B-2とは?

B2サイズ

読み方:ビーニサイズ
別表記:B2、B2判

515mm×728mmの大きさ。紙の仕上がり寸法種類1つB1サイズの紙を半分に折った時の大きさ

【B-2】(びーつー)

Northrop Grumman B-2 Spirit(スピリット)
アメリカ空軍運用するステルス戦略爆撃機

1950年代以来主力戦略爆撃機として活躍してきたボーイングB-52後継機として、ノースロップ(現・ノースロップ・グラマン)社によって1978年開発開始され、1989年原型機が初飛行した。
同じ頃にロッキード社で作られたステルス戦闘攻撃機F-117同様に徹底したステルス性追求しているが、F-117とは違って本機では曲線的なシルエットになっている
目標探索用にレーダー装備しているが、レーダー使用すると発見される恐れがある為に使用限定されている。
ペイロードは500lbs爆弾なら80発、2,000lbs爆弾なら16発と言われ、またいわゆるバンカーバスター搭載可能である。

その他、当時最新鋭技術ふんだんに盛り込んだがためにコスト指数関数的上昇し、調達価格は1機当り10ドル研究開発費を含めると20ドル以上と破天荒なものになり、「世界一高価航空機」としてギネスブックにも載っている。
また、開発当時の最高の技術結集して作られたため軍事機密の塊となっており、排気口付近背面撮影禁止されていた。

その為、戦闘投入して撃墜されるのを恐れ軍部出撃をためらってしまい、初飛行から10年も経った1999年ユーゴ紛争が初の実戦参加となった。
結局開発段階では130機あまりを生産予定だったが、あまりの高価格に試作機含めてわずか21機が生産されるに留まった。

なお、本機生産された21全てに「スピリットオブ+地名(主に州)」という独自の愛称付けられている。
カッコ内は非公式名称)

  1. Spirit of America スピリットオブアメリカFatal Beauty
  2. Spirit of Arizona スピリットオブアリゾナ (Ship From Hell, Murphy's Law
  3. Spirit of New York スピリットオブニューヨーク (Navigator, Ghost, Afternoon Delight
  4. Spirit of Indiana スピリットオブインディアナ (Christine, Armageddon Express
  5. Spirit of Ohio スピリットオブオハイオ (Fire and Ice, Toad
  6. Spirit of Mississippi スピリットオブミシシッピ (Black Widow, Penguin, Arnold the Pig
  7. Spirit of Texas スピリットオブテキサス (Pirate Ship
  8. Spirit of Missouri スピリットオブミズーリ
  9. Spirit of California スピリットオブカリフォルニア
  10. Spirit of South Carolina スピリットオブサウスカロライナ
  11. Spirit of Washington スピリットオブワシントン
  12. Spirit of Kansas スピリットオブカンザス (2008年2月23日墜落)
  13. Spirit of Nebraska スピリットオブネブラスカ
  14. Spirit of Georgia スピリットオブジョージア (The Dark Angel
  15. Spirit of Alaska スピリットオブアラスカ
  16. Spirit of Hawaii スピリットオブハワイ
  17. Spirit of Florida スピリットオブフロリダ
  18. Spirit of Oklahoma スピリットオブオクラホマ
  19. Spirit of Kitty Hawk スピリットオブキティホーク
  20. Spirit of Pennsylvania スピリットオブペンシルバニア (Penny the Pig
  21. Spirit of Louisiana スピリットオブルイジアナ

スペックデータ

乗員2名(機長副操縦士
全長21.03m
全幅52.43m
全高5.18m
面積464.5
空虚重量約45t
離陸重量
通常/最大
約150t/約170t
実用上昇限度15,240m
ペイロード約18t
エンジンGE F118-GE-100ターボファン推力77.0kN)×4基
速度
(最高/巡航
約1,000km/h /マッハ0.8
航続距離10,000nm(空中給油1回)
戦闘行動半径
無給油)
6,600nm(Hi-Hi-Hi)/4,500nm(Hi-Lo-Hi)
兵装巡航ミサイル
AGM-129A ACM×16
AGM-158 JASSM×8~16
AGM-154 JSOW×8~16
爆弾
GBU-30/31 JDAM(GBU-30×80発、GBU-31×16発)
Mk.80シリーズ(Mk82(500lb)×80発、Mk84(2,000lb)×16発)
GBU-27 ペイブウェイIIIレーザー誘導爆弾×8発
GBU-28バンカーバスター×8発
GBU-36/37 GPS誘導爆弾×8発
GBU-39 SDB(250lb)×216
GBU-57A/B 大型貫通爆弾30,000lb)×2発
CBU-87/89/97クラスター爆弾×36
B61またはB83 戦術核爆弾×16
IMG_9038.jpg
Photo:MASDF
 

ジボラン(4)-1,2-ジイド

分子式B2
その他の名称:Diborane(4)-1,2-diide
体系名:ジボラン(4)-1,2-ジイド


B2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/16 09:57 UTC 版)

B2 または B-2




「B2」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「B-2」に関係したコラム

  • FXやCFDの三角形移動平均とは

    FXやCFDの三角形移動平均とは、移動平均の移動平均のことです。つまり、移動平均値を算出して、さらにその数値の移動平均値を算出します。なお、移動平均には単純移動平均を用います。三角形移動平均は、三角移...

  • FXのペアトレードとは

    FX(外国為替証拠金取引)のペアトレード(pair trade)とは、2つの異なる通貨ペアを同時にエントリーして、同時に決済するトレード方法のことです。ペアトレードは、同じような値動きをする2つの異な...

  • FXのダブルトップでのエントリーポイントを見つけるには

    ダブルトップとは、チャートが「W」の字を上下反転したように形成されていることです。ダブルトップが形成されると、2つのエントリーポイントが発生します。下の図は、ダブルトップを形成したチャートです。ダブル...

  • FXのダブルボトムでのエントリーポイントを見つけるには

    ダブルボトムとは、チャートが「W」の字のように形成されていることです。ダブルボトムが形成されると、2つのエントリーポイントが発生します。下の図は、ダブルボトムを形成したチャートです。ダブルボトムが形成...

  • FXでダウ理論を用いるには

    ダウ理論(Dow Theory)とは、ダウ・ジョーンズの創設者のチャールズ・ダウ(Charles Henry Dow)が提唱した相場理論のことです。ダウ理論には以下の6つの基本法則があります。ファンダ...

  • FXのレバレッジの計算方法は

    FX(外国為替証拠金取引)において、通貨ペアの売買の際に必要になるのが証拠金です。レバレッジは、証拠金と、通貨ペアの価格、通貨数により計算することができます。FXのレバレッジの計算方法は、次のような式...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「B-2」の関連用語

B-2のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

99式自走榴弾砲

早期警戒機

AIM-9

豆戦車

浜松広報館

対戦車砲

CIWS

タイフーン





B-2のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのB2 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS