みずほ信託銀行とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > みずほ信託銀行の意味・解説 

みずほ信託銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/10 22:58 UTC 版)

みずほ信託銀行株式会社(みずほしんたくぎんこう、英語: Mizuho Trust & Banking Co., Ltd.)は、みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)傘下の子会社で信託銀行である。




注釈

  1. ^ 同年6月に会長に就任。安田信託から退任後、孫正義から乞われてソフトバンクに入り、財務と経営補佐を担当。ソフトバンクホークス社長も歴任した[6]

出典

  1. ^ 『検証バブル―犯意なき過ち』p.177
  2. ^ a b c d e 「記者の見た20年(2) 97 - 98年、安田信託救済 迫る危機、芙蓉動く」『日経金融新聞』 2008年1月17日
  3. ^ 『富士銀行史 1981-2000』p.408
  4. ^ 『検証バブル―犯意なき過ち』p.176
  5. ^ a b 『富士銀行史 1981-2000』p.408 - 409
  6. ^ “スペシャルリポート 笠井和彦さんを悼む ゲームセットはあまりに突然に”. 日本経済新聞. (2013年10月24日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2302O_T21C13A0000000/ 2016年12月18日閲覧。 
  7. ^ 『富士銀行史 1981-2000』p.363
  8. ^ 『富士銀行史 1981-2000』p.364
  9. ^ 「公的資金、15行が正式申請」『朝日新聞』1999年3月5日
  10. ^ 『富士銀行史 1981-2000』p.486
  11. ^ “新しい持ち株会社が上場 みずほ、2信託も合併”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2003年3月12日). http://www.47news.jp/CN/200303/CN2003031201000010.html 2013年9月27日閲覧。 
  12. ^ みずほフィナンシャルグループによるみずほ信託銀行の株式交換による完全子会社化に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社みずほフィナンシャルグループ (2011年4月28日). 2013年9月27日閲覧。
  13. ^ 実質ワンバンク体制への移行について 別紙「実質ワンバンク時点の組織体制の概要」 (PDF)” (2012年1月20日). 2012年12月2日閲覧。
  14. ^ “新みずほ銀が信託との統合検討 佐藤頭取が表明”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2013年7月1日). http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013070101002114.html 2013年9月27日閲覧。 
  15. ^ “みずほFG、資産運用事業を統合へ 信託の運用部門・みずほ投信など”. 日本経済新聞. (2015年3月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL27HRA_X20C15A3000000/ 2015年3月27日閲覧。 
  16. ^ 浦中大我 (2015年3月27日). “みずほ、新光投信など運用会社の統合を正式発表”. ロイター. http://jp.reuters.com/article/jp_financial/idJPKBN0MN0KD20150327 2015年3月27日閲覧。 
  17. ^ “アジア最大の運用会社に みずほ・第一生命が系列統合発表”. 日本経済新聞. (2015年9月30日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC30H0K_Q5A930C1EE8000/ 2015年1月1日閲覧。 
  18. ^ “資産運用会社の統合に関する基本合意について” (プレスリリース), 株式会社みずほフィナンシャルグループ 第一生命保険株式会社 DIAMアセットマネジメント株式会社 みずほ信託銀行株式会社 みずほ投信投資顧問株式会社 新光投信株式会社, (2015年9月30日), http://www.mizuho-fg.co.jp/release/20150930_3release_jp.html 2015年1月1日閲覧。 
  19. ^ “資産運用会社の統合に関する統合契約書の締結について” (プレスリリース), 株式会社みずほフィナンシャルグループ 第一生命保険株式会社 DIAMアセットマネジメント株式会社 みずほ信託銀行株式会社 みずほ投信投資顧問株式会社 新光投信株式会社, (2016年7月13日), http://www.mizuho-fg.co.jp/release/20160713release_jp.html 2016年10月2日閲覧。 
  20. ^ “信託4行 独自路線上々”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2006年12月4日). オリジナルの2006年12月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061214015634/http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20061204mh20.htm 
  21. ^ 大規模小売店舗の地域貢献ガイドライン実施状況報告書 Archived 2014年3月22日, at the Wayback Machine. - 群馬県公式サイト2014年3月21日閲覧
  22. ^ 資産の取得完了に関するお知らせ - イオンリート投資法人公式サイト、2014年3月21日閲覧。
  23. ^ 大規模小売店舗立地法届出一覧表(平成25年度)>イオンモール直方 - 福岡県公式サイト、2014年3月21日閲覧
  24. ^ “みずほFG、関西でも金融サービスの複合店舗を拡大へ”. 産経ニュース. (2015年5月18日). http://www.sankei.com/west/news/150528/wst1505280012-n1.html 2016年6月13日閲覧。 
  25. ^ みずほFG傘下行合併の影響で週末にATM休止、システム統合に向け取り組み加速”. ITpro. 日経BP社 (2013年6月28日). 2013年9月27日閲覧。
  26. ^ “ニュースの深層 統合と刷新を一挙、みずほ銀が挑む最難プロジェクト みずほ銀行「次期勘定系システム」の全貌(上)”. 日本経済新聞. (2015年12月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXMZO94328910U5A121C1000000/ 2016年4月30日閲覧。 
  27. ^ “みずほ銀、システム統合再延期 動作テスト延長 運用18年以降”. 日本経済新聞. (2016年11月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO09463300R11C16A1EE8000/ 2016年11月12日閲覧。 
  28. ^ “みずほFGのシステム統合を再延期 数カ月遅れる見込み”. 朝日新聞. (2016年11月12日). http://www.asahi.com/articles/ASJCD340KJCDULFA001.html 2016年11月12日閲覧。 
  29. ^ 『検証バブル―犯意なき過ち』p.184
  30. ^ “客殺到、店内に押し込んだ 20年前、恐慌寸前だった日”. 朝日新聞デジタル. (2017年11月26日). http://www.asahi.com/articles/ASKCH5TZTKCHULFA02V.html 2017年11月26日閲覧。 
  31. ^ 『朝日新聞』2007年10月20日[要ページ番号]


「みずほ信託銀行」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「みずほ信託銀行」に関係したコラム

  • 日本国内のFX業者の信託保全先の一覧

    日本国内のFX業者は、顧客の資金を保全する「信託保全」が義務付けられています。信託保全先は、主に銀行などの金融機関になります。FX業者は、信託保全先へ顧客からの証拠金などを信託します。FX業者が破綻し...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「みずほ信託銀行」の関連用語

みずほ信託銀行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



みずほ信託銀行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのみずほ信託銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS