大阪国際女子マラソンとは?

大阪国際女子マラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/11 17:59 UTC 版)

大阪国際女子マラソン(おおさかこくさいじょしマラソン、英語: OSAKA Women's Marathon)は、新春の大阪・なにわ路を舞台に繰り広げる国際マラソンである。1982年から開催。本項目では、同日に開催される「大阪ハーフマラソン(おおさかハーフマラソン)」についても記述する。




  1. ^ a b c d e f 大阪国際女子マラソン20年誌編纂委員会/編集 『大阪国際女子マラソン20年誌』 日本陸上競技連盟、2001年、81頁。 
  2. ^ 大会直前の1月17日に兵庫県南部地震が発生したため、災害復旧の目的を最優先しなければならない事情により、実行するための各方面からの協力を得られる目途が立たなくなったことによる。大会中止の告知は、当時メインスポンサーだったダイエーの各店頭にも貼り出された。出場予定だった代表選手候補は3月の名古屋国際女子マラソンに振り替えで出場した。
  3. ^ 2017年名古屋ウィメンズマラソンで更新する。
  4. ^ Microsoft Word - 2012大会要項(B.doc - outline.pdf
  5. ^ JAAF主催大会放送予定を公開しています | 公益財団法人日本陸上競技連盟
  6. ^ 指定された記録を上回るゴールタイムで完走した優勝者の松田と、3位の安藤友香(スズキ浜松AC)が出場権を獲得。
  7. ^ 指定されたタイム(2時間28分00秒)を上回った4位の中野円花(ノーリツ)(記録:2時間27分39秒)が出場権を獲得。
  1. ^ 第1回〜第27回までの社名はシチズン時計。
  2. ^ 2007年世界陸上大阪大会でも変更前のコースで男子マラソンも行われた
  3. ^ 1991年から2010年のコース(Google Map), http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&gl=jp&ie=UTF8&view=map&msa=0&msid=100181663012752449918.00045e52172b3532d2883&ll=34.613829,135.519522&spn=0.003814,0.005804&z=16 
  4. ^ 今回の代表は共にセカンドウィンドAC所属の加納由理嶋原清子の2人が選出。
  5. ^ しかし渋井は世界陸上ベルリン大会本番前、右足甲骨の疲労骨折により欠場を表明。
  6. ^ 青森テレビとは対照的にネット局名が書かれたロールにもなぜかクレジットされていた。
  7. ^ 日東電工などのスポンサーCMは一切なく、BSフジではCM入り・CM明けの時に黒画面によるフェードイン・アウトが行われていた。
  8. ^ シンボルマーク部分はオレンジ色でマーク下の「Daiei」ロゴ、キャッチコピー及びダイエーグループ部分は黒色だった。
  9. ^ 国分は2009年4月から2014年12月末まで『すぽると!』土曜版のメインキャスターを担当していた。
  10. ^ 加藤は2016年4月から2018年3月末まで『スポーツLIFE HERO'S』日曜版のメインキャスターを担当していた。
  11. ^ 2009年からは、名古屋国際女子マラソン中継の同時ネット中継も打ち切っている。
  12. ^ 大阪国際女子マラソンとの違いは、「大阪陸上競技協会が主催」「日本陸連が後援」であること。
  1. ^ 大阪国際女子マラソン20年誌編纂委員会/編集 『大阪国際女子マラソン20年誌』 日本陸上競技連盟、2001年、21頁。 
  2. ^ 大阪陸上競技協会 『大阪陸上競技協会・七十年史』、1992年、98頁。 
  3. ^ 関西テレビ放送(編) 『関西テレビ放送50年史』、2009年、69頁。 
  4. ^ 『日本陸上競技選手権 100回記念 MEMORIAL BOOK』 日本陸上競技連盟、2016年、110頁。 
  5. ^ マラソン代表の選考方法、MGCレースとは?これまでとの違い
  6. ^ 8位までの入賞者で最も速かった選手に、賞金50万円を贈呈。導入時点(第38回大会)でのコースにおける30 - 35km区間内での最速記録(第37回大会で松田瑞生が記録した16分19秒)を上回った場合の賞金(50万円)も別立てで用意しているため、両方の条件を満たした選手は、総額で100万円の賞金を獲得できる。
  7. ^ a b 大阪陸上競技協会 『大阪陸上競技協会・七十年史』、1992年、496頁。 
  8. ^ “奥村組は「大阪国際女子マラソン」に協賛します” (プレスリリース), 奥村組, (2017年7月12日), http://www.okumuragumi.co.jp/news/2017/index6.html 2017年8月23日閲覧。 
  9. ^ a b c d “【ドーピング】ガメラ、4年間出場停止 大阪国際女子マラソンで3連覇など抹消へ”. 産経新聞. (2015年11月25日). http://www.sankei.com/sports/news/151125/spo1511250032-n1.html 2015年11月26日閲覧。 
  10. ^ 大阪国際女子マラソン、前田親子がギネス記録超え”. J-CASTニュース (2014年1月27日). 2014年3月13日閲覧。
  11. ^ 共同通信社 (2012年1月25日). “女子マラソン野口が大阪国際欠場 3月名古屋でロンドン挑戦”. 47NEWS. 全国新聞ネット. 2012年2月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月11日閲覧。
  12. ^ 共同通信社 (2012年1月29日). “重友がマラソン初優勝、大阪国際 初の五輪代表確実に”. 47NEWS. 全国新聞ネット. 2012年2月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月11日閲覧。
  13. ^ 共同通信社 (2011年12月16日). “マラソンの嶋原、大阪国際で引退 出産準備などを理由に”. 47NEWS. 全国新聞ネット. 2014年8月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月11日閲覧。
  14. ^ “大阪国際3連覇ガメラ ドーピング違反で4年間の出場停止”. スポニチアネックス. (2015年11月26日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/11/26/kiji/K20151126011577000.html 2016年2月25日閲覧。 
  15. ^ a b c d “ドーピング違反のガメラ、大阪国際3連覇の成績削除 下位選手の順位を繰り上げ”. 産経WEST. (2015年12月22日). http://www.sankei.com/west/news/151222/wst1512220067-n1.html 2015年12月23日閲覧。 
  16. ^ 「関西テレビ☆京都チャンネル」放送終了の件について
  17. ^ THE ALFEE、ギネス世界記録に認定 坂崎「長生きするもんだね」,スポーツニッポン,2018年12月25日
  18. ^ a b 大阪国際女子マラソン20年誌編纂委員会/編集 『大阪国際女子マラソン20年誌』 日本陸上競技連盟、2001年、79頁。 
  19. ^ 阪神に重友の粘り腰があれば…,サンケイスポーツ,2017年1月30日
  20. ^ ALFEE、今年が最後…30年以上続いた大阪国際女子マラソン」テーマ曲,デイリースポーツ,2018年1月19日
  21. ^ a b 32年31曲 大阪国際女子マラソン“ラストラン”アルフィーに労いの声,スポーツニッポン,2018年1月28日
  22. ^ カンテレ社長、大会ソング“卒業”ALFEEに感謝,日刊スポーツ,2018年1月19日





固有名詞の分類

フジテレビの特別番組 話題のシーンを再現 ミラクル実験SHOW  フジサンケイレディスクラシック  大阪国際女子マラソン  東京マスメディア会議  明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー
ラジオ大阪のラジオ番組 激闘!アイドル予備校  スクウェア・エニックスPresents 週刊ラジマガ編集部  大阪国際女子マラソン  朴ロ美・宮野真守のJOY SOUNDファイト!  Broccoli GAMERS Radio
日本のマラソン大会 東京シティロードレース  小牧シティマラソン大会  大阪国際女子マラソン  神戸全日本女子ハーフマラソン  兵庫神鍋高原マラソン全国大会
ニッポン放送の特別番組 ニッポン放送社屋移転特別番組 有楽町からお台場へ 1242人夢のマイクリレー  鶴光・美和子噂のゴールデンリクエスト  大阪国際女子マラソン  アッコ・徳光のラジオ紅白歌合戦  石井一久のオールナイトニッポン
関西テレビの特別番組 上方漫才大賞  今田耕司プレゼンツ 鶴瓶vs未知数芸人 俺の相方誰やねん!?スペシャル  大阪国際女子マラソン  神戸全日本女子ハーフマラソン  MAGMA30

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大阪国際女子マラソン」の関連用語

大阪国際女子マラソンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大阪国際女子マラソンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大阪国際女子マラソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS