北海道南西沖地震とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象予報 > 地震 > 北海道南西沖地震の意味・解説 

ほっかい どうなんせいおき じしん ほくかいだう -ぢしん 【北海道南西沖地震】


北海道南西沖地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/07 09:02 UTC 版)

北海道南西沖地震(ほっかいどうなんせいおきじしん)は、日本標準時1993年(平成5年)7月12日午後10時17分12秒、北海道奥尻郡奥尻町北方沖の日本海海底で発生した地震である。マグニチュードは7.8(Mw7.7 - 7.8)、推定震度6(烈震)で、日本海側で発生した地震としては近代以降最大規模。震源に近い奥尻島を中心に、火災津波で大きな被害を出し、死者202人、行方不明者28人を出した(このため、奥尻島地震[1]とも呼ばれる)。さらに、ロシアでも行方不明者3人。奥尻島の震度が推定になっている理由は、当時の奥尻島に地震計が設置されていなかったためである。




  1. ^ 特別寄稿 奥尻島地震復興支援ボランティア体験記
  2. ^ a b 岡村行信:日本海東縁の地質構造と震源断層との関係 地質学雑誌 2010年 116巻 11号 p.582-591, doi:10.5575/geosoc.116.582
  3. ^ 地震予知連絡会会報 第51巻
  4. ^ 1993年北海道南西沖地震(M7.8)の特性化震源モデル 港湾空港技術研究所 地震防災研究領域 耐震構造研究チーム 地震動研究チーム
  5. ^ a b 平成5年北海道南西沖地震に伴う奥尻島の地殻変動 (PDF) 地震予知連絡会会報 第51巻
  6. ^ 越後智雄(2014):第204回地震予知連絡会(2014年8月22日)議事概要 奥尻島における1993年北海道南西沖地震(M7.8)以降20年間の地殻上下変動 地域地盤環境研究所
  7. ^ 鈴木貞臣, 宮町宏樹, 岡田弘 ほか、「1984年奥尻島群発地震の活動 北海道大学地球物理学研究報告 1985年 45巻 p.51-63, doi:10.14943/gbhu.45.51, hdl:2115/14135
  8. ^ a b c d 首藤伸夫 ほか、北海道南西沖地震津波の特徴と今後の問題 海岸工学論文集 1994年 41巻 p.236-240, doi:10.2208/proce1989.41.236
  9. ^ 北海道南西沖地震震源域の海底変動調査と余震観測 地震予知連絡会 会報 第53巻 (PDF)
  10. ^ 見上敏文、柴木秀之、後藤智明、北海道南西沖地震津波の二・三の特徴について 海洋開発論文集 1994年 10巻 p.259-264, doi:10.2208/prooe.10.259
  11. ^ 加藤健二、都司嘉宣:1993年北海道南西沖地震の 断層要素の推定とその津波の特性 東京大学地震研究所彙報. 第69冊第1/2号, 1994.9.30, pp.39-66, hdl:2261/13124
  12. ^ 午後10時21分ごろから緊急警報放送が実施された午後10時24分47秒までは札幌局のスタジオから道内関係分の関連情報を放送した。また、午後10時24分22秒から15秒間、津波警報発表に伴い「ピロピロ」音が流された。
  13. ^ 上記に記述の通り、13日午前0時12分には新潟県から福井県の沿岸は津波警報に切り替えられた。
  14. ^ 現在は、(大)津波警報の範囲が拡大される場合は、速報字幕での表示。
  15. ^ NHKスペシャル「テレビは災害をどう伝えてきたか」より
  16. ^ ただし、2012年12月7日17時18分に発生した地震とそれに伴う津波警報発表では、NHKでは「第46回衆議院議員総選挙」の政見放送を放送中だったが、それを中断して緊急警報放送が流れた。
  17. ^ この時、取材スタッフが宿泊先の宿に残した水中カメラのハウジングが津波で流出した。その後14年経った2007年3月、南へ1キロ離れた海中で地元漁師により発見・回収されている。
  18. ^ 『奥尻 その夜』(朝日新聞社刊)より
  19. ^ a b c d e f g 内閣府防災, p. 45.
  20. ^ 内閣府防災, p. 52.
  21. ^ a b c d 内閣府防災, p. 44.
  22. ^ 内閣府防災, p. 47.
  23. ^ a b 内閣府防災, p. 48.
  24. ^ 北海道南西沖地震 災害記録 p83
  25. ^ 北海道南西沖地震 東京都調査報告書 p170
  26. ^ 2011年にNHK函館放送局の「どどんと道南ラジオ」に出演した当該パイロットが東日本大震災を受けて語ったものである
  27. ^ 災害派遣命令の要請は当時都道府県知事等現在と違い限定的であり、命令前の派遣は処罰の対象となっていたためである。このため一部の部隊は訓練という名目での派遣を強行している
  28. ^ a b c d e "〈9〉ハートランドフェリー 蔦井孝典社長". YOMIURI ONLINE. 2017年4月21日. Retrieved 2018年6月4日.
  29. ^ 内閣府防災, p. 54.
  30. ^ 気象庁マグニチュードの改訂について Archived 2015年1月20日, at the Wayback Machine. 公益社団法人日本地震学会
  31. ^ 東北地方太平洋沖地震により被災した自動車の処理について 環境相 東日本大震災への対応について (PDF)
  32. ^ 内閣府防災, p. 46.
  33. ^ 内閣府防災, p. 49-51.
  34. ^ a b 内閣府防災, p. 49.
  35. ^ 内閣府防災, p. 55-56.
  36. ^ 内閣府防災, p. 57.
  37. ^ 「奥尻の教訓 被災地へ 災害への備えは、悲しみを繰り返さないため」生きる語る 読売新聞2014年7月6日朝刊38面


「北海道南西沖地震」の続きの解説一覧



北海道南西沖地震と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北海道南西沖地震」の関連用語

北海道南西沖地震のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



北海道南西沖地震のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北海道南西沖地震 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS