インターハイとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > インターハイの意味・解説 

インターハイ

別表記:インハイ
英語:inter high school

インターハイとは「全国高等学校総合体育大会」(略称「高校総体」)の通称であり、高校生対象とする全国規模総合スポーツ選手大会のことである。俗にインハイ」と略される。「IH」と表記されることも多い。毎年8月ごろに開催される主催全国高等学校体育連盟

【インターハイの語源】インターハイは「インターハイスクール」を略した言い方といえる。これは大学生対象とするスポーツ競技大会呼び名である「インターカレッジ」(Intercollegiate Championship)に倣った呼称とされる。なおintercollegiate ~は英語圏用いられているれっきとした英語表現であるが、inter high schoolという言い方英語圏では用いられておらず、これは日本編み出された和製英語である。

【インターハイの用例】インターハイが開催される、インターハイ出場権獲得する、インターハイ本戦行き決め

関連語インターハイ出場校インターハイ予選

インター‐ハイ


全国高等学校総合体育大会

(インターハイ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/11 09:10 UTC 版)

全国高等学校総合体育大会(ぜんこくこうとうがっこうそうごうたいいくたいかい、英語: All Japan high school sports)、通称でインターハイ(Inter-High School Championships より)は高校生を対象とする毎年8月を中心に開催されるスポーツの総合競技大会である。略して「インハイ」、または「高校総体」と呼ばれることも多い。高等学校全日制課程昼間定時制課程中等教育学校後期課程、高等専門学校1〜3学年、特別支援学校高等部に在学する者が対象となる。


注釈

  1. ^ 現地の夜間に当たる、日本時間午前中に「ナイトセッション」の種目が過半数行われるために、総合テレビはリオ五輪を優先、高校野球はEテレに迂回。
  2. ^ NHKで中継される競技については当該時間帯の配信を中断する。

出典

  1. ^ 2012年9月21日付読売新聞朝刊1面より。
  2. ^ インターハイ中止決定 史上初 新型コロナ感染拡大で 21府県で分散開催予定” (日本語). mainichi.jp. 毎日新聞. 2020年4月26日閲覧。
  3. ^ ※全国高等学校総合体育大会開催基準要項により、駅伝競走については京都府、ラグビーフットボールについては大阪府にて固定開催とされている。
  4. ^ 美ら島沖縄総体公式サイト・生徒の活動
  5. ^ 2008年2月2日読売新聞東京朝刊埼玉南地域版31頁より、一部改題。


「全国高等学校総合体育大会」の続きの解説一覧

インターハイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 12:50 UTC 版)

塩浦慎理」の記事における「インターハイ」の解説

湘南工科大学附属高等学校代表。 回数日期場所種目予選(RK)決勝結果備考全種目別結果第75回 2007年8/17-8/20 佐賀県佐賀県総合運動場水泳場 50m自由形 2420(3) 2393 4位 100m自由形 5321(16) 4×100mリレー 3分3305 3分30秒42予選第三泳者決勝第二泳者 4×100mメドレーリレー 3分4840第四泳者決勝泳いだだけ 第76回 2008年8/17-8/20 埼玉県川口市青木町公園プール 100m自由形 5199(3) 51204×100mリレー 3分30秒65(2) 3分2649大会記録(当時) 金 予選第四泳者決勝第一泳者 4×100mメドレーリレー 3分5313(6) 3分4642大会記録(当時) 金 第三泳者 第77回 2009年8/17-8/20 大阪府門真スポーツセンター 50m自由形 2335(1) 2307100m自由形 5138(7) 50314×100mリレー 3分2636大会記録(当時) 3分2412大会記録(当時) 金 予選第四泳者決勝第一泳者200mリレー 7分2302高校記録(当時) 金 第一泳者決勝泳いだだけ 4×100mメドレーリレー 3分4994 3分4463 5予選第三泳者決勝第二泳者

※この「インターハイ」の解説は、「塩浦慎理」の解説の一部です。
「インターハイ」を含む「塩浦慎理」の記事については、「塩浦慎理」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「インターハイ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「インターハイ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インターハイ」の関連用語

インターハイのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インターハイのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの全国高等学校総合体育大会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの塩浦慎理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS