競技間中抗議し続けていた。選手の記録競技終わるまで発表されなかった。発表されたとき、プリンスタインは勝利していた。

※この「アテネオリンピック(1906年)」の解説は、「マイヤー・プリンスタイン」の解説の一部です。
「アテネオリンピック(1906年)」を含む「マイヤー・プリンスタイン」の記事については、「マイヤー・プリンスタイン」の概要を参照ください。


アテネオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 05:56 UTC 版)

マリア・ムトラ」の記事における「アテネオリンピック」の解説

ムトラは、2004年アテネオリンピック800mでも、女性として初となる連覇狙っていた。しかし彼女は太ももけがしていたため、結果メダル獲得ならず4位という結果終わったゴール直前まで金メダルを獲得できる位置にいたが、金メダルを獲得したケリー・ホームズら3選手追い抜かれてしまった。

※この「アテネオリンピック」の解説は、「マリア・ムトラ」の解説の一部です。
「アテネオリンピック」を含む「マリア・ムトラ」の記事については、「マリア・ムトラ」の概要を参照ください。


アテネオリンピック (2004年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/22 05:19 UTC 版)

ゲーリー・ホール・ジュニア」の記事における「アテネオリンピック (2004年)」の解説

ホールは、2004年アテネオリンピックに3大会連続出場果たし、50m自由形ではシドニー大会に続く2連続金メダルを獲得400mリレーでは、決勝には出場しなかったものの、予選出場したことで銅メダル獲得した

※この「アテネオリンピック (2004年)」の解説は、「ゲーリー・ホール・ジュニア」の解説の一部です。
「アテネオリンピック (2004年)」を含む「ゲーリー・ホール・ジュニア」の記事については、「ゲーリー・ホール・ジュニア」の概要を参照ください。


アテネオリンピック(2004年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 07:02 UTC 版)

ボクシング日本代表選手一覧」の記事における「アテネオリンピック(2004年)」の解説

詳細は「2004年アテネオリンピックのボクシング競技を参照 2004年アテネオリンピックには1名のみ出場1回戦でエンダルカチュ・ケベデ(エチオピア)に敗退五十嵐俊幸ライトフライ級

※この「アテネオリンピック(2004年)」の解説は、「ボクシング日本代表選手一覧」の解説の一部です。
「アテネオリンピック(2004年)」を含む「ボクシング日本代表選手一覧」の記事については、「ボクシング日本代表選手一覧」の概要を参照ください。


アテネオリンピック (1896年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/01 08:24 UTC 版)

エドウィン・フラック」の記事における「アテネオリンピック (1896年)」の解説

フラックは、汽車船酔いになりながら船による6日間にわたる移動経てアテネ到着オリンピック初日、いきなり800m予選出場。2分10秒0で勝利を飾る。2日目1500m登場優勝候補アメリカアーサー・ブレイク(Arthur Blake)と対決するブレイク最後の直線激戦になりながらもフラック5m以上の差をつけ1位となり、オリンピック1500m初代チャンピオンの座に輝いた。さらに、大会4日目にはフラック800mを2分11秒0という記録出し2種目目優勝果たす。 その翌日には、フラック10マイル(16.1km)までしか走った経験がなかったにかかわらず3冠をかけてマラソン挑戦したレースはこの大会1500m3位入っているアルバン・レムゾー(Albin Lermusiaux)が序盤リードしフラック2位につけレースの終盤迎える。32kmでレムゾーは脱落し、ついにトップに立つ。しかし彼も残り4 kmとなったところで突然倒れてしまう。錯乱状態陥っており、助け行ったギリシャ人観衆まで殴ってしまい、ほかの選手によって追い出されてしまった。 フラックはこの大会でテニス競技シングルスダブルスにも出場している。シングルスでは1回戦ギリシャのアリスティディス・アクラトプロス(Aristidis Akratopoulos)に敗れたものの、ダブルスではイギリス友人ジョージ・ロバートソン(George S. Robertson)と「混合チーム」のペア組み1回戦楽に突破して準決勝進出準決勝対戦したギリシャペア敗れたものの、フラックロバートソン3位となった。しかし、1896年アテネオリンピックでは3位表彰はなかった。 フラック1898年オーストラリア帰国し、父の会計事務所戻った彼は再びオーストラリア代表として競技することはなかった。

※この「アテネオリンピック (1896年)」の解説は、「エドウィン・フラック」の解説の一部です。
「アテネオリンピック (1896年)」を含む「エドウィン・フラック」の記事については、「エドウィン・フラック」の概要を参照ください。


アテネオリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/03 13:45 UTC 版)

アレクセイ・ミチン」の記事における「アテネオリンピック」の解説

2004年のアテネオリンピックグレコローマン84kg級決勝スウェーデンアラ・アブラハミアン対戦すると、1-1ながら消極ポイントであるパッシブの数が相手より少なかったとして優勝飾ったしかしながら、この試合においてロシアレスリング連盟会長であるミハイル・マミアシビリルーマニアレフェリー何らかの合図送ったとして、国際レスリング連盟懲罰委員長だったスウェーデンのペレ・スベンソンに告発された。スベンソンがその違反行為マミアシビリ問い質すと、「それ以上言うと前には死が待ち構えているぞ」と脅迫したという。なお、後にそのレフェリー1500万円以上の賄賂受け取った買収明らかになったとされている

※この「アテネオリンピック」の解説は、「アレクセイ・ミチン」の解説の一部です。
「アテネオリンピック」を含む「アレクセイ・ミチン」の記事については、「アレクセイ・ミチン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アテネオリンピック」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アテネオリンピック」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アテネオリンピック」の関連用語

アテネオリンピックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アテネオリンピックのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアテネオリンピック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマイヤー・プリンスタイン (改訂履歴)、マリア・ムトラ (改訂履歴)、ゲーリー・ホール・ジュニア (改訂履歴)、ボクシング日本代表選手一覧 (改訂履歴)、エドウィン・フラック (改訂履歴)、アレクセイ・ミチン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS