離陸とは? わかりやすく解説

り‐りく【離陸】

読み方:りりく

[名](スル)航空機などが陸地離れて飛び立つこと。「定刻どおりに—する」⇔着陸

「離陸」に似た言葉

離陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/14 01:01 UTC 版)

離陸(りりく、: takeoffテイクオフ)とは、航空機などが地表面を離れて、浮上した状態を保持すること、あるいは、浮上ののち安定した上昇体勢を維持すること。その後は、高度を維持して水平な状態で飛行する。


  1. ^ 三澤慶洋 『図解・旅客機運航のメカニズム―航空機オペレーション入門』講談社ブルーバックス〉、2010年、137頁。ISBN 978-4062576895 
  2. ^ 航空環境研究センター (2007年2月5日). “大阪国際空港”. 空港環境情報. 航空環境研究センター. 2013年9月23日閲覧。
  3. ^ このスイッチはTO/GAスイッチとも呼ばれる。(en:Takeoff/Go-around switch参照)
  4. ^ オートスロットルが作動している状態でも、手動でスラストレバーを大きく動かせば、オートスロットルは解除される。
  5. ^ 山形和行 『世界一のココロの翼を目指した“名物機長"のホスピタリティ―いつも笑顔で目指そう!完璧!感動!感謝!』ごま書房新社、2013年、91頁。ISBN 978-4341085483 
  6. ^ 内田幹樹 『機長からアナウンス』新潮社新潮文庫〉、2004年、74頁。ISBN 978-4101160412 


「離陸」の続きの解説一覧

離陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 04:11 UTC 版)

V-22 (航空機)」の記事における「離陸」の解説

転換モード75度~60度)で短距離離着陸STOL)する。通常の固定翼航空機のように地上滑走によって固定翼面だけで揚力を得る離陸はできない

※この「離陸」の解説は、「V-22 (航空機)」の解説の一部です。
「離陸」を含む「V-22 (航空機)」の記事については、「V-22 (航空機)」の概要を参照ください。


離陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 14:42 UTC 版)

グライダー」の記事における「離陸」の解説

グライダー動力がなく自力では離陸できないため、ウインチ曳航飛行機曳航により離陸する日本国内でも以前[いつ?]は自動車曳航行われていた。 ウインチ曳航は、グライダー800~1,500mほど延ばした金属または化学繊維製のワイヤーロープ取り付け、これをエンジンまたは電動モーターにより動かされるウインチ使用して高速で巻き取る。それによりグライダー急激に加速上昇していく。最高高度300~600mほど)に達したらグライダー側でフック操作しロープをはずす。 飛行機曳航は、グライダーロープ取り付け、これを飛行機により牽引することで、飛行機の上とともにグライダー上昇していく。一定高度(600~900mほど)になった時点でグライダー側でフック操作しロープをはずす。

※この「離陸」の解説は、「グライダー」の解説の一部です。
「離陸」を含む「グライダー」の記事については、「グライダー」の概要を参照ください。


離陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/08 23:07 UTC 版)

デルタ航空1288便エンジン爆発事故」の記事における「離陸」の解説

1288便は14時23分(CDT)に滑走路17で離陸滑走開始した副操縦士スロットル開いて機速が40ノット (74 km/h)に達したところ、操縦室照明計器表示が突然落ちた後部客室乗客と乗務員大きな破裂音聞き、何かが爆発したような感覚を受けたパイロットスロットルアイドル戻しブレーキをかけて離陸を中止し逆噴射スポイラーなしで停止した

※この「離陸」の解説は、「デルタ航空1288便エンジン爆発事故」の解説の一部です。
「離陸」を含む「デルタ航空1288便エンジン爆発事故」の記事については、「デルタ航空1288便エンジン爆発事故」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「離陸」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

離陸

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 12:58 UTC 版)

名詞

(りりく)

  1. 飛行機などが陸地離れ飛び立つこと。

対義語

熟語

動詞

活用

サ行変格活用
離陸-する

翻訳


「離陸」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

離陸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



離陸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの離陸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのV-22 (航空機) (改訂履歴)、グライダー (改訂履歴)、デルタ航空1288便エンジン爆発事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの離陸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS