羽田空港とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 羽田空港の意味・解説 

はねだ‐くうこう〔‐クウカウ〕【羽田空港】

読み方:はねだくうこう

東京国際空港通称


羽田空港

読み方:ハネダクウコウ(hanedakuukou)

所在 東京都大田区

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

羽田空港

読み方:ハネダクウコウ(hanedakuukou)

所在 東京都(京浜急行電鉄空港線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒144-0041  東京都大田区羽田空港

東京国際空港

(羽田空港 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/17 23:45 UTC 版)

東京国際空港(とうきょうこくさいくうこう、: Tokyo International Airport)は、東京都大田区羽田空港にある日本最大の空港通称羽田空港(はねだくうこう、: Haneda Airport)。単に 「羽田」 と呼ばれる場合もある。IATA空港コードHNDICAO空港コードRJTT。航空便の時刻表において表記される「東京」とは基本的に同空港を指すことが多いが、成田国際空港と併せて東京(羽田・成田)とされるケースも少なくない。


注釈

  1. ^ ほかには関西国際空港中部国際空港新千歳空港北九州空港那覇空港がある。メンテナンスや騒音の影響で完全24時間運用が可能なのは関西国際空港のみ。
  2. ^ ヤマト運輸の「超速宅急便」などの高速宅配サービスが行われている[要出典]
  3. ^ ただし、公式実務訪問賓客・実務訪問賓客・外務省賓客などは通常、成田国際空港を使用する。
  4. ^ 同社への出資については上記の日本空港ビルデングのほか、成田国際空港株式会社なども参加。
  5. ^ 成田空港開港後も、事故や気候条件などで、成田空港が閉鎖された場合には、一時的な国際線航空機の発着があった。
  6. ^ この措置により日本航空は台湾に乗り入れることができなくなったばかりか、台北FIRの通過も拒否され、東南アジア線や南回り欧州線が遠回りを強いられることとなった。
  7. ^ 2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響により、いわて花巻線、仙台線に臨時便が運航された他、2021年2月13日と2022年3月16日に、いずれも福島県沖で発生した地震の影響により、仙台線(&福島線)に臨時便が運行された。
  8. ^ 2004年10月23日発生の新潟県中越地震の影響により、10月24日から翌年1月4日まで、2007年7月16日発生の新潟中越沖地震の影響により、同日と17日に臨時便が運航。

脚注 

  1. ^ a b c 着陸には3000mのみを用いる。また、深夜帯の北向き離陸は3000mの制限がある。2014年12月10日までは全長3000m、深夜北向き離陸制限2500mであった。関東地方整備局事業評価監視委員会 平成25年度第3回 東京国際空港C滑走路延伸事業資料3-2-1 (PDF)” (2015年6月27日). 2015年12月1日閲覧。
  2. ^ a b c 平成30年空港管理状況調書”. 国土交通省. 2020年6月25日閲覧。
  3. ^ 羽田増便、成田は深夜発着 首都圏2020へ広がる空」『日本経済新聞』電子版(2019年3月10日)2020年7月4日閲覧
  4. ^ ACI reveals the world's busiest passenger and cargo airports”. Airports Council International. 2018年5月2日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ 新大田区百景「海老取川」 大田区(2020年7月6日閲覧)
  6. ^ Peta - Bandar Udara Internasional Tokyo (Tokyo International Airport) - MAP[NALL.COM]”. www.mapnall.com. 2021年12月26日閲覧。
  7. ^ “国際空港評議会:羽田旅客数、世界4位浮上 LA抜く” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20180410/k00/00m/040/136000c 2018年4月10日閲覧。 
  8. ^ 2020年春開業 国家戦略特区 羽田空港直結“オールインワン・ホテル”「羽田エアポートガーデン」プロジェクト発表 (PDF)”. 住友不動産. 2021年2月24日閲覧。
  9. ^ 東京国際(羽田)空港|国土交通省東京航空局”. 国土交通省東京航空局. 2015年12月1日閲覧。
  10. ^ 国際線発着調整事務局の業務概要 (PDF)”. 国際線発着調整事務局(JSC). 2017年2月1日閲覧。
  11. ^ [1]
  12. ^ Tokyo Haneda International Airport 5-Star Airport Ranking” (英語). SKYTRAX. 2015年12月1日閲覧。
  13. ^ 羽田空港、日本初の5つ星 スカイトラックス調査”. Aviation Wire (2014年8月29日). 2015年12月1日閲覧。
  14. ^ 世界最大・最新鋭の空港を擁する中国、サービス悪くフライトの遅延も常態化―華字メディア 配信日時:2013年10月18日 8時31分
  15. ^ 空港の定時運航率、「最悪」は中国 航空会社も同様 米調査 2013.07.13 Sat posted at 17:37 JST
  16. ^ 空港法 第4条
  17. ^ 羽田空港2020年旅客、64.3%減3105万人 国際線は82.8%減321万人”. 日本空港ビルデング. 2021年3月18日閲覧。
  18. ^ “航空輸送統計年報の概要 令和元年度(2019年度)分” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 総合政策局情報政策課交通経済統計調査室, (2020年6月30日), オリジナルの2020年8月31日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200831055012/https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001350930.pdf 2020年8月31日閲覧。 
  19. ^ 京急電鉄(2008)、P21
  20. ^ a b c d e 運輸省第二港湾建設局東京空港工事事務所(1995),8-11頁。
  21. ^ a b c d 京急電鉄(2008)、P22。
  22. ^ 羽田空港半世紀の歴史 20世紀時刻表歴史館 2020年9月6日閲覧
  23. ^ a b 京急電鉄(2008)、P24。
  24. ^ a b 官報資料版』1958年7月1日第9455号付録、4ページ
  25. ^ 京急電鉄(2008)、P25。
  26. ^ a b c 運輸省第二港湾建設局東京空港工事事務所(1995),13-15頁。
  27. ^ a b c d e f g h 京急電鉄(2008)、P26-29。
  28. ^ 羽田空港のあるまち おおた ~空港の歴史と将来~”. www.city.ota.tokyo.jp. 大田区. 2021年9月4日閲覧。
  29. ^ a b 羽田の大鳥居|Haneda Otorii”. aoitrip.jp (2016年12月11日). 2018年3月8日閲覧。
  30. ^ a b 羽田空港 (東京国際空港) 拡張の歴史”. ABHP.net. 2018年3月13日閲覧。
  31. ^ 地域を語る会”. 公明党 田島和雄 公式ホームページ (2015年12月9日). 2018年3月8日閲覧。
  32. ^ 整地に動員されたもと居住民らが、反抗心から意図的に鳥居を残したのだともいわれる。小関智弘『大森界隈職人往来』(岩波書店、2002年)2-4頁。
  33. ^ 東京国際(羽田)空港”. 国土交通省東京交通局. 2018年2月12日閲覧。
  34. ^ 仲原正治 (2015年1月28日). “「羽田空港」が象徴する日本の発展”. ワクスタ. 2018年3月12日閲覧。
  35. ^ 羽田空港の地下に眠り続ける「伝説の飛行機」の哀しき運命”. 現代ビジネス (2019年3月3日). 2019年10月16日閲覧。
  36. ^ 羽田空港跡地利用OTA基本プラン (PDF)”. 大田区 (2008年10月). 2015年12月1日閲覧。
  37. ^ 蒲田・羽田の歴史について (PDF) 早稲田大学文学学術院 浦野正樹研究室
  38. ^ 暮らしとたたかい 街と人々 羽田探訪記 JanJanNews 2008年4月8日
  39. ^ 羽田空港の跡地再開発に「戦後」の影 GHQ接収地”. 日本経済新聞 電子版 (2014年8月18日). 2019年6月9日閲覧。
  40. ^ GHQ接収の土地「国に所有権」逆転判決 羽田の元敷地”. 朝日新聞デジタル (2015年9月18日). 2019年6月9日閲覧。
  41. ^ サー・セシル・バウチャー著『英国空軍少将の見た日本占領と朝鮮戦争』(社会評論社 2008年)p.17
  42. ^ 京急電鉄(2008)、P33。ただし、運航開始時点ではいまだ占領下であり、運航開始時点では運航・整備をノースウエスト航空へ委託しての出発となった。
  43. ^ a b c d 運輸省, ed (1980). 運輸省三十年史. 運輸経済研究センター. pp. 304-305 
  44. ^ 同年7月5日航空庁告示第4号「東京都大田区羽田町に所在する飛行場を東京国際空港と呼称する件」
  45. ^ 京急電鉄(2008)、P35。
  46. ^ a b c d 東京国際(羽田)空港”. 管内空港の現況. 国土交通省東京航空局. 2014年7月20日閲覧。
  47. ^ 成田空港問題シンポジウム記録集編集委員会『成田空港問題シンポジウム記録集 資料編』1995年、84頁。
  48. ^ 京急電鉄(2008)、P37。
  49. ^ 京急電鉄(2008)、P41。
  50. ^ 引頭雄一「空港整備概論─日本の空港整備はいつ概成したのか─ (PDF) 」、中央大学、2017年3月、2018年3月8日閲覧。
  51. ^ 原口和久 (2002). 成田 あの1年. 崙書房出版. p. 130 
  52. ^ 財団法人日本航空協会, ed (2010). 日本の航空100年 航空・宇宙の歩み. pp. 198-201 
  53. ^ 運輸省第二港湾建設局東京空港工事事務所(1995),7頁。
  54. ^ 上之郷利昭著『羽田空港物語』講談社、1997年3月17日 ISBN 4-06-208026-5
  55. ^ 小坂英治 (2007年6月4日). “第9回 羽田空港の不幸”. 港湾空港総合技術センター. 2018年3月9日閲覧。
  56. ^ このエピソードについてはNHKで1993年に放送されたドキュメンタリー番組テクノパワー』第3回および2004年放送の『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』でも取り上げられた。
  57. ^ a b c 生貝貢「東京国際空港第2旅客ターミナルビルの計画について」『SCOPE NET』第34号、港湾空港総合技術センター、2004年。
  58. ^ “羽田空港新C滑走路 3月27日供用開始”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1997年2月3日) 
  59. ^ “羽田空港 新国際線ターミナル完成”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1998年3月23日) 
  60. ^ 日本空港ビルデング株式会社 (2007年1月24日). “東京国際空港(羽田)第2旅客ターミナルビル南ピア供用開始について (PDF)”. 2015年12月1日閲覧。
  61. ^ 日本空港ビルデング株式会社 (2010年7月26日). “東京国際空港(羽田)第2旅客ターミナルビル増築部(本館南側)の供用開始について (PDF)”. 2015年12月1日閲覧。
  62. ^ ANA HANEDA2010 Archived 2010年8月23日, at the Wayback Machine.
  63. ^ a b 中期経営計画(2010〜2012年度)の策定について”. 日本空港ビルデング (2010年5月12日). 2011年6月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年12月1日閲覧。
  64. ^ “羽田空港でゲート増設 さらに人に優しい空港に”. 東京メトロポリタンテレビジョン. (2013年4月8日). http://www.mxtv.co.jp/mxnews/news/201304087.html 2013年5月4日閲覧。 
  65. ^ “羽田空港、国内線第2旅客ターミナルの増築工事が竣工”. Response.. (2013年3月13日). http://response.jp/article/2013/03/13/193536.html 2013年3月31日閲覧。 
  66. ^ 日本空港ビルデング (2013年3月13日). “東京国際空港(羽田)国内線第2旅客ターミナル増築工事(南ピア 3 スポット増設部)4月8日(月)供用開始 (PDF)”. 2015年12月1日閲覧。
  67. ^ 羽田空港の歴史”. 日本空港ビルデング株式会社. 2015年12月1日閲覧。
  68. ^ 羽田空港再拡張及び首都圏第3空港”. 2015年12月1日閲覧。
  69. ^ 鋼管杭を打ち立てた上に鋼構造物を載せる桟橋工法。出典:『新日本の空港シリーズ1 羽田空港』イカロス出版
  70. ^ 羽田再拡張D滑走路建設工事共同企業体の説明パンフレット2冊 第2版(2007年5月発行)による。
  71. ^ 国土交通省関東地方整備局 東京空港整備事務所. “「東京国際空港(羽田空港)再拡張事業の概要」 (PDF)”. p. 13. 2015年12月1日閲覧。
  72. ^ a b c d “羽田再拡張後の飛行ルート(修正案)について” (プレスリリース), 国土交通省航空局, (2004年5月25日), https://www.mlit.go.jp/kisha/kisha04/12/120525_2_.html 
  73. ^ a b c 国土交通省成長戦略 航空分野報告書”. 国土交通省. pp. 3-11. 2015年12月1日閲覧。
  74. ^ DNV エアバス社:乱気流への挑戦”. WEB MAGAZINE. 2013年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月1日閲覧。
  75. ^ “世界最大の旅客機が羽田初飛来 エアバスA380”. 47NEWS. 共同通信社. (2010年10月15日). http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010101501000067.html 2014年7月20日閲覧。 
  76. ^ 報道発表資料:東京国際空港(羽田空港)における新管制塔の運用開始と首都圏空域の効率的な管制運用の実施について”. www.mlit.go.jp. 国土交通省 (2010年1月7日). 2021年5月25日閲覧。
  77. ^ 東京国際空港ターミナル株式会社 (2010年7月22日), “東京国際空港国際線地区旅客ターミナルビル等新築工事 竣工式の実施について” (プレスリリース), http://www.tiat.co.jp/pdf/2010/20100720_1jp.pdf 2015年12月1日閲覧。 
  78. ^ a b ターミナル概要”. 東京国際空港ターミナル株式会社 TIAT. 2015年12月1日閲覧。
  79. ^ 東京国際空港(羽田)新国際線旅客ターミナルビル 供用開始日のご案内 (PDF)” (2010年10月18日). 2015年12月1日閲覧。
  80. ^ 旧国際線旅客ターミナルの閉館について”. 日本空港ビルデング. 2015年12月1日閲覧。
  81. ^ “「羽田空港船着場」の整備工事について” (PDF) (プレスリリース), 日本空港ビルデング株式会社, (2011年5月2日), http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/company/files/news_release/110502.pdf 2015年12月1日閲覧。 
  82. ^ “羽田空港に「船着き場」完成-旅客サービス・緊急時対策などに活用へ”. 羽田経済新聞. (2011年12月9日). http://haneda.keizai.biz/headline/919/ 2011年12月16日閲覧。 
  83. ^ 羽田空港国内線 第1旅客ターミナル リニューアル工事(出発エリア・屋上エリア)完了 (PDF)”. 日本空港ビルデング (2011年11月9日). 2015年12月1日閲覧。
  84. ^ 羽田空港国内線第1ターミナル 出発ゲートラウンジ内中央 商業施設エリアを一新”. 日本空港ビルデング. 2012年2月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年12月1日閲覧。
  85. ^ 出発ゲート内に新商業施設 改装進む羽田空港第1ターミナル”. 朝日新聞社. 2015年10月26日閲覧。
  86. ^ “「羽田をハブ空港に」前原国交相、原則転換を表明”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2009年10月13日). http://www.asahi.com/special/hanedahub/TKY200910130028.html 2015年12月1日閲覧。 
  87. ^ 羽田の24時間国際ハブ空港化を進めたい=前原国交相”. トムソン・ロイター (2009年10月13日). 2015年12月1日閲覧。
  88. ^ “羽田、国際線用旅客ターミナルを再拡張へ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). オリジナルの2010年10月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101026120554/http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20101026-OYT1T00650.htm 2015年12月1日閲覧。 
  89. ^ “羽田 「新国際線旅客ターミナル」再拡張へ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年10月26日). オリジナルの2010年10月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101031191115/http://otona.yomiuri.co.jp/trip/news/101026tb01.htm 2015年12月1日閲覧。 
  90. ^ 東京国際空港国際線旅客ターミナル拡張計画について (PDF)”. 東京国際空港ターミナル (2011年6月21日). 2015年12月1日閲覧。
  91. ^ “羽田国際線ターミナル拡張へ-固定ゲート8カ所増、ホテル新設も”. 羽田経済新聞. (2011年6月21日). オリジナルの2012年1月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120119212806/http://haneda.keizai.biz/headline/818/ 2015年12月1日閲覧。 
  92. ^ “国際線争奪さらに激化 羽田新ターミナル拡張決定”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2011年6月22日). オリジナルの2011年6月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110625044453/http://www.asahi.com/business/topics/economy/TKY201106220198.html 2015年12月1日閲覧。 
  93. ^ “東京国際空港国際線地区エプロン等の拡充の着手について” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省関東地方整備局港湾空港部, (2012年9月4日), http://www.pa.ktr.mlit.go.jp/kyoku/62kuukou/01apron-pfi/20120904-01.pdf 2015年12月1日閲覧。 
  94. ^ 東京国際空港国際線旅客ターミナル拡張部の供用開始日について (PDF)”. 東京国際空港ターミナル (2014年2月25日). 2015年12月1日閲覧。
  95. ^ “羽田国際線ターミナルビルが1.5倍に拡張、9月にホテルも開業”. ケンプラッツ. (2014年3月17日). http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20140314/655229/ 2014年3月30日閲覧。 
  96. ^ 東京国際空港国際線旅客ターミナルビル 一般エリア拡張部諸施設の供用開始について (PDF)”. 東京国際空港ターミナル (2014年8月7日). 2015年12月1日閲覧。
  97. ^ 日本空港ビルデング株式会社・株式会社ロイヤルパークホテルズ アンド リゾーツ・三菱地所株式会社 (2014年9月26日). “羽田空港国際線旅客ターミナルに 「ロイヤルパークホテル ザ 羽田」 9月30日開業 (PDF)”. 2015年12月1日閲覧。
  98. ^ 羽田空港国際線旅客ターミナル ビジネスジェット専用ゲートの供用について (PDF)”. 東京国際空港ターミナル (2014年9月9日). 2015年5月22日閲覧。
  99. ^ “羽田C滑走路延伸へ、深夜など大型欧米便可能に…政府・与党”. 読売新聞. (2009年4月4日). オリジナルの2009年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090408041110/http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090404-OYT1T00731.htm 2015年12月1日閲覧。 
  100. ^ “新経済対策、羽田の滑走路延伸に300億円 国交省方針”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2009年4月8日). オリジナルの2009年4月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090412134951/http://www.asahi.com/politics/update/0408/TKY200904080284.html 2015年12月1日閲覧。 
  101. ^ “羽田空港、24時間国際線化の事業を継続 C滑走路延伸とエプロン新設など”. Fly team. (2013年1月30日). http://flyteam.jp/news/article/19106 2013年2月26日閲覧。 
  102. ^ 東京国際空港C滑走路延伸事業 (PDF)”. 2015年12月1日閲覧。
  103. ^ 国土交通省関東地方整備局 東京空港整備事務所 (2011年9月30日). “東京国際空港C滑走路延伸事業について (PDF)”. 2015年12月1日閲覧。
  104. ^ 羽田空港の延長C滑走路、12月11日供用開始…地上と上空から見る[写真蔵]”. レスポンス (2014年10月17日). 2015年12月1日閲覧。
  105. ^ 国土交通省関東地方整備局・東京航空局・気象庁 (2011年6月27日). “東京国際空港C滑走路延伸事業 (PDF)”. 2015年12月1日閲覧。
  106. ^ “羽田空港、C滑走路を延長 12月11日から”. 日本経済新聞社. (2014年10月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF16H0U_W4A011C1EE8000/?bu=BFBD9496EABAB5E6B39EBBB6A5EAA4B0A5B890A488A5A6A2A59CA7B9A4F9A7818BB491E294BB858680A090F9E590E282B5A7EBA5B99BA2B8B19982E59E83BD9EA499EA939EA0E7A6AAB9B3ABE1B684B9E09EF98086E785968BEAFD9F988281B7E6BBA6B0968AA8E1B39BB891849AB8A6949586E6BDBEAAF9E2A6B78080A0A5A1B39ABBBDB9E7888BE3BDE58A98BFE7A0A6A8A5AA9785A4F9E0E79B93A1B3BABE9D9AB3A0949E8291A1A7979FEA9DF9B3BEE5A09F85E39FE198B3B8E291EBB3E680E598BC9ABB82A1FDE0F9A7EB9AE594BEB9A59BB4A1E1E391EAE3E297B68BB4BC94A4B1AAA695ABA2BBB4989E9C8788E49EA48BA48ABBE1B8E385A6A4A7E69EAAE28791E4BB8494988AEBA2BEE6B3B5AAB782A4BF878AB4B98596E386AB87BF9091B09FBEA59E8B87EB8A8A81B193A5BDBC83B1E5AABCA8B7978A9FEBEBE7B18185B1B697A19C9CBEAAE4BB9FFDA78A81B68485E486978AE4848AE4B0B5B4F9919A9886FDB7A4ABB59697EF 2014年12月15日閲覧。 
  107. ^ a b 国土交通省航空局交通管制部運用課. “運航拠点・対空集約実施計画(案)”. 日本航空機操縦士協会. 2022年1月16日閲覧。
  108. ^ 国土交通省航空局交通管制部運用課. “運航拠点・対空集約実施計画 FAQ”. 日本航空機操縦士協会. 2022年1月16日閲覧。
  109. ^ 羽田空港国際線が本格化 深夜、早朝に欧米各都市へ定期便”. J-CAST (2008年5月22日). 2015年12月1日閲覧。
  110. ^ “『東京国際空港(羽田空港)への就航について』” (プレスリリース), 日本貨物航空, (2009年7月13日), http://www.nca.aero/news/news_20090713.html 2015年12月1日閲覧。 
  111. ^ 日仏航空協議、欧の羽田乗入れ初合意-A380就航と関空増便も、AFは歓迎”. トラベルビジョン (2008年10月27日). 2015年12月1日閲覧。
  112. ^ 羽田-パリ定期便開設で合意 拡張後の深夜早朝時間帯 2008/10/24 共同通信 Archived 2009年1月13日, at the Wayback Machine.
  113. ^ 日英航空協議、羽田/ロンドン線で合意-パリ線に続き2ヶ国目”. トラベルビジョン (2008年11月14日). 2015年12月1日閲覧。
  114. ^ “日本・タイ航空当局間協議の結果について” (プレスリリース), 国土交通省, (2009年2月2日), https://www.mlit.go.jp/report/press/cab03_hh_000053.html 2015年12月1日閲覧。 
  115. ^ “日本・オランダ航空当局間協議の結果について” (プレスリリース), 国土交通省, (2009年2月9日), https://www.mlit.go.jp/report/press/cab03_hh_000055.html 2015年12月1日閲覧。 
  116. ^ 羽田-ドイツ路線開設へ=2国間航空協議で合意 2009/04/03 時事通信[リンク切れ]
  117. ^ “日本・ドイツ航空当局間協議の結果について” (プレスリリース), 国土交通省, (2009年4月3日), https://www.mlit.go.jp/report/press/cab03_hh_000064.html 2015年12月1日閲覧。 
  118. ^ “羽田-台湾・松山間、定期便就航を年内に正式合意へ”. MSN産経ニュース. (2009年11月23日). オリジナルの2009年12月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091213043815/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091123/plc0911232040010-n1.htm 2015年12月1日閲覧。 
  119. ^ エア・アジア、羽田に年内就航 クアラルンプール便」『日本経済新聞』電子版2010年4月13日付 Archived 2011年12月9日, at the Wayback Machine.
  120. ^ 『米運輸省:デルタ、アメリカン、ハワイ航空、各社に羽田線認可―運輸省』財経新聞電子版 2010年5月7日付[リンク切れ]
  121. ^ “『JAL、羽田から世界へ! 10月31日から運航する羽田国際線新路線 発売開始!』” (プレスリリース), JAL, (2010年6月30日), http://press.jal.co.jp/ja/release/201006/001576.html 2015年12月1日閲覧。 
  122. ^ 米運輸省、羽田4路線を正式決定 10月31日から運航開始」TJオンライン 2010年7月8日[リンク切れ]
  123. ^ a b “都心の飛行解禁で羽田・成田1割増便 有識者会議が提案”. MSN産経ニュース. オリジナルの2014年6月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140608173432/http://sankei.jp.msn.com/life/news/140606/trd14060621290018-n1.htm 2015年12月1日閲覧。 
  124. ^ 都心上空の飛行解禁 国交省案、羽田など発着枠拡大で 五輪へ国際化を加速”. 日本経済新聞 (2015年6月6日). 2015年12月1日閲覧。
  125. ^ 特集ワイド:羽田新ルート「世界一着陸難しい空港に」 都心低空飛行 内部文書「横田空域に配慮」 - 毎日新聞2020年9月8日閲覧
  126. ^ 羽田空港、都心上空通り離発着へ 新ルート了承 aviationwire 2020年9月8日閲覧
  127. ^ 2020年3月29日より新飛行経路の運用を開始し羽田空港において国際線を増便します
  128. ^ 羽田空港の新飛行経路に関する航空保安施設等の稼働状況等を確認するための飛行検査を実施します
  129. ^ 羽田新ルート「急角度 変更を」 国際航空協会が要請
  130. ^ デルタ、試験飛行見合わせ 羽田新ルート「安全確認できず」
  131. ^ 新ルート「安全に飛行」 赤羽国交相に説明―全日空・日航 時事通信
  132. ^ “羽田新ルートの騒音「想定以上」地点が2割 想定以下も”. 朝日新聞デジタル. (2020年3月25日). https://www.asahi.com/articles/ASN3S6RL4N3SUTIL00X.html 
  133. ^ 羽田新経路の固定化回避に係る技術的方策検討会を開催します
  134. ^ 羽田空港の利用状況分析と処理容量の算定”. 日本土木工業協会 (2010年8月). 2014年4月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年12月1日閲覧。
  135. ^ a b c 首都圏空港将来像調査”. 運輸政策研究機構. 2013年2月5日閲覧。
  136. ^ 羽田空港の処理容量拡大策の検討”. 日本土木工業協会 (2010年9月). 2014年2月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年12月1日閲覧。
  137. ^ ハブ空港として国際競争に立ち向かうことができるかは神奈川口構想の可否次第asahi.com[リンク切れ]
  138. ^ “長年の“悲願”「羽田連絡道路」具体化 川崎市「歓迎」も課題山積”. 産経新聞. (2014年10月16日). https://www.sankei.com/article/20141016-GTIRW4VJQRIGDGDXJQK47YTRI4/ 2015年9月22日閲覧。 
  139. ^ “政府/羽田空港〜川崎間に連絡橋と海底トンネル新設/ビジネス拠点形成後押し”. 日刊建設工業新聞. (2014年9月10日). https://www.decn.co.jp/?p=17574 2015年9月22日閲覧。 
  140. ^ a b “羽田連絡道路で推進委、中央部に橋新設へ 神奈川”. 産経新聞. (2015年5月19日). https://www.sankei.com/article/20150519-THX4STWNKZOQLKWTNIVHKYDSYQ/ 2015年9月22日閲覧。 
  141. ^ “羽田 - 川崎連絡道実現へ。殿町中央部に橋整備”. 神奈川新聞. (2015年5月19日). http://www.kanaloco.jp/article/97003 2015年9月22日閲覧。 
  142. ^ 羽田連絡道路の取り組み状況 - 川崎市
  143. ^ 東京都公式サイト - 羽田空港と川崎市を結ぶ新しい橋の整備に着手します
  144. ^ “「羽田連絡道路」事業認可 川崎と空港結ぶ 事業費300億円”. 日本経済新聞. (2017年1月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO12074240U7A120C1L82000/ 2017年6月11日閲覧。 
  145. ^ “「羽田連絡道路」の起工式 川崎・殿町地区”. 日本経済新聞. (2017年10月1日). http://www.kanaloco.jp/article/281356 2018年11月5日閲覧。 
  146. ^ 国土交通省 関東地方整備局 東京空港整備事務所 | 事業の概要 | 工事レポート”. www.pa.ktr.mlit.go.jp. 2019年12月28日閲覧。
  147. ^ AIP JAPAN RJTT AD 2.21 NOISE ABATEMENT PROCEDURES 2.優先滑走路方式
  148. ^ 国土交通省関東地方整備局 東京空港整備事務所. “東京国際空港(羽田空港)再拡張事業の概要 (PDF)”. p. 15. 2015年12月1日閲覧。
  149. ^ a b c 平成29年3月期 第2四半期決算説明会資料”. 日本空港ビルデング. 2017年3月12日閲覧。
  150. ^ a b c d e f g 鉄道ジャーナル 1995, p. 50.
  151. ^ 鉄道ジャーナル 1995, p. 49.
  152. ^ 東京国際空港(羽田)第2旅客ターミナルビル南ピアの供用開始について (PDF)”. 2015年12月1日閲覧。
  153. ^ 日本空港ビルデング株式会社, “東京国際空港(羽田)第2旅客ターミナルビル増築部(本館南側)10月13日供用開始” (PDF) (プレスリリース), http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/company/files/news_release/100928.pdf 2015年12月1日閲覧。 
  154. ^ 2019年3月期決算説明会資料(2019年6月14日訂正版)
  155. ^ 鉄道ジャーナル 1995, pp. 49–50.
  156. ^ a b c d e f g h 鉄道ジャーナル 1995, p. 51.
  157. ^ a b c d e f g h 鉄道ジャーナル 1995, p. 53.
  158. ^ a b c d e f g h i j k l m 鉄道ジャーナル 1995, p. 52.
  159. ^ 日本空港ビルデング (2012年4月9日), “飛行機のファーストクラスをイメージしたコンパクトホテル「ファーストキャビン羽田ターミナル1」4月23日(月)オープン” (PDF) (プレスリリース), http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/files/whats_new/312_0409_0311.pdf 2015年12月1日閲覧。 
  160. ^ ミュージアムについて”. ディスカバリーミュージアム. 2015年12月1日閲覧。
  161. ^ 第2ターミナル: Googleストリートビューと地図”. Geographic.org/streetview. 2016年5月2日閲覧。
  162. ^ ANA、羽田の保安検査20分前に 12月から、2タミ利用各社も
  163. ^ a b ANA、羽田南側エリア7月一部再開 国内線検査場Cのみ、国際線は閉鎖継続
  164. ^ 羽田空港に”沖留め用”搭乗橋 全天候型でエアコン完備
  165. ^ 羽田空港国内線第2ターミナル サテライト 供用開始のお知らせ
  166. ^ 武漢チャーター機、羽田2タミサテライト”貸切”で感染防ぐ 普段は国内線用
  167. ^ 平成30年度 航空局関係 予算概算要求概要 (PDF) 3ページ - 国土交通省 平成29年8月
  168. ^ 羽田空港、ビジネスジェット専用施設開業
  169. ^ 報道発表資料:羽田空港におけるビジネスジェットの受入れを拡大 - 国土交通省
  170. ^ 羽田空港船着場のご案内”. 羽田空港ターミナル BIG BIRD. 2015年12月1日閲覧。
  171. ^ 国内線ターミナル旅客取扱施設利用料について”. 日本空港ビルデング株式会社. 2015年12月1日閲覧。
  172. ^ a b 東京国際空港ターミナル旅客取扱施設利用料に関する約款 (PDF)”. 東京国際空港ターミナル 平成26年4月1日. 2015年12月1日閲覧。
  173. ^ 羽田に複合施設開業 デンソーなど研究拠点」『日本経済新聞』朝刊2020年7月4日(企業面)2020年7月6日閲覧
  174. ^ 羽田エアポートガーデン(2020年7月6日閲覧)
  175. ^ [2]
  176. ^ ジェイエアの機材・乗務員で運航する便、南ウィング到着便あり
  177. ^ 神戸空港経由
  178. ^ ジェイエア及び日本トランスオーシャン航空の機材・乗務員で運航する便、北ウィング到着便あり
  179. ^ 7月中旬 - 9月のみ運航
  180. ^ 久米島空港発は那覇空港経由
  181. ^ 全日本空輸(ANA)とコードシェア(北九州発羽田行き初便並びに羽田発北九州行き最終便を除く)
  182. ^ ANAウイングスの機材・乗務員で運航する便あり
  183. ^ “紋別-羽田直行便 通年運航4年ぶり復活”. 北海道新聞朝刊オホーツク版 (2014年3月24日). p. 24オホーツク面。
  184. ^ a b 全日本空輸(ANA)とコードシェア
  185. ^ ANA、羽田国際線の出発ターミナル決定 第2が6割、第3も継続
  186. ^ 羽田空港出発のANA国際線の出発ターミナルが決定しました
  187. ^ [3]
  188. ^ マレーシア航空、羽田~クアラルンプール線を8月開設
  189. ^ https://www.traicy.com/posts/20220525241240/
  190. ^ https://www.traicy.com/posts/20220829248496/
  191. ^ a b c d e f g h i 2020年度より首都圏発着の国際線を大幅に拡充します”. 日本航空. 2019年11月19日閲覧。
  192. ^ a b c d e デルタ航空が成田から撤退、2020年春には羽田から7路線を運航 FlyTeam 2019年8月13日付
  193. ^ アメリカン航空、東京/成田〜シカゴ線から撤退 来夏以降も成田線継続 Traicy 2019年10月17日付
  194. ^ a b c d ユナイテッド、春から羽田発着でシカゴなど4路線に就航 航空券を販売 FlyTeam 2019年8月19日付
  195. ^ アリタリア、東京/ローマ間のフライトを成田から羽田に移転 3月から FlyTeam 2019年10月11日付
  196. ^ フィンエアー、東京/羽田〜ヘルシンキ線を開設 成田線も継続 Traicy 2019年10月7日付
  197. ^ アエロフロート、東京/羽田〜モスクワ/シェレメチェボ線開設 来年3月28日から Traicy 2019年11月30日付
  198. ^ S7航空、東京/羽田〜ウラジオストク線開設 来年3月29日から Traicy 2019年12月5日付
  199. ^ カンタス航空、東京/羽田〜メルボルン線開設 成田から移管 Traicy 2019年12月16日付
  200. ^ ターキッシュ・エアラインズ、東京/羽田〜イスタンブール線開設 来年3月30日から Traicy 2019年10月17日付
  201. ^ a b c d e f g h 2020年サマーダイヤの国際線路便計画を一部決定”. ANAグループ. 2019年11月19日閲覧。
  202. ^ a b 2020年度 ANAグループ国際線航空輸送事業計画を策定|プレスリリース|ANAグループ企業情報”. www.anahd.co.jp. 2020年1月23日閲覧。
  203. ^ 中国東方航空、東京/羽田〜北京/大興線を開設 3月29日から1日1便 Traicy 2020年1月11日付
  204. ^ 中国南方航空、3月に羽田/北京・大興線を開設 A330でデイリー運航 | FlyTeam ニュース”. FlyTeam(フライチーム). 2020年1月23日閲覧。
  205. ^ スカンジナビア航空、東京/羽田〜コペンハーゲン線開設 来夏スケジュールに Traicy 2019年12月9日付
  206. ^ a b 台湾Vエア、羽田と茨城9月運休 Aviation Wire 2016年8月9日
  207. ^ ANA、羽田-大島が最終便 国際線強化へ”. Aviation Wire (2015年10月24日). 2015年12月1日閲覧。
  208. ^ ANA、Q300退役で羽田-三宅島線休止 最終便は火山ガス引き返し”. Aviation Wire (2014年3月31日). 2015年12月1日閲覧。
  209. ^ ANA羽田-名古屋、32年ぶり復活のワケ”. 東洋経済オンライン (2014年7月24日). 2015年12月1日閲覧。
  210. ^ a b マレーシア航空、羽田/コタキナバル線運休-2月1日から | 観光産業 最新情報 トラベルビジョン”. トラベルビジョン. エフネス (2012年2月12日). 2022年9月13日閲覧。
  211. ^ a b 2015年 夏期の運航計画について ガルーダ・インドネシア航空[リンク切れ]
  212. ^ キャセイドラゴン航空、東京/羽田〜香港線を運休 デモ影響で需給調整 Traicy 2019年9月21日
  213. ^ アメリカン航空、羽田撤退へ、ニューヨーク線運休 トラベルビジョン 2013年10月17日
  214. ^ アメリカン航空、羽田/JFK線を再び運休へ 12月から FlyTeam 2013年10月17日付
  215. ^ 羽田空港 定額運賃”. 東京ハイヤー・タクシー協会. 2015年12月1日閲覧。
  216. ^ 定額運賃表”. 神奈川県タクシー協会. 2017年9月27日閲覧。
  217. ^ 羽田空港専門警備部隊が発足、出陣式”. 日テレ24 (2012年4月3日). 2018年3月31日閲覧。
  218. ^ 羽田空港にテロ対処部隊 警視庁、24時間警備”. 日本経済新聞 (2014年4月3日). 2018年3月31日閲覧。
  219. ^ 「『不正駐機ビジネス』を暴く」『週刊文春課』2008年2月28日号 文藝春秋刊
  220. ^ 旅客ビルの食用油を再利用 羽田空港で作業車燃料に共同通信 2008年2月13日 Archived 2013年5月12日, at the Wayback Machine.[リンク切れ]
  221. ^ 羽田で濃霧、130便欠航=東京湾では船舶事故」時事通信 2010年2月25日[リンク切れ]
  222. ^ 羽田空港の滑走路 液状化防ぐ工事で虚偽の報告NHKニュース 2016年5月6日[リンク切れ]
  223. ^ パスポートのスタンプはなくなるのか? 羽田空港で入国手続きに「顔認証」導入へ”. 乗り物ニュース (2017年10月12日). 2018年4月22日閲覧。



「羽田空港」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

羽田空港のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



羽田空港のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東京国際空港 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS