久間章生とは?

久間章生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/03 15:05 UTC 版)

久間 章生(きゅうま ふみお、1940年12月4日 - )は、日本の元政治家、元農林官僚




[ヘルプ]
  1. ^ 防衛庁長官内閣官房内閣広報室
  2. ^ 綿貫民輔衆議院議長が「起立総員」と宣言したことにより、議事録上は全会一致として扱われている。
  3. ^ J-rcom 日本軍事情報センター:「読売記者に機密漏洩」の節”. 2007年7月23日閲覧。
  4. ^ 沖縄タイムス社説 2007.1.29日付朝刊
  5. ^ 久間防衛相:普天間巡る「反米的発言」が波紋広げる(『毎日新聞』 2007年2月1日付)
  6. ^ 第166回国会 衆議院 安全保障委員会 2号(平成19年(2007年)2月22日)” (2007年2月22日). 2007年7月23日閲覧。
  7. ^ チェイニー副大統領の訪日報道から目を話してはならない」(天木直人のブログ)” (2007年2月18日). 2007年7月23日閲覧。
  8. ^ 沖縄タイムス』 2006年12月8日
  9. ^ a b “「不謹慎だが感じた」防衛相、重ねて選挙制度の問題言及”. 朝日新聞. (2007年4月18日). http://www.asahi.com/special/070417a/TKY200704180101.html 2010年10月26日閲覧。 
  10. ^ “期限付き補充立候補、選挙直前できず…公選法の不備が浮上”. 読売新聞. (2007年4月18日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local2007/news/20070418i204.htm 2010年10月26日閲覧。 
  11. ^ “久間防衛相、長崎市長銃撃事件で失言”. AFP通信. (2007年4月18日). http://www.afpbb.com/article/politics/2212983/1522052 2010年10月26日閲覧。 
  12. ^ 日本が戦後、ドイツのように東西が壁で仕切られずに済んだのは、ソ連の侵略がなかったからだ。米国は戦争に勝つと分かっていた。ところが日本がなかなかしぶとい。しぶといとソ連も出てくる可能性がある。ソ連とベルリンを分けたみたいになりかねない、ということから、日本が負けると分かっているのに、あえて原爆を広島と長崎に落とした。8月9日に長崎に落とした。長崎に落とせば日本も降参するだろう、そうしたらソ連の参戦を止められるということだった。幸いに(戦争が)8月15日に終わったから、北海道は占領されずに済んだが、間違えば北海道までソ連に取られてしまう。その当時の日本は取られても何もする方法もないわけですから、私はその点は、原爆が落とされて長崎は本当に無数の人が悲惨な目にあったが、あれで戦争が終わったんだ、という頭の整理で今、しょうがないな、という風に思っている。米国を恨むつもりはないが、勝ち戦ということが分かっていながら、原爆まで使う必要があったのか、という思いは今でもしている。国際情勢とか戦後の占領状態などからいくと、そういうことも選択肢としてはありうるのかな。そういうことも我々は十分、頭に入れながら考えなくてはいけないと思った。
  13. ^ http://web.archive.org/web/20070702165614/http://www.asahi.com/politics/update/0630/TKY200706300263.html
  14. ^ a b 原爆投下「しょうがない」発言 久間氏が陳謝、撤回” (2007年7月2日). 2009年12月30日閲覧。
  15. ^ 「発言撤回」で着地 長崎市議会が意見書可決” (2007年7月3日). 2009年12月30日閲覧。
  16. ^ 「田上市長ら直接抗議 久間氏「迷惑掛けた」” (2007年7月3日). 2009年12月30日閲覧。
  17. ^ a b 県議会も抗議決議” (2007年7月4日). 2012年8月28日閲覧。
  18. ^ 無念のぞかせ釈明 久間防衛相辞任” (2007年7月4日). 2012年8月28日閲覧。
  19. ^ a b 久間防衛相が辞任 原爆「しょうがない」発言で引責” (2007年7月4日). 2012年8月28日閲覧。
  20. ^ 広島市/久間防衛大臣の発言に対するコメント(2007.6.30)” (2007年6月30日). 2011年8月6日閲覧。
  21. ^ 「あまりに非常識」原水協被団協 久間氏原爆容認発言” (2007年7月1日). 2009年12月30日閲覧。
  22. ^ 連合長崎なども抗議” (2007年7月1日). 2009年12月30日閲覧。
  23. ^ a b 「被爆者ないがしろに」原水禁” (2007年7月2日). 2009年12月30日閲覧。
  24. ^ 「無意味で犯罪的」と大江氏 久間氏原爆容認発言” (2007年7月1日). 2009年12月30日閲覧。
  25. ^ 被爆者ら抗議の座り込み 久間氏発言、批判さらに広がる” (2007年7月3日). 2009年12月30日閲覧。
  26. ^ 共産党県委など辞任求める声明” (2007年7月3日). 2012年8月28日閲覧。
  27. ^ 2007年7月2日付 産経抄(産経新聞)
  28. ^ a b c 久間氏「原爆投下しょうがない」 ソ連参戦阻止と見解”. 長崎新聞 (2007年7月1日). 2016年10月4日閲覧。
  29. ^ 「しょうがない」は「九州弁」 久間氏のトンデモ弁明(J-CASTニュース)” (2007年7月4日). 2007年7月23日閲覧。
  30. ^ 2007年7月3日記者会見「久間防衛大臣の発言に関して」” (2007年7月3日). 2011年8月7日閲覧。
  31. ^ a b c d 「当然」「選挙対策だ」 被爆地の怒り収まらず” (2007年7月4日). 2009-12-30 日閲覧。
  32. ^ a b c 無念のぞかせ釈明 久間防衛相辞任” (2007年7月4日). 2012年8月28日閲覧。
  33. ^ 久間氏は議員辞職を 長崎県原水協が抗議デモ” (2007年7月6日). 2009年12月30日閲覧。
  34. ^ 久間氏に公開質問状 原爆発言で被爆者5団体” (2007年7月11日). 2009年12月30日閲覧。
  35. ^ 質問状に対して、回答 をしたものの被爆者団体は納得していない。(出典:久間氏が「しょうがない」発言質問に回答 被爆者団体「憤り」” (2007年8月3日). 2012年8月28日閲覧。
  36. ^ 久間元防衛相義母は原爆記念日に死を選んだ” (2009年6月18日). 2014年8月2日閲覧。
  37. ^ a b 「論外」「許されない」 久間氏原爆容認発言で被爆地に怒りと失望” (2007年7月1日). 2012年8月28日閲覧。
  38. ^ 長崎新聞 寄稿 原爆は戦争を終わらせたか <上>” (2007年8月3日). 2010年5月4日閲覧。
  39. ^ (Windows Media) 「参議院インターネット審議中継」参議院、2007年。 (ストリーミング). (2007年). http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=6496&on=1173377104&si=b52c06c4b438f40ef603b 2007年7月23日閲覧。 
  40. ^ 「補助金受けた法人首相ら4人に献金」『日本経済新聞日本経済新聞社、2007年3月8日、43面。
  41. ^ 「自民支部に違法献金か共産指摘安倍・久間氏ら代表」『朝日新聞』43428号、朝日新聞社東京本社、2007年3月8日、39面。
  42. ^ 「久間氏代表の団体、東電賠償巡り詐取容疑 元幹部ら逮捕」朝日デジタル2014.8.2 14:00  url=http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140802-00000023-asahi-soci
  43. ^ 毎日新聞2001年6月7日
  44. ^ 「久間元防衛相に3700万円賠償命令 ダイヤモンド返還訴訟」産経ニュース2014.1.29 21:40  url=http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140129/trl14012921420006-n1.htm
  45. ^ 「パチンコ・チェーンストア協会」(PCSA) 理事・会員リスト”. 2007年7月23日閲覧。
  46. ^ 農畜産工業雇用推進機構・役員構成”. 2012年6月15日閲覧。


「久間章生」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「久間章生」の関連用語

久間章生のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



久間章生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの久間章生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS