長岡外史とは?

長岡外史


長岡外史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/08 19:31 UTC 版)

長岡 外史(ながおか がいし、安政5年5月13日1858年6月23日) - 昭和8年(1933年4月21日)は明治大正期の陸軍軍人政治家


注釈

  1. ^ ロシアは、講和の準備中の段階での日本軍の樺太占領に怒ったが、仲介の労をとったセオドア・ルーズベルトアメリカ合衆国大統領はこの作戦をむしろ支持している。

出典

  1. ^ 隅谷(1974)pp.309-310
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 荒山彰久 (2013). 日本の空のパイオニアたち: 明治・大正18年間の航空開拓史. 早稲田大学出版. pp. 18-25,73. 
  3. ^ 蒋介石先生の遺徳を顕彰する会『以徳報恩 -写真集「蒋介石先生の遺徳を偲ぶ」-』1986年、p.22
  4. ^ 関 2011, p. 33.
  5. ^ a b 関 2011, p. 34.
  6. ^ 東京朝日新聞 昭和8年4月22日附夕刊 第16879号 11面
  7. ^ 『陸軍航空の軍備と運用(1)』、16 - 20頁。
  8. ^ a b 長岡 外史(ナガオカ ガイシ)とは”. コトバンク. 2019年2月26日閲覧。
  9. ^ 第49回帝国議会衆議院”. 国立国会図書館. 2019年2月26日閲覧。
  10. ^ file-20 スキー王国にいがた ~スキー発祥の地の2人|特集|新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語”. n-story.jp. 新潟県. 2019年2月26日閲覧。
  11. ^ 坂部護郎『戰争秘録將軍長岡外史』 二見書房昭和16年(1941年
  12. ^ 戸田大八郎『人間長岡外史:航空とスキーの先駆者』 大空社、平成6年(1994年)11月
  13. ^ 『官報』第2541号 明治24年12月17日 敍任及辭令
  14. ^ 『官報』第3818号 明治29年3月25日 敍任及辭令
  15. ^ 『官報』第4131号 明治30年4月14日 敍任及辭令
  16. ^ 『官報』第4267号 明治30年9月20日 敍任及辭令
  17. ^ 『官報』第7855号 明治42年8月30日 敍任及辭令
  18. ^ 『官報』第925号、大正4年9月1日。
  19. ^ 『官報』第1245号、大正5年9月22日。
  20. ^ 『官報』第1252号 大正5年10月2日 敍任及辭令
  21. ^ 『官報』第320号「叙任及辞令」1884年7月23日。
  22. ^ 『官報』第3818号「叙任及辞令」1896年3月25日。
  23. ^ 『官報』第4302号「叙任及辞令」1897年11月1日。
  24. ^ 『官報』第5790号「叙任及辞令」1902年10月21日。
  25. ^ 『官報』第7313号「叙任及辞令」1907年11月12日。
  26. ^ 『官報』第8116号「叙任及辞令」1910年7月12日。
  27. ^ 『官報』第1252号「叙任及辞令」1916年10月2日。
  28. ^ 『官報』第3693号「叙任及辞令」1895年10月19日。
  29. ^ 『官報』第3849号・付録「辞令」1896年5月1日。
  30. ^ 『官報』第4027号「叙任及辞令」1896年11月30日。
  31. ^ 『官報』第6627号「叙任及辞令」1905年8月2日。
  32. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  33. ^ 『官報』第539号「叙任及辞令」1914年5月18日。
  34. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  35. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  36. ^ 『官報』第6948号 明治39年8月25日 敍任及辭令
  37. ^ 『官報』1910年3月22日 敍任及辭令
  38. ^ (財)新潟県体育協会表彰受賞者一覧
  39. ^ “ひげが特徴の自衛隊キャラ「がいし君」登場”. 上越タウンジャーナル. (2010年4月19日). http://www.joetsutj.com/archives/51713772.html 2014年1月18日閲覧。 
  40. ^ FMとおかまちウェブ NEWS&TOPICS ~レルヒ祭記念バッジプレゼントのお知らせ~





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「長岡外史」の関連用語

長岡外史のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



長岡外史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国立公文書館 アジア歴史資料センター国立公文書館 アジア歴史資料センター
All rights reserved/Copyright(c) Japan Center for Asian Historical Records
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの長岡外史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS