日産コンツェルンとは?

日産コンツェルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/01 23:25 UTC 版)

日産コンツェルン(にっさんコンツェルン)は、日本財閥十五大財閥の1つである。鮎川財閥とも呼ばれる。日立鉱山(久原鉱業日本鉱業ジャパンエナジー新日鉱ホールディングス、JXホールディングスを経て現在のJXTGホールディングス)を源流として、機械・銅線部門を独立させての日立製作所などを加え、持ち株会社・日本産業のもとにコンツェルン化した戦前の財閥。新興財閥を代表する勢力として、製造業に関しては三菱三井などの先行財閥をも凌駕する規模を築き上げた。反面、金融商事部門は弱かったため、戦後は、解体されたまま資本的な再結集は行われず、源流企業の日本鉱業も日産の名を継がなかった。自動車部門であった日産自動車が日産の名を残す後継企業としては突出して大きいため、現在は同社のグループのみを指して日産グループと呼ぶことが多い。現在は福利厚生施設の共有、情報交換等を中心にした春光懇話会(131社加盟)という形で存続し、日本鉱業→ジャパンエナジー→JXTGホールディングスの代表者が歴代会長をつとめている。






「日産コンツェルン」の続きの解説一覧



日産コンツェルンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日産コンツェルン」の関連用語

日産コンツェルンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日産コンツェルンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日産コンツェルン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS