長岡地震とは?

長岡地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/11 08:48 UTC 版)

長岡地震(ながおかじしん)は、1961年(昭和36年)2月2日3時39分(JST)、新潟県長岡市付近(北緯37度27分、東経138度50分、深さ20km)を震源として発生した。地震の規模はM5.2。2004年には、ほぼ同じ場所で新潟県中越地震が発生した。




  1. ^ a b c d 新潟地方気象台・長岡気象通報所、「長岡地震調査報告 (PDF) 」 気象庁 震時報 第26巻 第3号 pp.65-80 昭和36年12月)
  2. ^ 岡田惇、長岡地震による地盤変動 東京大学地震研究所彙報. 第39冊第3号, 1961.12.15, pp.537-547, NAID 120000866425
  3. ^ 水田敏彦, 鏡味洋史、「積雪期の被害地震の文献調査 -1854年安政東海地震の雪に関わる被害に着目して-」 日本建築学会技術報告集 2016年 22巻 51号 p.821-824, doi:10.3130/aijt.22.821


「長岡地震」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「長岡地震」の関連用語

長岡地震のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



長岡地震のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの長岡地震 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS