直観とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 直観の意味・解説 

ちょっ かん ちよくくわん [0] 【直観】

( 名 ) スルintuition
〘哲〙 推理を用いず、直接対象捉えること。一般に感性知覚をいうが、直接的全体および本質をつかむ認識能力としてプラトンの「イデアの直観」以来哲学さまざまな形で高い位置与えられてきた(スピノザシェリングベルクソンなど)。 「知的-」 「アウグスチヌスが神は不変的を以て万物を-するといひ/善の研究 幾多」 〔同音語の「直感」は感覚的物事瞬時にとらえることであるが、それに対して「直観」は推論を用いず直接対象をとらえ、瞬時にその全体本質をとらえる哲学用語として用いる〕


直観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/02 03:39 UTC 版)

直観(ちょっかん、Intuition)とは、知識の持ち主が熟知している知の領域で持つ、推論など論理操作を差し挾まない直接的かつ即時的な認識の形式である。




「直観」の続きの解説一覧

直観

出典:『Wiktionary』 (2007/08/30 08:36 UTC 版)

名詞

ちょっかん

  1. 物事本質をすぐに捉えること。

動詞

活用

サ行変格活用
直観-する





直観と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「直観」の関連用語

直観のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



直観のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの直観 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの直観 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS