銀行家とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 銀行家の意味・解説 

ぎんこう‐か〔ギンカウ‐〕【銀行家】

読み方:ぎんこうか

銀行業を営む者。銀行経営者


銀行

(銀行家 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/29 06:43 UTC 版)

銀行(ぎんこう、: bank)は、金融機関の一種。預金の受入れ、資金の貸出し(融資)為替取引などを行う。また、銀行券の発行を行うこともある。実際に行える業務内容・「銀行」の範囲は国により異なる。広義には中央銀行特殊銀行などの政策金融機関預貯金取扱金融機関などを含む。


注釈

  1. ^ なお、日本国内では資金決済法が施行され、登録制の資金移動業が電子マネーなどを媒体に決済事業を展開している。
  2. ^ 実際のところ、バーゼル規制は銀行の機関化に作用した。
  3. ^ またそれゆえに、政府当局としても、預金通貨の安定を経済政策の根幹においている。
  4. ^ しかし、より直接に経営責任を問う制度は十分に整備されていない。
  5. ^ 1907年恐慌でジョン・モルガンの放った台詞が参考になる。歴史理解は投資の成功に欠かせない[5]
  6. ^ かつてグラス・スティーガル法は、銀行業務と証券業務の間で分離を維持する中国のような米国圏外の金融システムに影響した[7][8](金融商品取引法65条のモデルにもなった[9])。2008年からの金融危機の余波において、中国での投資銀行と商業銀行の分離を維持することに対する支持は、依然として根強い[10]
  7. ^ ヨーロッパ諸国などでは銀行による証券業務が許容されている(ユニバーサル・バンキング)。たとえばドイツの場合、実質的には証券会社がない。この点、ドイツ銀行が世界級のマーチャント・バンクとして機能している。
  8. ^ 当時の大蔵省による見解。
  9. ^ 「精神規定」は間もなく撤廃された。しかし当時このような人道債を消化できるのは機関投資家だけであった。その後の財務処理は合衆国を機関化させていった。
  10. ^ ユダヤでは同宗以外への利付貸付は容認されていた

出典

  1. ^ a b c 酒井良清 鹿野嘉昭 『金融システム』 有斐閣 2011年 銀行の機能
  2. ^ 金融庁 II -3-7-5 風評に関する危機管理体制 中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針 平成26年4月
  3. ^ 金融庁 III -8-5 風評に関する危機管理体制 主要行等向けの総合的な監督指針 平成26年4月
  4. ^ 「ベアー買収の動揺、欧州に波及 破綻の危機にある金融機関はいくつあるのか」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年3月27日付配信
  5. ^ CFA Institute Magazine, "Should Financial History Matter to Investors?", Sept/Oct 2015, p. 17.
    CFA(Chartered Financial Analyst)資格者の主要な就職先は、UBSJPモルガンシティグループモルガンスタンレーブラックロックである。ECF, "The biggest employers of CFA charterholders globally", 10 November 2014
  6. ^ “China to stick with US bonds”, The Financial Times (paragraph 9), https://www.ft.com/content/ba857be6-f88f-11dd-aae8-000077b07658 2009年2月11日閲覧。 
  7. ^ (PDF) Developing Institutional Investors in the People's Republic of China, paragraph 24, http://www.worldbank.org.cn/english/content/insinvnote.pdf 
  8. ^ Langlois, John D. (2001), “The WTO and China's Financial System”, China Quarterly 167: 610–629, doi:10.1017/S0009443901000341 
  9. ^ a b c d 黒田巌編 『わが国の金融制度』 日本銀行金融研究所 1997年 P 19
  10. ^ “China to stick with US bonds”, The Financial Times (paragraph 9), https://www.ft.com/content/ba857be6-f88f-11dd-aae8-000077b07658 2009年2月11日閲覧。 
  11. ^ 黒田昌裕、玉置紀夫 『実学日本の銀行』 慶應義塾大学出版会 1996年 83頁
  12. ^ 国立国会図書館調査および立法考査局 【フランス】 銀行業務の分離による銀行制度改革 2013年11月
  13. ^ キャノングローバル戦略研究所 現在の経済危機について(8):最近の世界経済上の4事件とその影響 2012/8/13
  14. ^ 毎日新聞電子版 「公取委ドイツ銀行など独禁法違反認定 国際機関債売買で」 2018年3月29日
  15. ^ John G. Roberts, Mitsui: Three Centuries of Japanese Buisiness, Weatherhill, New York/Tokyo, 1973. pp.394-426. 安藤良雄 三井禮子監訳 ダイヤモンド社 1976年 pp.303-330.
  16. ^ 草野厚 『山一證券破綻と危機管理』 朝日新聞社 1998年7月 30頁
  17. ^ ニューヨーク・タイムズ 1975年12月13日
  18. ^ 黒田昌裕、玉置紀夫 『実学日本の銀行』 慶應義塾大学出版会 1996年 107頁
  19. ^ 大蔵省/金融システム改革法案について
  20. ^ 立脇和夫、「BANKの訳語と国立銀行条例について」『経済学部研究年報』 1985年 1巻 p.1-20, hdl:10069/26110, 長崎大学経済学部
  21. ^ 山口佳紀 編 『暮らしのことば新語源辞典』講談社、2008年、293頁。 
  22. ^ 日本銀行ホームページ/教えて!にちぎん銀行はなぜ「銀行」というのですか?
  23. ^ 今も経営されているen:Nacional Monte de Piedad は、メキシコシティ包囲戦レオナルド・マルケスに金を押収されている。
  24. ^ 「中世イタリアのユダヤ人金融」大黒俊二(大阪市立大学大学院文学研究科 2004.3.9)[1]モロッコのダーウード図書館との協定を締結、共同事業を立ち上げる 東京外国語大学:「史資料ハブ地域文化研究拠点」
  25. ^ 大黒俊二 「欲嘘と貪欲 : 西欧中世の商業・商人観」 博士論文 14401乙第08902号, 2004年、大阪大学、 NAID 500000272119、P.105以降に詳しい。
  26. ^ 山本利久「マーチャント・バンク (PDF) 」 『新潟産業大学経済学部紀要』第29号、新潟産業大学東アジア経済文化研究所、2005年6月、 89-110頁、 ISSN 13411551NAID 40007090299
  27. ^ 北野友士「銀行業の発展と銀行自己資本の意義 : イギリスを事例として」『経営研究』第58巻第3号、大阪市立大学経営学会、2007年11月、 55-73頁、 ISSN 0451-5986NAID 110006535007
  28. ^ 官報 1890, p. 312.
  29. ^ 朝日新聞 大手機関投資家が16金融機関を提訴、外為指標の不正操作巡り 2018年11月8日
  30. ^ Reuters, Big investors sue 16 banks in U.S. over currency market rigging, November 8, 2018
  31. ^ European Union Anti-Corruption, EU banks guilty of huge tax fraud, October 22, 2018
  32. ^ Fair Finance Guide International | Fair Finance Guide International
  33. ^ Home | Fair Finance Guide Japan



銀行家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 12:27 UTC 版)

ヴィクトル・ユシチェンコ」の記事における「銀行家」の解説

1976年から銀行員となったソ連時代著名な財務官ヴァディーム・ヘーチマンにその手腕を認められウクライナ独立後1993年から1999年までウクライナ国立銀行理事長務めた任期中通貨発行抑制努め国際通貨基金 (IMF) などから高い評価を受けるが、その一方貨幣不足による給料年金遅配欠配生じ政界から不興買った

※この「銀行家」の解説は、「ヴィクトル・ユシチェンコ」の解説の一部です。
「銀行家」を含む「ヴィクトル・ユシチェンコ」の記事については、「ヴィクトル・ユシチェンコ」の概要を参照ください。


銀行家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 18:31 UTC 版)

ジェイコブ・シフ」の記事における「銀行家」の解説

1865年渡米するニューヨーク着いた時はほとんど無一文だった。はじめ銀行出納係に就く。28歳の時、クーン・ローブ商会に就職。 1885年ソロモン・ローブの娘・テレサ結婚した当時西半球で最も影響力のある2つ国際銀行1つ」と謳われたクーン・ローブ頭取に就任する鉄道建設投資しニューヨークペンシルベニア駅ハドソン川地下横断トンネルなどを建設電信会社ゴム産業食品加工分野にも進出した

※この「銀行家」の解説は、「ジェイコブ・シフ」の解説の一部です。
「銀行家」を含む「ジェイコブ・シフ」の記事については、「ジェイコブ・シフ」の概要を参照ください。


銀行家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/05 23:20 UTC 版)

トーマス・ウィリング」の記事における「銀行家」の解説

独立戦争後1782年から1791年まで北アメリカ銀行英語版初代頭取1791年から1807年まで第一合衆国銀行初代頭取務めた 1807年8月に軽い脳卒中患い1807年11月健康上の理由で頭取辞任した:189

※この「銀行家」の解説は、「トーマス・ウィリング」の解説の一部です。
「銀行家」を含む「トーマス・ウィリング」の記事については、「トーマス・ウィリング」の概要を参照ください。


銀行家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 08:53 UTC 版)

ロバート・ゴードン・ワッソン」の記事における「銀行家」の解説

ワッソン銀行家として経歴は、1928年のギャラントゥリー・トラスト・カンパニーからはじまり、1934年にJ.P.モルガン・アンド・カンパニーに移籍し1943年副頭取となった。また同年、ホール・カービン事件英語版)についての著作出版し戦中不当利益行為一例されていたこの事件について罪悪感から、ジョン・ピアポント・モルガン潔白晴らすことを試みた早くも1937年ワッソンは、この事件におけるモルガン役割について歴史家のアラン・ネヴィンズ(英語版)とチャールズ・マクリーン・アンドリュース(英語版)に影響与えようとし、さらにはネヴィンズ報告書用いた自らの著書出典として用いたのである研究者のジャン・アーヴィンは、J.P.モルガン・アンド・カンパニーの広報担当としてのワッソン仕事と、J・P・モルガンに関する書籍著者であることとの間で、利益相反があると指摘した。しかしホール・カービン事件に対するモルガン責任問題は議論のままである

※この「銀行家」の解説は、「ロバート・ゴードン・ワッソン」の解説の一部です。
「銀行家」を含む「ロバート・ゴードン・ワッソン」の記事については、「ロバート・ゴードン・ワッソン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「銀行家」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「銀行家」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



銀行家と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

銀行家のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



銀行家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴィクトル・ユシチェンコ (改訂履歴)、ジェイコブ・シフ (改訂履歴)、トーマス・ウィリング (改訂履歴)、ロバート・ゴードン・ワッソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS