緊急着陸とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 緊急着陸の意味・解説 

緊急着陸!

作者五十嵐均

収載図書緊急着陸!
出版社実業之日本社
刊行年月1996.4
シリーズ名ジョイ・ノベルス


緊急着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/14 00:41 UTC 版)

緊急着陸(きんきゅうちゃくりく、: emergency landing)とは、航空機の安全運航に対する切迫もしくは継続した脅威、または搭乗中の乗客もしくは乗務員に生じた突発的な事案(例:急患発生)などの緊急事態に対処するため、航空機を速やかに着陸させることをいう[注釈 1]。具体的には、最も近いまたは適切な飛行場への目的地外着陸 (forced diversion) のほか、飛行場まで到達できない場合の不時着 (forced landig) または不時着水 (ditching) などが含まれる。緊急着陸を行う航空機は、他の航空機に優先して着陸が許可される。


  1. ^ 国土交通省航空局によると、航空法は「墜落」や「不時着」について特に定義していないようです。担当幹部は「航空業界では一般的に、操縦不能に陥って地面と衝突するような事態を墜落というイメージがある」と話します。(出典:朝日新聞)[1]
  2. ^ 不時着については、通常通りに飛行場へ着陸ができない状態(ランディングギアが降りないとか、安全に飛行場まで持たない)又はエンジン停止でオートローテンションや滑空をしながら(非常に限られた範囲で操縦ができる)、機体の損傷を最低限に抑えるように着陸・着水をするような感じです。[1]
  3. ^ 墜落については、操縦不能で地面または水面等に衝突するイメージです。その際に航空機の損傷具合や乗員上客の死傷は関係なくて、あくまで「操縦不能の状態」というところにウェイトがある感じです。[1]
  4. ^ 私の感覚では、「実際に警報灯がついているが、実際に不具合が感じる又は感じられないが、着陸して航空機の状態を把握してみよう」又は「急激な天候悪化により、飛行機(ヘリコプター)としては安全であるが安全を確保して着陸する」というのが予防着陸のような感じであると思います。[1]
  1. ^ a b c d 緊急着陸が悪いのか!?” (日本語). 那覇市市議会議員 大山たかお. 2021年9月10日閲覧。
  2. ^ Record number of emergency landings at Shannon as planes forced to divert” (2016年12月31日). 2021年9月10日閲覧。
  3. ^ Shannon Airport handles six unscheduled landings”. 2021年9月10日閲覧。
  4. ^ 遭難日航機真二つ、乗員十三人は救出(昭和15年2月7日 東京日日新聞(夕刊))『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p59 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  5. ^ NTSB, Aloha Airlines, Flight 243, Boeing 737-200, N73711, National Transportation Safety Board, https://www.ntsb.gov/investigations/accidentreports/pages/aar8903.aspx 
  6. ^ NTSB, Explosive Decompression – Loss of Cargo Door in Flight, United Airlines Flight 811 Boeing 747-122, N4713U, National Transportation Safety Board, https://www.ntsb.gov/investigations/AccidentReports/Pages/AAR9202.aspx 
  7. ^ “Newark flight makes emergency landing in Poland”. CNN. (2011年11月1日). http://edition.cnn.com/2011/11/01/world/europe/poland-plane/?hpt=tr_c2 
  8. ^ “Pilot lands jet after bird strike”. (2007年4月29日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/manchester/6606375.stm 2009年5月14日閲覧。 


「緊急着陸」の続きの解説一覧

緊急着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/27 12:46 UTC 版)

日本航空006便エンジン火災事故」の記事における「緊急着陸」の解説

006便は、羽田空港引き返して緊急着陸することになったが、まだ離陸したばかりだったために大量の燃料残されており、着陸衝撃耐えられる重量ではなかった。そのため、すぐに着陸するわけにはいかず、千葉県房総半島付近の太洋上空を1時間ほど飛行することで、その間上空燃料放出した燃料十分に投棄され機体軽くなると、12時9分、006便は羽田空港A滑走路ランウェイ34L)に緊急着陸し、12時13分に908ゲート到着した251人の乗客全員無事で、死傷者が出ることはなかった。

※この「緊急着陸」の解説は、「日本航空006便エンジン火災事故」の解説の一部です。
「緊急着陸」を含む「日本航空006便エンジン火災事故」の記事については、「日本航空006便エンジン火災事故」の概要を参照ください。


緊急着陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 08:10 UTC 版)

DHL貨物便撃墜事件」の記事における「緊急着陸」の解説

左翼ダメージ燃料漏出のため、機関士エンジン綿密に監視しなければならなかった。生還には両翼エンジン正確な制御不可欠であり、万一左翼タンクからの燃料供給失われた際には、燃料右翼から供給しなければならなかったからである機長副操縦士は、33R滑走路へ最終アプローチ開始した視界きわめて良好であり、機長副操縦士降下制御することができた。直観反することだが、彼らは機首や翼を激しく地面激突させないためには、着陸前にスロットル絞ってはいけないことを理解していた。 約400フィート120メートル)で、乱気流により機体バランス崩し右側に傾いた推力補正によりロール制御されていたが、機体滑走路中央線外れて着陸した機関士はただちに逆噴射装置全開にしたが、機体滑走路から逸脱していった。その後機体不整地に逸走し、砂煙巻き上げ、さらに鉄条網引きずりながら、1,000メートルオーバーランし停止した

※この「緊急着陸」の解説は、「DHL貨物便撃墜事件」の解説の一部です。
「緊急着陸」を含む「DHL貨物便撃墜事件」の記事については、「DHL貨物便撃墜事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「緊急着陸」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「緊急着陸」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「緊急着陸」の関連用語

緊急着陸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



緊急着陸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの緊急着陸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本航空006便エンジン火災事故 (改訂履歴)、DHL貨物便撃墜事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS