喜界島地震とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > 自然現象 > 地震 > 日本の地震 > 喜界島地震の意味・解説 

喜界島地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/31 09:09 UTC 版)

喜界島地震(きかいじまじしん)は、1911年明治44年)6月15日23時26分、鹿児島県喜界島南方(北緯28度、東経130度付近と推定)で発生した地震。規模はマグニチュード 8.0(Mw8.1)。 名瀬測候所で震度6に相当する揺れ(烈)を観測したほか、那覇測候所などでも震度5相当(強)の揺れがあった[1]。明治喜界島近海地震、明治奄美大島近海地震とも呼ばれる。




  1. ^ a b 今村明恒明治四十四年ノ喜界島地震 今村明恒 震災豫防調査會報告. 第77號, 1913年10月 pp.88-102
  2. ^ 宇津徳治世界の被害地震の表
  3. ^ a b 角田寿喜,後藤和彦,宮町宏樹 ほか、「1995年奄美大島近海地震 活動と被害の概況 地學雜誌 1997年 106巻 4号 p.476-485, doi:10.5026/jgeography.106.4_476
  4. ^ 後藤和彦(2012), 1911年に喜界島近海で発生した巨大地震の震源位置の再評価 地震 第2輯 2013年 65巻 3号 p.231-242, doi:10.4294/zisin.65.231
  5. ^ 後藤和彦, 1911年に喜界島近海で発生した巨大地震の震源について, 日本地球惑星科学連合2012年大会, SSS30-P07 (PDF)
  6. ^ 20世紀初頭に九州・南西諸島のサブダクション帯で 発生した2つの地震の震度分布と地震規模 (PDF) 歴史地震 第24号(2009)7-31頁
  7. ^ a b 岩本健吾、後藤和彦:1911年に喜界島近海で発生した巨大地震(M8.0)に伴う津波の聞き取り調査 日本地球惑星科学連合2013年資料 (PDF)
  8. ^ 宇佐美龍夫『最新版 日本被害地震総覧』、東京大学出版会、2003年
  9. ^ 国立天文台『理科年表』、丸善、2009年
  10. ^ 喜界島で過去7000年間に1000年から2000年周期で起こったとされる4回の隆起イベントの原因について (周期性の原因も含めて)教えてください。 日本第四紀学会|Q&A
  11. ^ 笠原順三、佐藤利典:沈み込む海山と1995年奄美大島近海地震のテクトニクス的解釈 地學雜誌 1997年 106巻 4号 p.557-566, doi:10.5026/jgeography.106.4_557
  12. ^ 都司嘉宣、「1995年奄美大島近海地震による地震および津波被害について」 地學雜誌 1997年 106巻 4号 p.486-502, doi:10.5026/jgeography.106.4_486


「喜界島地震」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「喜界島地震」の関連用語

喜界島地震のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



喜界島地震のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの喜界島地震 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS