ステルスとは? わかりやすく解説

ステルス【stealth】

隠密。こっそり行うこと。「—マーケティング

ステルス技術


クローキング

別名:ステルス,ファントム
【英】cloaking, stealth, phantom

クローキングとは、SEOの手法の一種で、あるURL検索エンジンロボットクローラー)が巡回してきた際、人間閲覧者アクセスした場合とは異なWebページ切り替える技法のことである。

検索エンジンは、Webサイト評価するアルゴリズムとして独特の評価基準をもっている。Googleをはじめとする主要な検索エンジンは、例えテキスト中心でキーワードの比率が高いページや、HTML構造シンプルWebページ評価し、逆にフレームセットの使用Flash多用したWebページなどを好まないことが知られているそのため、人間アクセスしてきた際にFlashなどを多用した見栄えのするWebページとして見せ一方で検索エンジンアクセスしてきた際にSEO重視したシンプルページ読ませるように切り替えるクローキングの手法がSEO手法として登場した。

検索エンジンからのアクセスは、WebページUserAgent解析することによって特定可能である。ただ、Googleなどの検索エンジンはクローキング行為検索エンジンスパムとみなすことが知られており、発覚した場合インデックスがらの削除などのペナルティを受ける可能性があるそのためSEO手法として実施されるケース少ない。


参照リンク
Google ウェブマスター向けヘルプ センター
Webマーケティングのほかの用語一覧
SEO:  コンテンツミル  クリッカブルURL  クリックストリーム  クローキング  LPO  ランディングページ  リーチ

【ステルス】(すてるす)

Stealth.
レーダーやそのほかのセンサーなどから探知されにくくなるよう作られた航空機。またはその技術

ステルス技術取り入れて作られた航空機は、レーダー反射面積(RCS)が小さいためレーダー探知される距離が短くなり、あるいは小さくしか映らなくなるため識別難しく、またエンジン排熱などを抑える事によって、赤外線誘導ミサイル攻撃を受けづらくなっている。
これによって「敵の防空網すり抜けられる」「要撃を受けずに長距離侵攻爆撃ができる」「敵戦闘機先制攻撃できる」などの利点がある。
しかし、当然ながら肉眼でははっきり見えるため、作戦行動夜間に行うことが多い。
また、作戦以外の通常時は電波を自ら発信する、反射板取り付けるなどしてレーダーに映るようにしている。

この技術最大限活用して極秘裏に開発されていた米空軍F-117公開されたことで、ステルスは一躍注目集めた。
しかし、いくらレーダー映りにくくなっているとはいえレーダーサイト目の前横切るような真似をすれば当然探知される。
ゆえに、敵地侵入する時もできるだけ敵のレーダーから離れ位置飛行する。

なお、俗にステルス機呼ばれるのはF-117B-2F-22F-35であるが、最近開発されたラファール(仏)、ユーロファイターEU)、F-2(日)なども前者ほどではないものの電波吸収塗料を塗るなどのステルス技術取り入れレーダー反射面積小さくするなどの工夫が施されており、あえてステルスと言うまでもなく今後標準的技術となるであろう

また、艦船おいてもスウェーデン海軍ヴィスビュー級コルベット海上自衛隊の「あたご」級イージス護衛艦、「ひゅうが」級ヘリコプター護衛艦、現在開発中の米海軍のズムヴォルト級ミサイル駆逐艦CG(X)ミサイル駆逐艦計画中止)、インディペンデンス級沿海域戦闘艦など、ステルス性備え船体を持つ艦船が増えつつある。



ステルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/03 14:39 UTC 版)

ステルス英語: stealth)は英語で「隠密」「こっそり行う」という意味。




「ステルス」の続きの解説一覧

「ステルス」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ステルスと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ステルス」の関連用語

ステルスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ステルスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリクローキングの記事を利用しております。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのステルス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS