T・S・エリオットとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 詩人 > 詩人 > T・S・エリオットの意味・解説 

T・S・エリオット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/26 13:07 UTC 版)

T・S・エリオット(トーマス・スターンズ・エリオット : Thomas Stearns Eliot1888年9月26日 - 1965年1月4日)は、イギリス詩人・文芸批評家




  1. ^ a b Kiernan, Robert F., "ELIOT, T(homas) S(tearns)." Encyclopedia of World Literature in the 20th Century, edited by Steven R. Serafin, Gale, 3rd edition, 1999.
  2. ^ a b c d e Brooker, Jewel Spears. "T.S. Eliot 1888-1965." Encyclopedia of American Poetry: The Twentieth Century, edited by Eric L. Haralson, Routledge, 1st edition, 2001.
  3. ^ a b c d Gray, Piers T.S. Eliot's Intellectual and Poetic Development, 1909-1922, Atlantic Highlands, New Jersey: Humanities Press, 1982.
  4. ^ a b c d e f Brooker, Jewel Spears. "Eliot, T. S." Encyclopedia of American Literature, Inc. Manly, Facts On File, 3rd edition, 2013.
  5. ^ Bush, Ronald, 'The Presence of the Past: Ethnographic Thinking/ Literary Politics'. In Prehistories of the Future, ed. Elzar Barkan and Ronald Bush, Stanford University Press. (1995).
  6. ^ Narita, Tatsushi. T. S. Eliot, The World Fair of St. Louis and 'Autonomy. Published for NCCF-Japan. Nagoya: Kougaku Shuppan, 2013.
  7. ^ Narita, Tatsushi. T. S. Eliot and his Youth as 'A Literary Columbus' . Nagoya: Kougaku Shuppan, 2011.
  8. ^ a b Brooker, Jewel Spears, Mastery and Escape: T.S. Eliot and the Dialectic of Modernism, Amherst: University of Massachusetts Press, 1994
  9. ^ a b c Haughton*, Hugh. "Eliot, T. S. (Thomas Stearns) (1888–1965)." The Oxford Companion to Modern Poetry, edited by Ian Hamilton, and Jeremy Noel-Tod, Oxford University Press, Inc., 2nd edition, 2014.
  10. ^ Rogers, Gayle. "Eliot, T. S." The Encyclopedia of Literary and Cultural Theory, edited by Michael Ryan, Wiley, 1st edition, 2011.
  11. ^ a b Clarke, G. ed. T. S. Eliot: Critical Assessments. Christopher Helm London, 1990.
  12. ^ a b c d e f g Gordon, L.. T. S. Eliot: An Imperfect Life, New York: Norton, 1990.
  13. ^ a b Peter H. Butter: T.S. Eliot. In: Herman J. Weiand (Hrsg.): Insight IV. Analyses of Modern British and American Drama. Hirschgraben Verlag, Frankfurt a. M., ISBN 3-454-12740-8, S. 62. Siehe auch Gisela Trahms: Schamane mit Bowler. (vgl. weblinks). Kuna datiert davon abweichend Eliots Eintritt in das Verlagshaus Faber & Gwyer (später Faber & Faber) auf das Jahr 1923. Vgl. Franz Kuna: T.S. Eliot. Friedrich Verlag, 2. rev. Auflage, Velbert 1972, S. 8.
  14. ^ a b McCabe, Colin , T. S. Eliot, Northcote House, 2010.
  15. ^ a b c d Sigg, Eric, The American T.S. Eliot, Cambridge: Cambridge University Press, 1989.
  16. ^ a b 岩崎宗治「『荒地』をどう読むか』(エリオット『荒地』岩波文庫、2010)
  17. ^ 『英米文学辞典』、斎藤勇ほか編より
  18. ^ a b c 篠田一士ほか編『世界文学事典』集英社、1998
  19. ^ On the Beach: Symbols | SparkNotes” (英語). www.sparknotes.com. 2020年6月23日閲覧。
  20. ^ Perera, S. Australia and the Insular Imagination: Beaches, Borders, Boats, and Bodies, Palgrave MacMillan, 2009.


「T・S・エリオット」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「T・S・エリオット」に関係したコラム

  • 株式やFX、CFDのエリオット波動とは

    株式やFX、CFDのエリオット波動とは、R・N・エリオットの考案したテクニカル理論のことで、1つの相場の動きを表したものです。下の図は相場の周期をエリオット波動により色分けして分類したものです。エリオ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「T・S・エリオット」の関連用語

T・S・エリオットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



T・S・エリオットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのT・S・エリオット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS